FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

突然の雪のち夏日

3日前に突然大雪が降った




今日、突然夏日になった

気温は24.3℃、その手前に3日前の雪

体の方も対応できず、風邪をひいて咳が出て喉が痛い
もしや、ブタインフルでは?

皆さんと、お別れする日も近いかも知れない
スポンサーサイト



定額給付と地域振興券

昨日、根室市から我が一家に定額給付が振り込まれた

そして今日、根室商工会議所発行の地域振興券の販売が始まった




これは、1シート1000円×15枚で12,000円で販売された
プレミアは3000円である

市民一人につき1枚しか買えない
定額給付金の申請書類と一緒に送られてきた引換券がなければ買えないのである

このご時世、我が家にとってはとってもありがたい
家族全員分の振興券をしっかり買わせていただいた

気になる場所

かねてから、非常に気になる場所があった

根室から釧路方向へ約90km、尾幌から国道を左折する
やがて仙鳳趾という場所に出る
この辺から景色は一変する

深い森をぬけたかと思うと目の前は海というように景色は変化に富む
道路から一気に100mの断崖で海に落ち込むスゴイ場所もある




そして、狭く急な地形を縫う小川の削った、わずかな平地に漁家が密集している集落が点在する
なんとも、すごい景色なのである




そして、難読地名の多い北海道にあって、ここほど難読地名の集中する場所は他にない




何度か地元紙の紙面に取り上げられたこともあるが
非常に探究心をそそられる地域である

時間をかけて探検してみようと思う



 

さわやかな気持ち

除雪が入らない市道の幹線で、乗用車が立ち往生した
その後は、車が長蛇の列をなした
その時である

登校途中の高校生の集団が、その車を押し始めたのである
率先して、学校に遅れるかも知れないのに




やがて、その車は邪魔にならないところに移動し、高校生は去っていった
この高校生達に、心から拍手を送りたい

吹雪きもおさまり、見事な夕陽が摩周の山の稜線に沈んでいった
まるで、明日の晴れを約束するように




街もクリーム色に黄昏ていた



猛吹雪 その後


今朝5時の状況である

20cmくらい積もり、まだ吹雪いている

除雪も入っていないので、このままだと学校も休校するかもしれない

それにしても、この時期にこれだけ積もるのは記憶にない

〈追伸〉
市内の全ての小・中学校が臨時休校になりました

猛吹雪


昼からチラチラしていたが、天気の神は夕方からキチット決めてきた

外は猛吹雪である

写真は20:00頃、結構積もっている

明日の朝、どうなっているか心配である

ミズバショウの大群落

気がついたら、ブログを3日もサボってしまった
なんだか疲れて、書く気がおきなかった

さて、いよいよ山菜のシーズンが始まった
短い期間であるが、アイヌネギを今採らずに何時採る? 真剣勝負である
ちなみに、採りに行く森の入り口はこんな感じである




ちなみに、今日はクマが出ない場所にしたが結構良いのが生えていた




自分は、まだ葉っぱが出るかでないかの状態のものが好きである

さてこの場所、奥に行くと今だけ素晴らしい光景が見られる
ミズバショウの大群落である
学校のグランドくらいの広さにミズバショウが咲き誇っている




少しズームアップしてみると




この景色を独り占めである

ミズバショウだけではない
本州ではめったに見られないザゼンソウも普通にある




この辺では、ヘビノマクラと言って子どもたちが蹴っている

酪農廃墟2

この廃墟は、信じられないほど辺ぴな場所にある

別当賀の駅から落石方向に砂利道を6km
途中、羆が出そうな森を通りぬけ、ようやくたどり着く




海が見える台地の上にポツンとサイロが1基残っている
すぐ目の前をJR花咲線が走るが近くに駅はない

「どうやって暮らしていたのだろう」
「学校へ通うのは大変だったろうに」
「牛乳はどうやって出荷したのだろうか」
「どうしてこの場所を選んだのだろう」
色々思いは巡るがこれほど隔絶された環境も珍しい




ミシンの足踏みの部分が2台分転がっている




お父さんの楽しみだったのだろう、酒瓶が転がっている
奥には羽釜も見える




コンクリート製の浴槽だろうか、骨材にガラスの浮き玉を使っている
兼業で漁業でもやっていたのか、こんなのは初めて見た

いずれにしても、人が住むには切ないほどに淋しすぎる
その生活を思うほどに胸が絞めつけられるのは何故だろうか

かつて草を詰めサイレージをつくったサイロ、今は静かに水が湛えられている



我が家のアイヌネギ処理法

アイヌネギの強烈なニンニク臭については以前書いたとおりです

我が家では、この山菜を保存するために下茹でします
当然、茹でる段階でも相当な匂いを発します

昔、父親が何の策も弄せずイキナリ湯がいたところ
換気扇を回しているにもかかわらず、家中が強烈な匂いに包まれました

そこで、これ




多くの人がやってると思いますが、ほうじ茶で湯がきます
これにより、匂いの発生は1/3以下に抑えることができると思います
当然、湯がいたアイヌネギの匂いも多少なりとも和らぎます

少量づつさっと湯がいて冷水に取ります
火が入りすぎると、柔らかく歯ごたえがなくなるのでご注意




この段階で、異物や汚れ
そして最も臭いと言われるムラサキ色の薄皮を取り除きます




あとは、適量をラップに包んで冷凍したり、醤油漬けにします

我が家では、この段階までが自分の仕事、男には低過ぎる台所で腰を屈めながら行います

冷凍したものは、焼肉やすき焼きに入れても美味しいし、ギョウザに入れたりバター焼にもします
醤油漬けは、適当に刻んでご飯にのせお湯をかけ「ぶぶ漬け」にしていただくと、まことに結構なお味となります
また、醤油漬けをニンニクの代わりに肉を焼いても美味でございます
この際、漬け醤油も味付けに使うと一層風味が増します

初めての海岸へ

落石(おちいし)の三里浜と、別当賀のフレシマ海岸との中間点に無名の砂浜がある
三里浜からも、フレシマからも、海から崖がそそり立つ場所があって、浜づたいには行くには困難である

昨日、山菜採りに行ったついでに内陸側からアプローチした




完全な自然海岸である
護岸工事やテトラポッドは一切ない




めったに人が入らないこの砂浜、一度歩いてみたかった








期待した、ガラス浮きの大玉は見つけることはできなかった
それでも、冬の間想い続けた海岸を歩くことがでた

満足して空を見上げると、雁が北へ帰る旅の途中であった



カイグサ イラクサ アイコ

これを食べるようになったのは去年から

ヤブを不用意に歩くとチクッとくる、憎っくきあの草
葉や茎に細かい棘を持ち、毒を注射してくる
これにやられると30分はジンジン痛い

刺されたあとは、人によっては赤いポツポツができる
漢名を蕁麻と呼び、ジンマシンの語源となった草である




新芽は食用になる、仇をとれるのは今の時期だけである
ものの本では、山菜の女王と称されている




新芽といえども油断はならない、手袋をして採る




天ぷらにして食べるのが好きである
クレソンの天ぷらも美味しいが、こいつも結構美味い
タラの芽よりも美味しいのでは?と思う

どこにでもあり採集も容易であるが、それ故に犬の散歩コースにならないところから採るべし

やっと山の幸の季節が来たのだ

3月末からの残業と土日出勤の連続に心がくたびれてきた
そこで、今日は心にエネルギーを充電した

北の大地にも山菜のシーズンがやってきたのだ
大好きなアイヌネギを採りに行ってきた

スクーターに乗り、自動車では入れないところ、いわゆるクマの巣がありそうな場所に行った
そういうところには、太くて美味しそうなアイヌネギがあるのだ

どんなに厚着をしても、気温6度の中30分もバイクに乗ると体が凍えてしまう




それでも、山の神の贈り物を目の前にすると全てを忘れてしまうのだ




30分でカゴに半分ほど採ったところで今日はやめた
他にも予定があるからだ

さて、自分は昔からアイヌネギと呼んでいるが、最近は標準和名のギョウジャニンニクと呼ぶ人も増えた
自分の死んだバアちゃんはボクサと呼んでいた、根室のアイヌの人たちそう呼んでいたらしい




採りたてをバター焼にした
味付けは塩コショウ、最後に醤油をたらして少し焦がす
強烈な匂いがやわらぎ、醤油の香ばしさが食欲をそそる

このアイヌネギ味は抜群に良い、しかし食べすぎは禁物である
本人はさして気にならないが、食べなかった周囲の人には苦痛なくらい強烈な匂いがする
「食べたっしょ」と言われる
その強烈な匂いニンニクの比ではない、オシッコまで臭くなる

我が家に鯉のぼりが揚がった


我が家に鯉のぼりの季節が来た

今年は鯉のぼり10周年、この家に越して10年経ったのだ

今回、ポールを立てるのを長男が手伝ってくれた
おかげでいつもより楽だった

自分は、1年でこの瞬間が一番好きである
日が長くなり、めっきり春めいてくるからである

5月5日までの鯉のぼりの季節を満喫したい
しかし、鯉のぼりをあげるのも来年で終わりなのだ

花咲港探検7 「廃墟編」

花咲港の廃墟もいよいよ最終回

一挙に大公開しますので廃墟ファンは楽しんでください。

もしかして人が住んでいたらごめんなさい























まだまだ、花咲港には廃墟があります
いつかそのうち、番外編をやるかもしれません

鹿子頭 ししがしら

今日の新聞に、花咲港神社に数十年前からあった鹿子頭の由来がわかったと記事になった
そして、この鹿子頭が歴史と自然の資料館に寄贈されたとも書かれていた




かつて花咲港に番屋を建て、北洋に鮭鱒を獲りに行く船団の親方が奉納したものだそうである
出処は岩手県大槌町である
もしかしたら、廃墟になった番屋の方かもしれない

さて、この歴史と自然の資料館、現在ラッコ展を開催中である
このほか、この博物館にしかない目玉がこれら




根室で発掘された土偶ちゃん、指先がメルヘンチック




色素の欠落により、真っ青になった花咲カニ
やっぱり、カニは赤がイイ!




樺太の日露国境標石の真正

土日開館で入場無料である
ぜひ、一度ご覧あれ

軽石海岸

昨日、標津に会議に行ったのは書いた

車を運転しながら90kmの帰り道、猛烈に眠たくなってきたので、車を止めて海岸で潮風にうたれた

海岸を歩いてみると、軽石がたくさん落ちている




カカトこすり以外に何か使えないか考えたが、眠たくて何も思いつかなかった

波打ち際に、立ち枯れた木が波に洗われていた




少し陸側に目をやると、結構な木が枯れている
どうやら、海岸線が後退し地下水が塩水に代わって枯れたようだ




野付半島にはトドワラやナラワラといった立ち枯れた森林が有名であるが、今トドワラは往時の面影はなく
ほとんど倒れて土に還りつつある

根室についた頃、夕陽がとってもきれいだった



しのだ食堂

今日、会議で標津に行った

昼飯をどこで食べようか考えながら90分の道のり

ふと思い立った

以前にも書いたが、金山スキー場の美味しいラーメン
本店のしのだ食堂がある




旧標津線「根室標津駅」前に位置している
無論、今、駅舎はない




これが本店のラーメン




こちらはスキー場のラーメン

味は、ちょっと違うかな?
スキー場のは★★★★☆だったけど、本店のほうは★★★☆☆
値段は同じだが、量は本店の方が明らかに多い
それから、スープが少し濁っている

やっぱり、運動した後のラーメンは美味いのだ!ということにしておこう

もらっちゃった

昨日、長男の高校進学の内祝いを配ってあるいたことは書いた

自分は、砂浜を歩いてガラス浮や面白いものを色々拾っている
当然、ガラスの浮には目がない

ある家に着いたとき、家の入り口に緑色の大きなガラス玉がぶら下がっていた
しげしげと眺めていると、家の主が出てきた

内祝いを渡しながら、ガラス玉を拾ってあるいていること、大きなものはめったにないこと
緑玉は特に珍しいことを話した
主は、捨てられる直前に、タラ漁で使っていたものをいただいたそうである

そうしたら「もう一個大きいのがあるから欲しいならあげる」と言われた
二の句を継がずいただいた




ホコリをかぶっていたものを洗って庭の木にぶら下げた
直径35cmで薄緑の見事な大玉である

ちなみに、ヘソはなく半球を接合したものである。

らっこ、ラッコ、猟虎

根室市花咲港に市立の歴史と自然の資料館がある

以前、花咲港小学校の校舎として利用していた建物を改装したものである
そもそもは、海軍の施設で丈夫な赤レンガ造の建物である




さて、この資料館で千島ラッコの剥製と骨格両標本を展示した特別展「ラッコ展」を開催している
おそらく世界唯一の千島ラッコの完全標本、これが目玉である




何年か前に、根室市落石の網で混獲されたものを国の特別許可を得て標本にしたものである

いま、釧路市でくぅちゃんが愛嬌をふりまいているところであり、タイミングも良い

ラッコマニアだけではなく骨マニアも一見の価値ありである
しかも入館料は無料である
土日も開館しているので是非訪れて欲しい

ホームラン焼

長男が高校に進学した

多くの方からお祝いをいただき、内祝いを持ってまわった

そのとき、意外な人と会った
長男が小学校時代、少年野球でお世話になった先生、ブログ仲間の「よっしー」さんである
根室から羅臼に移られて何年になるだろう、息子にとっても久しぶりの再会であった




息子のたっての願いにより、顔はモザイク処理させてもらった

腹が減ったので、次男をプールで拾い男三人で花咲港のホームラン焼の店へ
この店は、自分のラーメンの原点である




澄み切ったスープでシンプルである。
独断で★★★★☆




これが、地元の人のみ知る名物「ホームラン焼」である
小麦粉の皮につぶ餡が入って1個50円、よくお土産に買って帰る人がいるが
店で食べる焼きたては、全くの別物である

噛むと、カリッとした皮からあつあつの餡が口の中にほとばしる
甘ったるくなった口をラーメンのスープで〆ると、まさに口福である

この組み合わせは無敵で★★★★★である
しかも、ラーメンとホームラン焼1個で一人500円也

この店、二代目の主がほぼ一人で切り盛りしているようで(自分が行ったときはいつも一人)
人気のホームラン焼を買う客がひっきりなしに訪れるが
予約が入っていたりして、待ち時間が40分と言われ、諦めて帰っていく客も多い

店は、40年前から変わらない
まさに、昭和30年代のたたずまいである







メニューはこれだけ、ラーメンとホームラン焼の直球勝負である




ホームラン焼を買いたい方は、予約をしたほうが無難
できれば、店で焼きたてを頬張っていただきたい
日曜は定休日なので注意が必要である

帰りは、歴史と自然の資料館に寄り道した
「ラッコ展」をやっているのを見るためである

ラッコ展のことは改めて書くことにしよう

霧笛


根室の春は、海霧とともに始まる

朝から、乳白色の霧に街全体がおおわれる
遠く「ボー」と霧笛が鳴っているのを夢うつつに聞く
まさに、春から初夏にかけての根室の名物である

この霧笛、正式には霧信号所という
根室には納沙布、花咲、落石の3灯台に設置されている

子どもの頃、花咲港に住んでいたので、灯台に行くと良く霧笛の前に立って遊んだ
ものすごい大音響で、体の全ての細胞が振動し全身が痺れる

報道によると霧信号所、現在全国で9ヶ所しかない
そしてこの9ヶ所、今年いっぱいで廃止になるという
船舶のレーダーやGPS(全地球測位システム)搭載が進んだため必要なしと判断された

根室から、名物が一つ消えてしまう
廃止前に、霧笛を体感することをお勧めする

花咲港探検6 「廃墟編」

今回は、廃屋の中でも住んでみたさピカイチである

手前には、すでに壊された廃墟の残骸が




その奥に見える木造番屋、しっかりした造りである







屋根と、ガラス窓が既に交換されていて、風情は損なわれるが
住むには好都合である

う~ん、住んでみたい

残骸を歩いていて、クロネコとご対面




この辺は、猫も棲家に不自由しないであろう

セピアの原野

街は、徐々に春めいて
色も明るくなってきた
山も、朝からその姿を誇らしげに洋上に浮かべていた




さて、根室の街をはなれ、車で15分ほどの原野はどうであろうか




まだまだ色づいていない




牧草地に残る離農跡もいっそう物寂しげである

阿寒の山

今日は、疲れているにもかかわらず2本立てなのだ

今朝未明の雨で、空気が綺麗に洗われていた
朝から、知床の山々がその存在を誇示している

めったに見えない阿寒の山々も見えたのだ




造り酒屋「碓氷酒造場」の蔵の彼方にかすかにうっすらと見える

夕方、日の入りとともにシルエットとなり、一層はっきりとその姿を現した




右の富士山のような形の山が「雄阿寒岳」
左の山塊が「雌阿寒岳」と「阿寒富士」である

新1年生


今朝、新1年生とそのお姉ちゃんが仲良く登校していた

昨日が入学式だから、今日が子どもだけで登校する初日

弟に寄り添い、守るように登校する小さなお姉ちゃん

ほほ笑ましい風景でした

バイク出動の季節

日中の気温が氷点下を下回らない季節になった
いよいよバイクの出動である




家の裏にバイクを出した
日陰であるので、まだ雪が残っている

梢も芽吹いていない
本格的な春は、もう少し先か




バイクに乗って、葬式の手伝いに行った
寺は日蓮宗の實成寺(じつじょうじ)
しかしこの寺、正式な名前を知る根室市民は少ない
通称が本名をしのいでいる
その名は「アンバラバ」、実に変わった響きである

昔、この寺に祈祷師が身を寄せていたそうだ
この祈祷師、良く当たるので有名だったそうだ
その名をアムバラバと言ったそうで、以来この寺の通称になってしまったとのこと




山門から早春の街を見た

その横に、元の姿すら分からなくなった石仏が二体




朝日を受け、ひっそりと佇んでいた

テポドンとラーメン

4月は忙しいのだ

オマケに職場の仲間に不幸があり、1週間人手不足となる
当然、土日と言えども仕事に行かなければならない

いつもは愛する妻の弁当であるが
休みの日くらい妻の手を休めさせてあげたい

というわけで昼にラーメンを食べた
久しぶりに「ラーメンとんち」に行った




春になると、この店の横のエゾヤマザクラがピンクの美しい花を咲かせる
根室に桜が咲くのはあと1と月と少しである
ちなみに、去年は5月16日に開花宣言が出された




醤油ラーメンをいただいた

一口目は、ずい分味が薄いなと思ったけど、食べ終わる頃はちょうど良い具合である
バラ肉のチャーシューは薄いが、とても柔らかく美味しい
麺は中細麺で独特の舌触りがあって、面白い
スープは魚介系と動物系が混ざっているのかワシには良く分からない
トッピングの卵の黄身は絶妙の半熟具合で美味しい

ラーメンを食べ始めたら、テレビが北朝鮮のロケット発射のニュースを始めた
ラーメンを食べている頭に破片が落ちてきたらどうしよう
なんて考えながらすすっていたら味も良く分からなくなった

結局、全体的な印象はミサイルと混ざってしまって★★★☆☆である
星三つの責任は店主にも自分にもない
時の運である

海の宝物?

実は、日曜日の夕方ちょっと浜に行ってきた

北風が吹きつけ、とっても寒かった




そんな寒い中でも、オオセグロカモメのペアは熱々だった




めぼしい拾い物はビーチグラス、でもそんな中にこんな物が




根室の海岸に時たま打ちあがる
桃色珊瑚のようであるが、自分には良く分からない

| ホーム |


 ホーム