FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ウナベツにて

貸し切りバスに揺られ、2時間半かけてウナベツスキー場に行ってきた

今日は、スキーの検定だったので、受検する子どもたちの面倒をみるので必死でヘトヘトになった

だって、今日の担当は幼児だったんだもの、手がかかります

でも、まとわりついてくるのが可愛くて、幼児担当はやめられません




さて、今回はウナベツのスキー場メシを紹介したい



まずは味噌ラーメン




味噌の旨みに助けられて、結構食べれる水準



次に醤油ラーメン




醤油の味が強く、スープが完全に負けています

ラーメンは、塩もあるので次に試してみます



そして、カレー




旨い!ってほどではありません、見た目のとおりです

カレーにはカツカレーもあります



このほか、軽食としてフライドポテトもありますが、新メニューがこれ




揚げウインナーパンだそうです、とっても小さいです



全てにおいて、量は少なめとなっております
スポンサーサイト

コンブの佃煮

実を言うと、コンブの佃煮が大好きだ

コンビにのニギリメシもコンブの佃煮を買ってしまう

そんなに好きなら、作ってしまえ!



まず、材料を用意する

と言ってもコンブだけ、夏にブログ友達の大喜さんと海に行って拾ってきて干した昆布を使う

少し湿らせて柔らかくなったら挟みで刻み、柔らかくなるまで煮ていく







途中、頃合を見計らってお湯を取り替える

この際、お湯は捨てない







濃厚な出し汁になっているので、しっかりと利用する

コンブが柔らかくなったところで、フライパンを使って醤油、砂糖、酒で一気に仕上げる








これで、大好きなコンブの佃煮の出来上がり

材料のコンブはまだまだあるので、たっぷり作ってたっぷり食べられる

ああ、シアワセ・・・

ツルツル





ツルツルと言ってもこれではない








歩道が凍ってツルツルなのである

徒歩で通勤しているが、ここ数日気温の上下が大きく、解けた雪が凍結して大変滑りやすくなっている

職場までの間の1.8kmが非常に長く危険に感じる







ご覧のように若い者は何とか対応できるが、お年寄りや体の不自由な人はそう簡単ではない

先日も、転んだ方が頭を強打してドクターヘリで搬送された



実は、我が家の裏は空き地になっているが、5年ほど前までは老夫婦が住んでいた

奥さんが病気で入院している最中、ご主人がツルツル路面で転倒、これが原因で3週間後には帰らぬ人となった



根室だけではなく、冬の北海道は弱者に対し過酷である

公共交通機関が都会のようにあるわけではなく、生きていくことが本当に大変だと思う

今から、自分の老後を思うと非常に心配なこの頃である

スケートリンク





ご覧になれば分かると思うが、アイススケートのための屋外リンクである

どこにあるかというと






小学校のグランドにある



根室の小学校は、冬期間の体育授業にスピードスケートを取り入れている

授業で行うには、学校にリンクがあったほうが都合が良い

それで、近くの小学校ではグランドにスケートリンクを作る

これを陸リンク(オカリンク)といい、11月の末になるとグランドに幅20cmくらいの板を立て

リンクを作る仕切りとする

やがて雪が降ると、これを踏み固めてリンクのベースとするのである

気温の低い夜間に水を撒き何日もかかってリンクを作る

先生方とお父さん方が力を合わせ、子どもたちの喜ぶ顔を思い浮かべ

寒い中、一生懸命リンク作りに励むのである

そして、完成した後も、雪が降ると総出で広大なリンクの除雪を行って維持していく



このように、リンクを作り維持するにはたくさんの大人の力が必要なのである

しかし、少子化によって家庭数と教員が減り、リンクを作ることができなくなった学校が多い

根室の冬の風物詩である学校のリンク、いつまでも残していきたい文化だと思う

釧路駅周辺にて

毎月1回くらいは根室から123km彼方の釧路に用足しに行く

・基本的に車の運転は嫌いだ

・特に、冬道の運転は嫌いだ

・息子に水泳の練習があるので、冬期間は送り迎えに車は必須だ

と、条件が3つ以上そろうと、積極的に自家用車を妻に譲り都市間バスを使って楽をしようとする

このバス土日に限って往復3000円で、眠っている間に目的地まで運んでくれるため

往復の4時間は、読書をしたり昼寝をしたりで至福の時間となる

参考までに、自家用車で往復のガソリン代が2000円くらいなので

1000円で至福の時間を買うことになる



さて、話は急展開する

釧路の駅の裏にカボシャールというカレー専門店がある(あった)

今回、ここで昼食と目論んだのだが、ネットでさらっと調べると廃業したとのこと

それで、最近開店のカレー専門店に行ってみた






その店の名を冠した「ジ●●ジ●●カレー」

よく煮込んでほぐれた鶏肉が入っている

デザートにはヨーグルトがついていたが、この店を訪れることはもうないだろう

私の好みではなかった、残念!



昼食後は帰りのバスを待つ時間を利用して駅周辺をぶらついた

今回は、古道具屋を重点的に見た






これは、和商市場近くの旧長崎屋5階にある古道具屋

店内は狭いが、コンパクトにまとまっていて楽しい






ここは、駅の地下連絡通路を通って北に抜けたすぐのところにある

店が広くて何でも置いてありそうだ

ただ、暖房して採算が合うほど客が来ないみたいで、老店主夫妻は店の前の軽トラの中で暖をとっていた

とても気さくな店主なので、暖かくなったらゆっくり物色しに来たい店だ

根室「島」図鑑 カブ島



危なく忘れるところだったこのシリーズ、いよいよ太平洋側最後の島となった

場所は珸瑤瑁(読めるかな?)の浜にある








この島は海抜9m、目測で長径が80m、短径で40m程の小島で

陸(オカ)からは約200mほど沖合いにある

ワシ独自の島の基準では、てっぺんに草が生えている事が大事な基準となっている

そういうことで、カブ島はかろうじて島と認定される


それにしても、この島地主はいるのだろうか

宝くじでも当たったら購入しようかな、そうしたら痔主から地主へと大変身だ

蜃気楼

今日は朝早くから起きてスキー少年団へ

いつものコースをバス2台に分乗しスキー場へ

途中、何か景色がおかしい

野付半島が浮いて見える






この日の気温が-14℃

海面は開いているので、海面温度はプラスだと思う

この温度差が光を曲げ、蜃気楼のように野付半島が持ち上がったようだ

海が凍り始めた

寒い日が続いている

そろそろ海も凍り始めた







早い年だと、2月になるとともに流氷もやってくる

網走で流氷が観測されたので、順調にいくと2週間後には白い平原に変わるだろう






流氷は、大陸由来の栄養素を大量に含んでいる

流氷がくるとプランクトンも増え魚も増える

豊饒の海を約束するのが流氷なのだ

シバレル

昨夜から今日にかけて非常に寒い、これを北海道弁で「シバレル」と発音する


今朝の最低気温は-10℃、日中の最高気温は-6.4℃だった

内陸部に住む人は-20℃だから、甘っちょろいと思うかもしれないが

根室は風が強いので、-10度の空冷装置の中にいるようで

あっという間に体温が奪われていく



朝起きるて茶の間のカーテンを開けると、一番外側のガラスの内部がご覧のように凍っている






これを良く見てみると、実に美しい












まさに氷の芸術、古く寒い家のなせる業である

しかし、ストーブの目盛りを上げると、はかなく消えていった

お祭り騒ぎの後で

昨日は、碓氷勝三郎商店の「搾りたて」の発売だった

どこの酒屋もあっという間に完売、行列までできて大変な熱気だったそうな



さて、たいして酒を飲まない自分は、こんな騒ぎには目もくれず

静まりかえった酒屋で「搾りたて」の酒粕を買ってきた






一袋、500グラム入りで3袋で500円だった

一袋だと確か180円だったはず

とてもお買い得である


売っているのはここ






この写真で分からない人はこれで分かるかな?







宝町にある大熊商店です


大量に入荷しているので「搾りたて」は買えなくても、粕は間違いなく買える

一袋300円で売っている店もあるらしいので、買うならここだと思います

ちなみに、自分と大熊商店は親戚でも知り合いでもありません




搾りたての粕で作る甘酒は、長男と自分の密かな楽しみ

寒い冬にフーフーいいながらすする甘酒のなんと美味しいこと

北の勝「搾りたて」

今朝8時20分頃、近道するためマルシェの駐車場を通ったところ

何と、朝から行列している

何だろうと思っていたら

どうやらコイツが発売されたようだ





(昨年撮った写真です)


根室唯一の酒蔵碓氷勝三郎商店の醸造する「搾りたて」を買うための行列だったようだ

ワシは酒をほとんど飲まないのでたいして興味はないが

あっという間に完売する超人気商品である



もしやと思い、ヤフオクを開いてみたら

出品されてます、2010年物が4本も

店頭売りがいくらかは知りませんが6000円くらいから出ています

即決だと8,500円~9,000円です



ワシは後ほどゆっくりと搾りたての酒粕を買って、甘酒にして長男と一緒に楽しむことにします

路線バス

根室には、根室交通というバス会社がある

昨年はいろいろあって少し有名になった



夏場はバイクを多用し、冬期間でも何かあれば自家用車を使うが

冬場はスキーをするため、泥縄的に歩いて通勤しているが

朝は向かい風10mほどになると、バスを使って通勤することがある(今年から)








地方の公共交通機関はどこも経営が厳しいと思うが、根室交通も同じようである

古くて、錆びて、車体に穴の開いた車両が走っていたりする

乗客も少なく、自分一人ということも珍しくない



それでも、思う

頑張れ、バス会社!

UFO

大スクープである

根室のとある場所で車内から撮られた写真に、UFOらしきものが写っているとの情報を得た



早速、葬儀の手伝いが終わった我チームは、写真の確認をしに急行した

その写真の持ち主に見せられたこの写真を見た瞬間、唖然とした


ナ、ナンダコレハ

コレホドハッキリ写ッタUFOハミタコトナイ

(あまりの驚きに口から出る言葉が固まってしまった)



写真の持ち主に迷惑がかかるので、続きはファンのみ公開の記事へ・・・


※写真見たさのヤジウマファン登録はお断りします
1/16→1/21の間のファン登録はご遠慮願います
この間のファン登録は見つけ次第削除いたしますのでご了承願います

カンジキ

今年の根室は雪が多い

カンジキを履いて雪原を歩いてみようかと思い、亡き祖父が山ブドウの蔓で作ったカンジキを履いてみた

しかし、雪がサラサラだったので埋まってしまい用をなさなかった


そこで、引っ張り出したのがこれ







亜米利加カンジキ、いわゆるスノーシューである

その昔、根室に住んでいたアメリカ人からせしめたものだ

米軍仕様で、軽量の金属枠(マグネシウムかアルミニウム)にステンレスワイヤー製のネットが張ってある

輪カンジキと違って、圧倒的に雪面に対する面積が大きい、期待できる



しかし、これもあまり役に立たなかった

思ったより埋まるのだ

カンジキに言わせれば、きっと「おまえが重いからだ」と言うと思う



まあ、根室の雪が乾雪で空気を大量に含んでいるため、ある程度埋まることは仕方が無いのだろう

3月になれば雪も締まってくるので、その時にまた使ってみようと思う

たまにはカレーを

いつも行く標津の金山スキー場、毎度ラーメンが美味いとばかり書いていてはつまらない

そういうわけで、珍しくカレーを食べた

しかも奮発してカツカレーにした








味は十分及第点に達する

峠を越えたスキー場に比べるとラーメン、カレーとも格段に味が良い



さて、このスキー場のレストハウス「せせらぎの宿」という

かつて、山奥にあった金山の温泉保養所が不便なのか、古くなったからかはしらないが

便利なここに移した

しかし、残念なことに温泉は掘っても出なかったそうな

それでも、沸かし湯で宿泊施設をやってたみたいだが、廃業して今は完全にスキー場の食堂と化している

宿泊施設として2階に4部屋くらいあったし、大広間もあってご立派にステージもついている







風呂は、今では使っていないようだが、ドアが開いていたのでこっそり撮ってきた








廃墟チックで楽しい

自分は、標津町の町民ではないので詳しいことは知らない

宿泊施設としては機能していないが、この建物の持つ趣きが好きである

吹雪と停電

吹雪になると停電する

これ、北海道の常識(だった)




何故停電するかというと、写真を見ていただければわかる








電線に着雪して、その重みに耐えられず電線が切断する








芯になっている電線の細さと、雪の太さを比較して欲しい

どれだけの加重が電線にかかるか、加えて風圧がかかるのである

電線はひとたまりもない



子どもの頃、吹雪くと停電し大人が右往左往するのを見るのが楽しく、胸が躍った記憶がある

ひどい時だと、24時間以上停電し、ラジオから市長の声がして市民を励ますこともあった

特に、送電線がやられると全市的な大停電となる



昔は停電しても凍えることはなかった

電子制御などの高度な技術を使用する暖房器具や、オール電化住宅などなかったからだ

しかし、現在の状況は全く違う

停電は、即暖房の停止を意味し、長時間にわたる停電は、長時間にわたって暖をとるすべを奪うのだ



ここ10年ほど、長時間にわたる停電が発生することは滅多に無い

いや、停電すること自体ほとんど無くなった

これは、電力業界の不断の努力により、電線の被覆材の改良が進められ

電線に雪がつきにくい状態になったからである



おかげで、真冬に寒い思いをする率は格段に低下した

生命線である電気を、安定供給する北電さんに感謝するこの頃である

祝 訪問者10000名達成!

ブログを始めて370日、本日とうとう延べ訪問者数10000名を達成しました

訪問いただいた皆様に心から感謝申し上げます



ワタシがチョッキリ10000名だよという方、粗品ではございますが記念品の浮き玉を進呈しますので

カギコメいただければ幸いでございます


浮き玉には「祝10000名達成」下手ですが肉筆で書き込んで進呈します

一番嫌いな動物

ここ20年来、道東を中心に爆発的に増えている生き物

エゾシカである



自動車で郊外を走ると、見ないことが珍しいくらい生息している

以前の記事で自宅の近くのエゾシカを取り上げたが、昨年は市内中心部、それも警察署前で

エゾシカと自動車が衝突した












この写真は、1月9日(土)にスキーに行った帰りに、自分の車の前を堂々と渡る姿である

写真は、小学生の息子が撮ったものだが「ブログに使ってね」と言うことで拝借する

この場所、その前の週にもスキー帰りに目の前をエゾシカが横断した場所で、全く同じ地点だ



暗くなって、前照灯の光の外から突然飛び出してくエゾシカは避けようが無い

年間、数百件もの衝突事故が道東で発生している

鉄道との衝突事故も含めると、1000件近くにもなるのではと思う

しかも、ホンシュウジカと違って体重が100kgを超え、オスは150kgにも達する

衝突すると、車は一瞬にしてオシャカになり、場合によっては搭乗者もオシャカになってしまう

自分も、何度か衝突寸前にまでなっている



一昨年の11月末、午後5時頃の暗い国道をシカを警戒して60km/hで走っていると

後の車がエライ勢いで追い越しをかけてきた

その瞬間、道路左から1頭のシカが飛び出し、ブレーキを踏んで停まった自分の斜め前方で

ノーブレーキの追い越し車に、そのシカが吸い込まれるように衝突し、吹っ飛んでいった

衝突してあわてて停まった車は、前方大破で助手席の男の人は額から血を流し、運転手は顔面蒼白で固まっていた

声を掛けたところ、救護は不要とのことで立ち去ったが、シカは50m程前方の中央線上で断末魔の痙攣をしていた

速度を出していなかったことが正しかったと証明された瞬間でもあった



35年くらい昔、自分が小学生の頃、野生のエゾシカを見たと母親が喜んでいた

直接エゾシカを目の当たりにしたのは中学生の頃か

それほど、エゾシカを見ることは珍しいいくらい少なかった

ましてや、シカと車が衝突するなんてことは聞いたことも無かった




それが、今では繁殖しすぎたエゾシカは、市街地にまで出没するし、山野にあっては冬期間の餌不足から

樹木の表皮を食べつくして枯死する例が頻発している

天敵であるエゾオオカミが絶滅し、繁殖に制御がかからない状態でどこまで増え続けるのか




それから、最近根室でヒグマの生息数が増えている

これもエゾシカの増加がもたらした現象の一つといわれている

鉄道や自動車と衝突し、怪我をしてそのまま逃げ去っても

事故現場からさほど離れていない場所で息絶えるエゾシカが非常に多い

ヒグマにとっては簡単にエサが手に入るのだ、線路や道路の近くがヒグマの餌場になっている



いずれにしても、エソシカの大繁殖は由々しき問題なのだ

氷柱 つらら

この時期、軒下を通る時は気をつけなければならない

頭の上にぶら下がっているのがコイツ








特に、軒が高いところや、氷庇(雪庇せっぴが固まって氷のようになったもの)がセリ出ているところは特に注意

日中に気温が上がって緩んでくると、頭の上から落ちてくる

ひどい時は、屋根の雪と氷が全て降ってくることがある



根室の積雪はたいしたことはないが、豪雪地帯で屋根の雪が一気に落ちてくると

そのまま埋まって、誰も気付かないとあの世行きである



軒下を通るなと子どもに言って聞かせてあるが、人間、一度怖い思いをしないと身につかない

今日スキーから帰ってみると

今日も小5の息子とスキーに行ってきた

5時過ぎに家に戻ると、嫁がコーフンしていた

「ちょっと前に、暗くなったから家の電気を点けてカーテンを閉めていると、玄関が閉まる音がした
○○(上の息子)が帰ってきたと思って茶の間のドアを開けると、知らない女が立っていた」

その女、嫁と鉢合わせすると「友達の家と間違えた」と言って笑いながらさっさと出て行ったそうだ


嫁の話を聞いて、どうも腑に落ちない

何故、チャイムも鳴らさないで友人の家に上がりこむ?

何故、声もかけずに無言で友人の家に上がりこむ?


ちなみに、嫁は直前まで台所の電気だけつけ夕餉の準備中で、家の中は暗かったそうだ



たとえ、友人の家であっても勝手に上がりこむか?

勝手に上がりこむほど親しい友人としても、そんなに親しいのに家を間違えるか?


結局、交番に相談したところ、お巡りさんが来て事情を聞いていた

お巡りさんも、不自然だと首をかしげていた


その女、小太りで20歳代、身長は160cm弱、上下グレーのスエットスーツを着ていたそうで

冬なのにあまりにも軽装だったそうだ、玄関でもさっさと靴を引っ掛けて出て行った

嫁が外に出た時は、既に姿なしで荷台が箱型の宅急便軽トラのような車が走り去っていったとのこと

ヒマにあかせて

今まで撮りためた根室の風景、正月のヒマにあかせてミニチュア写真にしてみた

そんな中で、比較的よい出来栄えのものを紹介しよう







これはフレシマの東側の小さな浜の風景

元の写真はコレ












これは根室港と流氷

元の写真はコレ












これは花咲港の風景

元の写真はコレ












これは小型サケマス漁船の出漁風景

元の写真はコレ








どうです? 面白いでしょう

この写真は、全てこのサイトで作りました



見下ろすように撮った写真の方がミニチュア効果が大きく

見慣れた風景が玩具的世界に大変身します

国後島 二態

根室市の人から見た国後と、標津から見た国後、羅臼から見た国後と

それぞれの市町民の心の国後は、その姿が違うと思う


根室の人の国後島の印象は、知床の山々と重なって、まるで一続きの山脈が続いているように見える

また、泊山、羅臼山、ルルイ岳、爺々岳と四つの峰からなる島といった印象かと思う



昨日、標津の金山スキー場に行って来た

スキー場のリフト降り場から見た、眼下に広がる根釧台地と根室海峡、そして国後

息をのむような大観となって眼前に広がっている








そして、帰り道に標津の海岸から見た、夕陽に照らされ海上に横たわる国後も、また一幅の画のように雄大であった




息子とスキーに行った

今日はスキーに行ってきた

場所は、根室管内唯一となったスキー場、標津町の金山スキー場である

小さなスキー場ではあるが、雪質と積雪量は申し分ない


朝8時に出発して10時に到着した、距離にして113kmである

途中、10km一直線の道路を走る







気持ちよく飛ばす車が多いのか、数年前に自動速度取締り装置が設置された



スキー場に着いたら、正月も4日目の月曜とあって混雑やリフト待ちとは全く無縁で

思う存分滑ることができた







そして、昼食はスキー場名物の美味しいラーメン







小学5年の息子は普通サイズ、自分は大盛りで完食してきた

ちなみに、このラーメンは標津町内の「しのだ食堂」でも食べることができる

オモチャの根室の街並

オモチャの根室の街を作って写真に撮ってみた






「雪景色の街の俯瞰」と






「夕暮れの酒蔵」である

これ、真っ赤なウソ

現物を作るのはとても大変だったと思うが

撮って、ミニチュアに見せるのはとても簡単であった

ちょっと流行っているらしいこの写真、見ていて本当にミニチュアに見えて面白い


ときどきこの手のインチキ写真で根室を紹介してみたいと思う

金刀比羅神社

根室人の初詣は金刀比羅神社が定番である

元日は、沢山の参拝客が訪れる







神社に向かう道路は渋滞している

あまりに渋滞がひどいので、手前の正月休みの銭湯の駐車場を拝借し徒歩で参拝した

鳥居をくぐって参道を歩くと結氷前の根室港が静まり返っていた





初日(はつひ)

あけましておめでとうございます

年頭にあたりまして、皆様へ北海道は根室市の初日の出をお贈りします







我が家は、根室の街中で最も標高の高い場所の近くです

徒歩5分で撮影の場所に

それでも、良い場所を求め雪原を膝まで埋まりながら彷徨いました

後から来た近所の人と、たった二人の初日の出参拝となりました

日の出時間は6時59分、水平線上に低い雲があったので10分程日の出が遅くなりました

気温は氷点下2℃、元旦の早朝にしては風も無く暖かなほうでした





今年一年が皆様にとって良い年となりますよう祈念申し上げます

| ホーム |


 ホーム