FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ホタテ釣り

今日、釧路川でクーちゃんを追いかけていたら、釣り人が何人もいた
その中に2名ばかり、明らかに魚ではない、違和感のあるシルエットのものを釣り上げていた
近寄って見てみるとホタテ貝を釣り上げている
驚いた、初めて見た






根室と釧路はわずか120km、広大な北海道では同じ文化圏
それなのに、根室にはホタテ釣りは無い!(と思う)
これは是非挑戦せねばならぬ、と決意を固め帰ってきた
スポンサーサイト



ラッコのクーちゃん




写真は、先月釧路に行ったとき、バブルの負の遺産「釧路フィッシャーマンズワーフMOO」を撮ったものだ
岸壁には、釣り人がちらほら
建物は商業施設であるが、内部も閑散としていた




この写真は、今日撮ったもの
人が大勢いる
一時よりは大分減ったが、千島ラッコのクーちゃんを見学する人たちだ
クーちゃんは、泳いで移動するため釧路川の両側、幣舞橋の上流、下流と人だかりができている
自分も、この人だかりの人となった




動きが早くて、良い写真が撮れなかったが、なんとか1枚格好がついた
見学の人が殺到した10日くらい前は、川に転落する人も出た
今日も、3歳位の孫をつれたお婆ちゃんや、母親達が子どもそっちのけで
ラッコを追い掛け回し写真を撮ろうとして、周囲の釣り人からしかられていた
子どもが落ちたらという考えは無いらしい

クーちゃんが着てから、件の商業施設MOOは時ならぬクーちゃん景気に湧いている

もうすぐ高校入試


実は、長男が高校受験である
来週の水曜と木曜が試験日となっている

写真は、息子が通う中学校である
根室で一番歴史のある中学校であり、建物の歴史も古いらしい
要は、老朽化しているということである
根室市は貧乏であるから、なかなか新築はできない

そういう訳で、昨年の夏に古くなった校舎をリフォームした
そのお金を捻出するのも大変だったろうと思う
色も大胆にニンジン色になった
最初は、戸惑うような色であったが、慣れたのか色が落ち着いたのかはわからないが、気にならなくなった

さて、この校舎から高校受験に臨む生徒たち
今年は、市内の高校は定員割れしているので、落ちる子はいない
ということは、競争が無いので勉強しないということである
生徒諸君、高校はゴールではない
根室から出たとき、本当の競争が待っている
安心し、立ち止まることなく、研鑽を積んでいって欲しい
その先に、君たちの洋々たる未来が横たわっている



エラソーなことを書いてしまった

ちょっと春めいて

今朝7時の気温は-7℃
でも、日向はお陽さまがぽかぽかで、少し春が来たようだ




何か、外と内で会話が聞こえてきそうである




屋根の上の猫は、寒いけど少し誇らしげ




家の中の猫は、とにかく気持ち良さげである

中々良い表情が撮れ、足どりも軽く通勤
心なしか、海の色も少し春の色をしていた



宵の明星とUFO

晴れた日の日没後、西の空に一番星が輝いている
ひときわ明るく輝き、容易に見つけることができる




この星は、普通の星とは大きな違いがある
自ら発光する星とは違い、太陽系一家の地球の兄弟星、金星である
地球より内側の公転軌道をもつため、望遠鏡で見ると三日月型や型に見える
明るさも-4等級で太陽、月に次いで、天空に輝く天体では3番目の明るさになる

季節が変わると、地球と太陽と金星の位置関係から見えなくなったり
朝、日の出前に見える明けの明星となる

もしかして、三日月型に写るかと思い
カメラのズーム倍率を8倍にして撮影してみた




すると、何とUFOが写っていた・・・
そんな訳ないか
長時間露光と手ブレで写真のごとくなった
やはり、天体撮影は三脚がないと話にならない

流氷が来た

今朝、根室湾を見ると海に氷が浮いている
第一管区海上保安本部のホームページを見ると流氷のようだ




とうとう、来た
まだまだ密度が薄いが、良い風が吹くと根室湾は見渡す限り白い平原と化す
そうなると、根室の気温はグンと下がる
海水より氷の温度が低いから、氷原を渡って吹く風は冷たい

しかし、流氷は豊かな栄養を沿岸にもたらす
多すぎると昆布を根こそぎ削り取っていくこともあるが、全く無いのも困りものなのである

お酒

自分は酒をほとんど飲まない
しかし、宴会などの公式の席では喜んで飲む
今はこんなだが、かつては毎日酒を飲んでいた
そうなった理由は痛風である

3年前、それは突然やってきた
手や足の指関節が左右対称に痛くなった
激痛ではなく突き指した感じの痛みである
2週間たっても痛みが引かないので病院に行った
「あんたそれ痛風」と医者から言われた
食生活について根掘り葉掘り聞かれ、薬を処方された
薬を飲み始めて10日ほどしたとき、背中の筋肉が異常に痛くなってきた
医者に聞いてみたら「筋肉痛の副作用がある」とのこと
「アルコール類はプリン体の体外排出を妨げる、酒やめないと死ぬよ」で禁酒となった
たまの宴会で飲む程度は構わないらしい

以来、年間の飲酒回数は365回から10回程度に激減した
そして、楽しみのたまの宴会も1次会で撃沈するほど酒に弱くなった
だから、根室の地酒北の勝の搾りたてが発売されて、周りが騒いでいても一人カヤの外である
ひっそりと、搾りたての板粕を買ってきて、長男と甘酒を楽しんでいる




さて、話は変わるが、かつて根室には北の勝の碓氷酒造場の他にもう一つの造り酒屋があった
清酒「いろ媛」の兼古酒造である
写真は当時の販促用のぐい呑みである、何故か我が家に3個残っている
根室では辛口の「北の勝」甘口の「いろ媛」と称されていた
辛口だった北の勝も、今では日本酒度+1で中間に位置している

低気圧一過

低気圧は、中年の体に疲労という爪痕をのこし、太平洋の彼方に去っていった
今日は、スキー少年団の記録会である
疲れた体にムチ打って、2時間のスキー場に向かった




雪はふかふかの羽毛のようだったが、圧雪車が滑りやすいように整備してくれた
新雪のままの頂上まで行ったグループは、雪に埋まりながら30分以上かかって降りてきた
さて、今日は記録会である
子供達は力いっぱい滑っていた




どこもそうであるが、スキー場からの眺めは素晴らしい
滑ることに集中するのも良いが、子ども達には、時々周りの景色を楽しむ余裕をもってほしい
滑ることを含め、スキーに行くということが楽しいことだと知ってほしい




楽しみの一つが食事である
このスキー場のラーメンは★★★★☆である
透きとおったスープの味が抜群である
普段は、旧標津駅前の食堂「しのだ」で食べることができる

話は変わるが、添付画像のサイズを小さくするソフトを変えた
今までのソフトより40%以上容量を小さくできる
少々色がつぶれるが、写真を多くしても大丈夫になった

えらいこっちゃ2




本当にえらいことになっている
上の写真は昨日の朝
下の写真は今さっき同じ場所で撮ったもの




未明に一度雪はあがっていたので安心していたら
起きてみてガッカリ
さて、何時から雪かきしようか

えらいこっちゃ!

今、仕事から帰ってきた、徒歩で
ものすごい吹雪になってきた、大雪警報も出た




職場から自宅まで向かい風で、目も開けられない
と言うか、雪の結晶が目に当たって痛い

これから、ますます状況は悪化する
停電にならなければ良いが、電気が止まったらストーブも止まって凍える
明日は、除雪を覚悟せねば
子どもの頃は、吹雪くと心躍ったのに、今は滅入るだけ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ