FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

初詣

今日は正月休みの最終日、今頃になってようやく初詣に行ってきました。
訪れた神社は花咲港の金刀比羅神社です。
境内には人っ子一人いません、ゆっくりと参拝し神社からの懐かしい景色を眺めてきました。
自分は子ども時代、根室の市街地から車で10分ほどの花咲港で育ちました。
もちろん、この神社のお祭りにも参加しましたが、初詣に行ったことはありませんでした。
と言うか我が家には初詣の文化が無かったのです。今でも両親は初詣には行きません。

当時通っていた花咲港小学校は、一時は全学年2クラスで児童数も300人に迫る勢いでした。
保育所も待機児童が多く、抽選していたくらいです。
そんな賑やかだった花咲港地区も、昭和52年に施行の「漁業水域に関する暫定措置法」により他国の沿岸200海里(現在の排他的経済水域)での漁業ができない(もちろん他国が日本の200沿岸200海里でも漁業ができない)こととなり、以降、花咲港への水揚げが減るとともに、自家用車の普及により便利な根室市街地に住居を移す世帯が多くなり、この地区の世帯数は減り続け、児童も減少を続け今や全校16名、複式3学級の小さな学校となってしまい、保育所はとうの昔に無くなってしまい、元住民としては寂しい限りです。

さて、前置きが長くなってしまいました。これが花咲港の金刀比羅神社です


x-KIMG0481.jpg

神明造の立派な神社です。
この神社は丘の中腹にあり、眺めが極めて良いのです。


x-KIMG0487.jpg

この方角には、自分の住んでいた家があります。今は、自分の大好きな廃屋となってしまいました。



また、この神社までは120段くらいの階段を上らなければなりません。
この階段を駆け上る競争も行われています。


x-KIMG0484.jpg

子どもの頃はこの階段も良い遊び場で、ジャンケンで勝つとグーの場合は「グリコ」で3段、パーは「パイナツプル」6段、チョキは「チヨコレイト」6段進むことができました。あまりに差が開くと声が聞きとれなくなることもありました。階段の中ほどには手水舎があり、その向かい側のわずかな平地が児童小公園として整備され遊具が置いてありましたが、今は、だたの草原になってしまいました。


初詣の後で、花咲港小学校の旧校舎を利用した根室市歴史と自然の資料館を見学し、夕刻に港に降りてみると港の中の海水が凍り始めていました。


x-KIMG0490.jpg

スポンサーサイト



令和二年 あけましておめでとうございます

日本の東の果てから、あけましておめでとうございます。

日本全国の皆様に初日の出をお届けするため、氷点下5.5度、西北西の風11メートルの中、花咲岬まで行ってきましたよ。
外に出ると外に出ている皮膚は切られるくらい痛いです。
動画撮影カメラは三脚事吹き倒されるでまいりました。

さて、本日の日の出予定時刻は午前6時49分、日本一早い日の出と言いたいのですが、平地では千葉県犬吠埼の方が3分早く、スカイツリーの展望デッキにも負けますだ。


x-IMGP0569.jpg

日の出予定時刻10分前に現地に到着、水平線上に雲が低くたなびき、予定時刻よりも遅くなること必至!

x-IMGP0573.jpg

徐々に、太陽が上昇してきました。雲間から時々光が差します。

x-IMGP0576.jpg

そして、とうとう初日の出、予定時刻を5分以上超過しましたが。新年の初日の漲るパワーに世界平和を祈りました。

みなさん、どうかこの一年良い年でありますように。


ここをクリックで日の出の瞬間が見られます→2020初日の出動画


祭りとともに夏が終わった

北海道三大祭と言われ、200年以上も続いてきた根室金刀比羅神社例大祭が終わりました。
この祭りが終わると短い根室の夏が終わり、一気に秋に突入します。
祭りの三日間は、根室の人口も一気に増加します。
根室のお盆は7月に終わっているので、お祭りをめがけて帰省する人が多いからです。

それでは写真でお祭り行列を振り返って見ます



x-P8100041.jpg

神幸の先頭は奴行列です。自分も若かりし頃14年間、奴を務めました。



x-P8100045.jpg

奴も含め、金刀比羅大神の神幸の行列、つまり神社直轄の行列がしばらく続きます。
行列の奥に金色の神輿が見えています。


x-P8100048.jpg

次は、天狗ではなく猿田彦、天孫降臨の際に天照大御神に遣わされた邇邇芸命の案内をした国津神です。
この祭りでも、神輿の金刀比羅大神の神幸の道案内をします。
猿田彦に入るのは大男と決まっていて、最低でも180cmはあります。
自分の同級生も何年か猿田彦を務めましたが、そいつは190cm以上の堂々とした体躯の猿田彦でした。
そして、猿田彦が履いているのは一枚歯の下駄です。



x-P8100049.jpg


次に、巫女が続きますが、巫女は清らかな乙女でなくてはなりません。



x-P8100055.jpg

次に、お稚児さんの行列で、お稚児さんは行列の後半になるとお母さんに抱っこ状態になります。



x-P8100058.jpg

そして、神輿の直前を進むのは氏子総代の方々、自前の裃を着ております。
ちなみに写真の方は根室市長さんです。



x-P8100096.jpg

そして、神幸の主役、神輿が進みます。
担ぎ棒を含め重さ1.5トン、100人くらいの男衆が、交代で担ぎます。


そして、神幸の行列に付き従うのが4つの祭典区、第一区、第三区、東部、西部の
四つの祭典区がそれぞれ、先太鼓、金棒、子ども神輿、手古舞、山車と付き従います。
今年は、第一祭典区が一番手、毎年、回り順で一番手が代わります。



x-P8100079.jpg

x-P8100086.jpg

x-P8100073.jpg

x-P8100105.jpg

x-P8100111.jpg

どの写真を見ても、子ども達から若者が非常に多いのにお気づきでしょうか。
このお祭りは、若い人達が200年間、形を変えながらも連綿と受け継いで来たものです。
根室市も少子化により、参加する子どもを集めるのは非常に大変になってきています。
祭典区の子ども神輿を担ぐのは、ベトナムから来ている研修生という祭典区も複数ありました。
根室っ子の血が滾るこの夏のお祭りがいつまでも、若い人達に支えられて続いて欲しいと心から思いました。

山本二三展

根室市総合文化会館で6月10日から山本二三展が開催されました。
山本二三って誰?って思う人多いでしょ。
山本二三さんはスタジオジブリの映画の背景画を多く手がけている画家です。
もののけ姫とか天空の城ラピュタ、千と千尋の神隠し、耳をすませばなどがこの方の手による作品です。


x-IMGP0246.jpg

自分は、未来少年コナンをオンタイムで見ていた世代ですが、この作品の美術監督もしていて、宮崎駿、高畑勲の三巨頭が揃った初のNHKアニメーションでした。
視聴率は芳しくなかったですが、名作として今でも語り草となっていて、外国での評価も非常に高い作品です。毎週火曜日の午後7時30分から放送されるのがとても楽しみでした。


x-IMGP0249.jpg

オープニングセレモニーの時、ご本人と30年前からのファンですと告げて、インダストリアやハイハーバーの話をしたら、手を握って色々と当時の苦労話を聞かせていただき大感激。

記事にして今さらなんですが、山本二三展は本日でお終いです。

北構コレクション

根室で長く考古学、民俗学を研究していた北構保男氏

オホーツク文化を中心に遺跡の発掘と研究により文学博士となり

13万点を超える膨大な遺物を根室に寄付されたのは2年前

その資料の一部が根室市歴史と自然の資料館で公開されました

その中で一番気に入ったのが鳥管骨製針入







南サハリンから北海道、そして千島列島までの範囲で

5世紀から12世紀にかけて続いた海洋狩猟民族の文化だ

根室市に残されている遺跡は6世紀から9世紀頃まで続いた

針入れには捕鯨の様子や魚が刻まれている

今回展示されているのは、ほんの一部

それでも見ごたえは充分、そして入館料は無料

これを見に来ないのは損だ


さて、北構コレクションを堪能した後は

廃止になって間もない旧初田牛駅へ



去年、所さんのそこの所で秘境駅として紹介されたが

安田大サーカスの団長が3日間いた間

だれも生活利用者がいなかったという寂しい駅だ

自分もこの駅を利用したのは小学校の時1度だけ

従兄弟の家にお泊りに行くのに、これまた廃止になった

花咲駅から乗って初田牛駅で降りた思い出がある

その頃は、まだ木造の駅だったような記憶が残っている

廃止が決まってからは秘境駅マニアがたくさん来ていたが

駅周辺には人家も無いし、通学に使う高校生も絶えた

せめて、ブログに残すのが関の山である

といっても、このブログもサービスの終了とともに無くなる運命かも知れない






| ホーム |


 ホーム  » 次のページ