FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

祭りとともに夏が終わった

北海道三大祭と言われ、200年以上も続いてきた根室金刀比羅神社例大祭が終わりました。
この祭りが終わると短い根室の夏が終わり、一気に秋に突入します。
祭りの三日間は、根室の人口も一気に増加します。
根室のお盆は7月に終わっているので、お祭りをめがけて帰省する人が多いからです。

それでは写真でお祭り行列を振り返って見ます



x-P8100041.jpg

神幸の先頭は奴行列です。自分も若かりし頃14年間、奴を務めました。



x-P8100045.jpg

奴も含め、金刀比羅大神の神幸の行列、つまり神社直轄の行列がしばらく続きます。
行列の奥に金色の神輿が見えています。


x-P8100048.jpg

次は、天狗ではなく猿田彦、天孫降臨の際に天照大御神に遣わされた邇邇芸命の案内をした国津神です。
この祭りでも、神輿の金刀比羅大神の神幸の道案内をします。
猿田彦に入るのは大男と決まっていて、最低でも180cmはあります。
自分の同級生も何年か猿田彦を務めましたが、そいつは190cm以上の堂々とした体躯の猿田彦でした。
そして、猿田彦が履いているのは一枚歯の下駄です。



x-P8100049.jpg


次に、巫女が続きますが、巫女は清らかな乙女でなくてはなりません。



x-P8100055.jpg

次に、お稚児さんの行列で、お稚児さんは行列の後半になるとお母さんに抱っこ状態になります。



x-P8100058.jpg

そして、神輿の直前を進むのは氏子総代の方々、自前の裃を着ております。
ちなみに写真の方は根室市長さんです。



x-P8100096.jpg

そして、神幸の主役、神輿が進みます。
担ぎ棒を含め重さ1.5トン、100人くらいの男衆が、交代で担ぎます。


そして、神幸の行列に付き従うのが4つの祭典区、第一区、第三区、東部、西部の
四つの祭典区がそれぞれ、先太鼓、金棒、子ども神輿、手古舞、山車と付き従います。
今年は、第一祭典区が一番手、毎年、回り順で一番手が代わります。



x-P8100079.jpg

x-P8100086.jpg

x-P8100073.jpg

x-P8100105.jpg

x-P8100111.jpg

どの写真を見ても、子ども達から若者が非常に多いのにお気づきでしょうか。
このお祭りは、若い人達が200年間、形を変えながらも連綿と受け継いで来たものです。
根室市も少子化により、参加する子どもを集めるのは非常に大変になってきています。
祭典区の子ども神輿を担ぐのは、ベトナムから来ている研修生という祭典区も複数ありました。
根室っ子の血が滾るこの夏のお祭りがいつまでも、若い人達に支えられて続いて欲しいと心から思いました。
スポンサーサイト



山本二三展

根室市総合文化会館で6月10日から山本二三展が開催されました。
山本二三って誰?って思う人多いでしょ。
山本二三さんはスタジオジブリの映画の背景画を多く手がけている画家です。
もののけ姫とか天空の城ラピュタ、千と千尋の神隠し、耳をすませばなどがこの方の手による作品です。


x-IMGP0246.jpg

自分は、未来少年コナンをオンタイムで見ていた世代ですが、この作品の美術監督もしていて、宮崎駿、高畑勲の三巨頭が揃った初のNHKアニメーションでした。
視聴率は芳しくなかったですが、名作として今でも語り草となっていて、外国での評価も非常に高い作品です。毎週火曜日の午後7時30分から放送されるのがとても楽しみでした。


x-IMGP0249.jpg

オープニングセレモニーの時、ご本人と30年前からのファンですと告げて、インダストリアやハイハーバーの話をしたら、手を握って色々と当時の苦労話を聞かせていただき大感激。

記事にして今さらなんですが、山本二三展は本日でお終いです。

北構コレクション

根室で長く考古学、民俗学を研究していた北構保男氏

オホーツク文化を中心に遺跡の発掘と研究により文学博士となり

13万点を超える膨大な遺物を根室に寄付されたのは2年前

その資料の一部が根室市歴史と自然の資料館で公開されました

その中で一番気に入ったのが鳥管骨製針入







南サハリンから北海道、そして千島列島までの範囲で

5世紀から12世紀にかけて続いた海洋狩猟民族の文化だ

根室市に残されている遺跡は6世紀から9世紀頃まで続いた

針入れには捕鯨の様子や魚が刻まれている

今回展示されているのは、ほんの一部

それでも見ごたえは充分、そして入館料は無料

これを見に来ないのは損だ


さて、北構コレクションを堪能した後は

廃止になって間もない旧初田牛駅へ



去年、所さんのそこの所で秘境駅として紹介されたが

安田大サーカスの団長が3日間いた間

だれも生活利用者がいなかったという寂しい駅だ

自分もこの駅を利用したのは小学校の時1度だけ

従兄弟の家にお泊りに行くのに、これまた廃止になった

花咲駅から乗って初田牛駅で降りた思い出がある

その頃は、まだ木造の駅だったような記憶が残っている

廃止が決まってからは秘境駅マニアがたくさん来ていたが

駅周辺には人家も無いし、通学に使う高校生も絶えた

せめて、ブログに残すのが関の山である

といっても、このブログもサービスの終了とともに無くなる運命かも知れない






丹前をいただきました

自分は18歳まで、婆ちゃんが仕立ててくれた丹前を肌掛けにして育ちました

その後、大学に進学した際にタオルケットに変更

在学中に婆ちゃんが亡くなって、丹前とはお別れしました


しかし、冬の寒い夜は丹前を夜具として使うと肩まで覆ってくれて暖かい

夏は、その生地がヒヤッとして寝心地が良い

でも、作ってくれる人がいなくて長いこと諦めていました


ある日、ご近所さんで集まって飲んでいた時

丹前の話しが偶然出て、入手できないとこぼしたところ

そのお家の亡くなった大お婆ちゃんが生前に仕立てたのが残っているが

誰も使わないので捨てようかと思っていたとのこと

頂けるということで、大喜びでもらいました

しかも、三枚も



昔の女の人は、針仕事ができて一人前

そんな方が数十年前に作ったものが、衣装ケースの中で奇跡的に

未使用美品のまま残っていたのです

丹前下も手縫いのしっかりした物で

昔の女性の良い仕事がされた逸品です


35年間焦がれていた丹前で寝た夜は、遠い昔の肌の感覚が甦り

心から幸せな眠りに落ちました

くれた方も、お婆ちゃんの残した丹前を喜ぶ人に受け継げて

双方、嬉しかった日でした


職域かくし芸 芸能のひととき

根室の更生保護女性会が主催するイベントに行ってきました

更生保護女性会って何?と思う方はこちらへ ⇒ 更生保護女性会



見るには800円必要ですが、この益金は更生保護の活動費と

福祉団体に寄付に充てられています

森会長から副市長へ寄付金の贈呈です






さて、この催し、以前は「名士かくし芸大会」と呼ばれ

市内の各界のトップの方々のかくし芸が見られるので有名でしたが

時代と共に、参加団体も減少し、名士から職域かくし芸となり

職場団体やサークル、個人が参加しています




着付け教室のメンバーが音楽に合わせて帯〆したり




北海道庁の出先機関の職員有志が出たり

警察や自衛隊の寸劇なんかもの凄く面白かったです

市役所の副市長さんや市議会議長さんの歌はとても上手でした

もちろん、名士の方々も出演しております

こちらは、農林水産副大臣と道議会議員さんのコンビです

ギターを持っている方が農林水産副大臣です




副大臣のこういう姿は中々見られないですからね~

参加団体が減っても、見ごたえがありました


極めつけは個人で参加の下(しも)さん

どこでどう話を付けたのか、

中高生のバレエダンサーを引き連れて参加です



根室のヒロミ郷と言われて久しいですが

還暦を過ぎたので、2曲目ではチョット息切れしていましたけど

まだまだイケていますよ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ