FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

根室「島」図鑑 マッカヨウ岬

歯舞は根室半島の東、かつて歯舞村の中心があったところである

ここの沖合いには小さな島がたくさんある

先ず手はじめにこの島




地図では、島でなくマッカヨウ岬となっている






標高は低く、見た目は海抜2mもあろうか

島の南側がわずかに高くなっている


もしかしたら「○○島」とか名前があるかも知れない

だれか知っていたら教えて欲しい
スポンサーサイト



今朝起きてみると

辺りは雪景色だった






小学生の息子と一緒に家を出た

バイクを仕舞ったのは正解か

今週から通勤は自転車にしていたのだが、さすがに今日はあきらめた



小学校のグランドには、アイススケートの陸リンクを作る準備が整っている






積雪が10cmくらいになったら踏み固めて基盤を作る

氷点下の夜に先生方と父親達が何度も何度も水を撒き何日もかかって完成させる

寒い中、子どもたちのためにを心に頑張るのだ

ウレシイな

ブログをとおして、沖縄の方と交流をしている

まだ顔は見たことはないが、新しい形の付き合い方として楽しんでいる

その方は友達登録をしている「モンパの木から海へ」さんだ



今年の春に一度、こちらのガラス浮きと沖縄の海岸で拾われた漂着種子を交換した

今回、その方から沖縄の貴重な種子が鞘ごと送られてきた







非常に大きな豆である

名前はイルカンダ、沖縄の言葉で色葛と書いてイルカンダと発音するらしい

鞘ごと欲しかったので、とてもうれしい


おまけに入っていたのがが、横綱級のドングリである






一緒に写っている100円硬貨と比べると、その大きさが分かると思う

長さが4cmもある

オキナワウラジロガシのドングリで、何と日本最大のドングリとのこと



とっても貴重なので、市の博物館に一部を寄贈しようと思っている

春までお休み

春から秋の間、自分の足として根室の地を縦横無尽に走ってくれたスクーター

実家の車庫で長い冬眠に入った







ガソリンを満タンにし、バッテリーを外し

チェーンで車庫に縛り付けて絨毯のカーテンで隠した






ここまでするのは、以前に車庫の奥にしまっていたホンダのダックス70が盗まれてしまったから

それから任意保険、自家用車の保険のファミリーバイク特約で月に600円程

これも、春までの5ヶ月間特約を解除して節約する


さて、ここで自分のスクーターを紹介しよう

ホンダのリード80SSで、排気量は79CC


特徴は

・普通の原付免許では運転できない、小型二輪免許が要る
・最高速度は60km/hまで出せる
・二人乗りできる
・二段階右折をしなくて良い
・山で埋まっても簡単に脱出できる
・どんな細い道でも入っていける
・時々コケる

また、来年も野山や海岸を駆け巡ってブログ記事の原動力となってくれるだろう

古い冷凍倉庫

廃墟が大好きであることは前に書いた

廃墟には、何か心をひきつけるものがある



廃墟が好きな人たちは、昔から多かったと思う

インターネットが普及して廃墟に関するホームページが増えてきた

そして、より簡単なブログが発表の場として活用されるようになってきた

これにより、世の中には廃墟愛好家がいかに多いかということが明らかになってきた

しかし、中には、違法行為を行う輩も多く、廃墟愛好家の品位を下げていることを嘆かわしく思う



ワシは、窓越しに写真を撮るのが関の山である

であるから、割れ窓だと良い写真が撮れるのでこの上ない

本当は、中に入って思いっきり空気を吸いまだ人がいた頃に思いを馳せてみたい、と本当は思っている



前置きが長くなってしまった

今回は、根室港の傍らにある古い冷凍倉庫である

裏に回ってみて初めて分かった、実に味わいの深い建物である
















鉄筋コンクリート造の1階の上に乗った木造モルタルの建屋

内部の冷凍庫は古めかしい木製の扉である

冷凍室の前室は色々なものが散乱している、まるで誰か暴れた後の様である

さらに、前室の奥には制御盤らしきものが見えている



本当に根室は味のある廃墟が多い、廃墟地図でもこしらえようかと考えている

根室「島」図鑑 トモシリ島・チトモシリ島

冬の準備の記事ばかりでは滅入ってしまう

さりとて、冬の入り口の季節ではたいした話題もない

という訳で、島図鑑を進めることにした



今回は、根室半島の太平洋側に浮かぶ島でユルリ・モユルリに次いで大きいこの島である




友知岬(トモシリミサキ)の沖に大小二つの島が連なる

大きい方をトモシリ島、小さい方をチトモシリ島と地図では表記されている

しかしトモシリというアイヌ語の意味は「大小二つの島」であるから

これを島の名前にしてしまったから、日本語に訳しようとするとややこしいことになる






友知の海岸から見るとこういう風に見える

右が大きい方の「トモシリ島」、左が小さい方の「チトモシリ島」である

両島とも標高は18m程、ユルリ・モユルリや同じく頂上部が平らになっているのが特徴である




実は、我が家は借家であるが、大家がこの島の地主である

昔は番屋があって漁業を営んでいたとのことであるが、今は完全な無人島となっている

車の冬支度

昨日降った雪は根雪にはならないだろう

道路もすっかり乾いている



でも、車は冬の装備をしなければならない

実は、我が家の車の冬支度は先週にやってしまったのだ

雪が降ってからあわてて行うのは嫌なのだ



まずはタイヤ、スタッドレスタイヤに取り替える






右が夏タイヤのパターン、左がスタッドレスタイヤのパターン

深い溝に区切られたブロック、これに細かなスリットが入り氷雪面をしっかり捉えるようになっている

タイヤのゴムには細かな繊維や氷を噛む粒子などが入っている

低温でも柔軟に氷雪面に接地するように、ゴム自体も柔らかくなっている

このタイヤだけは性能の良い物を選んでいる

自他の命に直結するので、冬タイヤはケチらないようにしている



そしてもう一つがこれ






ワイパーブレードである

左が一般的なもの、右がスノーブレードと言って、冬用に開発されたワイパーである

以前、ワイパーを取り替える前に雪が降って

走行中に半分ワイパーが凍り付いて拭き取らなくなったことがあった

前が見えなくてエライ目にあった

たかがワイパーと侮ってはいけない

スノープレードは凍って拭き取らなくなるようなことはない


というわけで、北国の自動車所有者は温暖な地域の所有者に比べ出費が多いのだ

タイヤは、ほとんどの人がホイールも組み込んだ状態で、夏と冬の二組を持っている

白黒の世界

今日の朝から降り始めた雪

気が付いたら、辺りは白と黒の色のない世界に一変した








最初は細かな雪だったけど、午後2時を過ぎる頃からは大きなボタン雪に変わった








何故か小さな頃からボタン雪を見ると心ときめく

保育所の窓からボタン雪を見た記憶が中年の心に甦る

初氷?

今朝の最低気温は氷点下1.6℃

街中の水溜りは全て凍っていた








登校途中の小学生達が久しぶりの氷の感触を楽しんでいた

自分が中学生の頃、校庭に池があり、氷の厚さが3cmくらいになると、肝試しに走って渡った

思い切りの悪いやつや太ったやつは必ず氷を踏み抜いて、冷たい水の中に足を突っ込んでいた



さて、根室は幅の狭い半島である

したがって、気候は海洋性である

内陸と違って寒暖の差が小さく、夏は気温が上がらない代わりに北海道の中でも冬の気温が比較的高い



その根室が、ようやく本格的な冬の入り口に立った

日中でも室内の暖房が欠かせない季節になる

また、灯油の価格が少し上昇しているのが気がかりである

今日、ようやく息子の熱が下がりました

小児科でリレンザを処方され、体温が39℃を超えるとカロナール(頓服)を飲ませ

今朝起きてみると、熱さまし無しでようやく平熱まで下がっていました

日中は微熱が出たようですが、元気いっぱいです



息子の学級は月曜日に6名のA型インフルエンザ罹患者がいて学級閉鎖になりました

10日ほど前に一度学校閉鎖していますので、授業時数が足らないので冬休みが減らされるそうです

本当に、今回の新型インフルエンザ、各方面で大混乱ですね


予防接種代が浮いたと思ったら、病院代がそれ以上かかったようで

でも、新型インフルエンザが変異するまでは罹らないので良しとしましょう

季節性インフルエンザの予防接種の2回目はまだですが、季節性はワクチンが効いてくれることを祈ります



お見舞いと励ましのお言葉をいただき、心から感謝申し上げます

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ