FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

今日もツーリング

先週に引き続き、今日もツーリングに出かけました

目的地は、野付半島竜神崎灯台

でもね、気温が低くて体が冷えてどうにもならず

別海町の奥行臼で引き返してきました

気温は17.9℃しかありませんでしたトホホ

それでも風蓮川に架かる国鉄旧標津線の鉄橋は見てくることができました



昔、線路だったところをカブでひたすら走ります



鉄橋の手前は柵になっています

廃線後28年間経ち、鉄橋は森に飲み込まれています

この先どうなっているか気になりますが

スズメバチが周囲をブンブン飛び回り威嚇してきたので

這う這うの体で退散しました

橋の付け根付近には夏の花が咲き乱れていていました








スポンサーサイト



春だ!バイクだ!

春ですね、昨日今日と暖かなこと

7年前だったかな、4月1日に猛吹雪で

1mくらいの積雪となった日がありましたが

今年はそんなことの無いのを祈っています


さて、今日4ヶ月ぶりに愛車のカブが冬眠から目覚めました



街中には、まだこんなに雪山が残っていますが

道路は完全に露出しています

4ヶ月ぶりに見ると、メッキ部分に結構サビが出ていました

サビ落しで磨き上げ、荷台についている箱を取り替えました




白いのが新しいリアボックスです

今までのはヘルメット1個分の容量で小さかったのですが

今回のは、倍近い容量で大きすぎるかなと思いました

しかし、取り付けてみると違和感ありません




さて、中華カブにお乗りの皆様は

リアボックスを取り付けるのにてこずっている事でしょう

車体とキャリアの間に手と工具が入らないので

私は、リアボックス側を加工して取り付けています



今回はベース取り付けタイプでしたので、ボックス直付けより若干楽です

すでにお分かりかと思いますが、キャリアを車体から外して

ベースを固定した後、ベースに穴を開けてキャリアを車体に固定します



ハンダゴテでボックスレンチが入るだけの穴を開けて上からキャリアを固定しました

バイクショップではどうやって取り付けているのか

非常に興味があるところです

ちょっとひとっ走り その2

厚岸の海岸の景観を十分堪能したら

次は釧路湿原国立公園を目指します

ワシは失言が多いことが特徴ですが

ここの湿原は日本一広いのが特徴です


実は、釧路湿原をこういう風に見るのは初めてなのです

横を通ることはありますが、観光として見に来たのは初めてなのです




湿原を一望するための展望箇所がいくつかありますが

今回は、細岡展望台に行きました

バイクを停めて、1分ほど歩くとそこはすぐ大湿原です




大勢の観光客が来ています





見渡す限りの緑、そこに釧路川が流れています

ハッキリ言ってこんなに雄大な景色だとは思いませんでした

これは一見の価値ありですが、ここで感動していられるのは5分が限度でした


展望台から国道に戻る途中、踏み切りの脇の藪の中に見え隠れする廃?が




藪を書き分け近寄ってみると




もしかして車掌車でしょうか

地面は湿地で水がたまっている状態なので

腐食度合いも相当に進んでいます



汚れた硝子越しに中を見ると、ダルマストーブに廃タイヤがありました

保線作業員の休憩室に使っていたのでしょうか

とにかく廃屋、廃墟、廃線、廃道など廃が付くものに引き寄せられますので

将来は廃人になるのではないでしょうか


このへんから、腹も猛烈に減ってきました

標茶の町で美味しいソバでも手繰ろうかと思い

適当に見つけた店に飛び込みました




ザル大盛を注文したところ、出てきたソバはヤワヤワでガッカリ

とりあえず腹はいっぱいになったのですが、今度は体が限界です

でも、来た道は走りたくないので、厚岸からは海沿いの道を

霧雨の中を合羽を着込み帰宅しました




この1年は、バイクで遠出すると

家から一番遠いところで体力も気力も底をつくような感じです

帰路が苦痛になりがちなのがとても残念です






ちょっとひとっ走り その1

全国的に夏休ですね

少し暖かくなったらバイクの虫が疼きだします





今回の経路は次のとおりです

http://map.olp.yahooapis.jp/OpenLocalPlatform/V1/static?appid=ar34ttixg64RzWZw5YNfWmIqmkmnF6dL9PtyebSkR8ErWJphNx35b_jOGqDLF959p7w7&width=480&height=480&scalebar=ul&l=0,0,255,105,4,43.32644,145.59839,43.29528,145.51844,43.25614,145.36050,43.22103,145.14700,43.15278,145.05456,43.12125,144.98483,43.10736,144.89144,43.05700,144.83556,43.04803,144.77353,43.02731,144.72856,42.99061,144.61378,42.98350,144.52472,42.99911,144.46408,43.03103,144.45442,43.06536,144.49644,43.10700,144.47144,43.10367,144.47972,43.11744,144.52000,43.16931,144.51203,43.23361,144.54117,43.29328,144.58947,43.26800,144.63111,43.21050,144.69253,43.15958,144.72356,43.08589,144.80136,43.04619,144.85239,43.04361,144.85056,42.99981,144.88772,42.98842,144.97800,43.02392,145.01997,43.04572,145.07736,43.09831,145.10658,43.15083,145.11944,43.14969,145.18561,43.16403,145.26356,43.20333,145.32333,43.21789,145.42417,43.20306,145.50411,43.23631,145.53619,43.32625,145.59797&pins=43.32644,145.59839,,blue&ping=43.32625,145.59797,,red&mode=map&style=base:topographic


走行距離は325kmでした




朝8時30分に自宅を出て、国道44号線を西進します

1時間ほど走って、茶内の駅で休憩




ルパン3世がお出迎えしてくれます

ここに寄ったのは、どこかのブログ記事で

北海道最後の拓殖軌道の客車を保管してあると読んだから

何かそれらしいものがあるかなと思いましたが何も見つからず

詳しい調査の上再訪したいと誓った次第です


茶内からは厚岸まで一直線



だんだんと、雲間から陽が差すようになってきました




厚岸の西にある門静という駅を過ぎてお寺の手前で左折

そのとたんに写真の素敵な廃屋に出くわしてしまいました

見れば見るほど味わい深い造りです

大工さんの意匠が素晴らしいですね



窓から中を覗くと、味の素の金色の缶がとても素敵でした

ここはまるで昭和博物館です

廃屋とはいえ周囲も草刈され管理が行き届いていました



廃屋を後に先を進みます

厚岸湾の西側の斜面を細い道が走っています




急斜面に僅かな平地を切り開き、家屋と昆布干場が作られています












この、苫多地区は

自動車がすれ違うのも難しい幅の道路が続き

まるで北海道には似つかわしくない景観が次から次と繰り広げられ

あたかも、西伊豆海岸の裏道を走っているかのような錯覚を起こします

平地の多い北海道で、こんな狭い急傾斜地に定住するには

きっと、豊かな漁業資源が目の前にあったからなのでしょう



つづく





ツーリングの季節2 目指せおかめ食堂

峠の北側の北見地方は、南側の根室地方よりはるかに暖かです

だから根室では見ることの出来ないポプラの木も、立派に大きく育っています




天を目指すこの姿に子どもの頃から魅入られ

この木を見ると嬉しくなってしまいます



さて、標題にもあるとおり、屈斜路湖の近くにある「おかめ食堂」が今日の目的地

ネットでは、この食堂のラーメンの評判がすこぶる良いのです

食堂に行くには、根室から北上を続けていたのを一転、南に進路をとります



ここは清里町と弟子屈町の境目の野上峠

先に通った、隣の根北峠と違い残雪が全く無く暖かいです

また、この峠の頂上は根北峠と同じで見晴らしが良くありません

それでも、峠を少し下ったあたりで

ようやく屈斜路湖カルデラを垣間見ることができます





カルデラを取り巻く山の木々は新芽を出したばかりで、新鮮な緑が美しいですね


そろそろ空腹も絶頂感を迎えています、ここから30分も走れば目的の食堂です

途中、川湯温泉の足湯や砂湯温泉を素通りして、昼食後に回ることにします

根室から200kmを走破、ようやく目的地に着いてみると様子が変!



おかめ食堂が閉鎖しています

食べログの記事には新しい記事は無かったけど

釧根地方のラーメンサイトには閉鎖情報も無かったし・・・

空腹でのため、以降の予定は全て変更

本当は、しみじみとラーメンをすするのを諦め

人気店の弟子屈ラーメンに変更しちゃいました

20分ほど走って着いた弟子屈ラーメンは

午後1時30分を回っているのに駐車場が車で埋まってエライ賑わいです

シャイなワシは、ごった返すラーメン屋で食べる気も失せてスゴスゴと退散

さらに1時間走る別海まで戻ることにしました

この頃には、空腹感、尻の痛み、寄る年波など判断力も低下し

午前中のやる気と入れ替えに、早く家に帰りたい気持ちが大勢を占めています




午後3時に、別海町の食堂で重たいカキフライを詰め込み

根室まで一目散に帰りました



事前調査の甘さが原因なんですが、元々思いつきのツーリング

午前中は楽しい、午後は苦しいの相反する気持ちが心を操り

体力もさることながら、気力の衰えも感じずにはいられません

それでも、しばらくはツーリング行きたい病も小康状態を保つでしょう







| ホーム |


 ホーム  » 次のページ