FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ふたたび一炉庵

昨日書いたココチーズ

これの他にもう一つ、一炉庵のお菓子を貰って食べた






ねむろカスター「風和里」である

これも冷凍して売っている

中にはとても美味しいカスタードクリームが詰まっている

常温で放置して食べるとカスタードケーキだが、クリームが凍った状態で食べるのもオツ

アイスクリームとカスタードクリーム両方の良いとこ取り状態なのだ



スポンサーサイト



一炉庵のココチーズ

最近、根室のケーキ屋は協同して催事をやったりして、とても頑張っている

そんな中、一炉庵という駅前の老舗が一歩抜きん出たかと思う傑作を発売した

その名も「ココチース」

根室在住のブロガーきたふくろうさんも紹介していたが、今回食べる機会に恵まれた




販売している状態は冷凍、買ってから常温で30分以上放置して食べると良いらしい

いわゆるタルト生地に入ったレアチーズケーキ

表面は焼き目が付いている





値段は知らないが、ものすごく美味しい

子どもや妻にも食べさせたいので、明日にでも買って帰ろうと思っている

地動説 やっぱり地球は回っている

昨日も記事を休んでしまった

その理由は後で分かる



さて、昨日は次男の通う小学校のPTA二役〈会長・副会長)の送別会だった

卒業で学校を離れる副会長二名と、転勤する教頭先生を送った


場所は駅前の「末広そば屋」

安くて美味しいものが食べられるのが嬉しい



それでは、昨夜のご馳走の数々を紹介しよう




根室では非常に稀なテッチリ

お次は




本マグロの赤身、中トロ、ブリ、オヒョウ、タイ、ボタンエビなどのニギリ




マダイの刺身




定番のスキヤキ、お肉がとても柔らかで根室で一番のスキヤキです

末広はバクロウもやっていたので、飛び切り美味しい牛肉の入手経路を有している






最後に牡蠣鍋

これだけのご馳走、本当にネタが新鮮で期待を裏切りません



飲み物は、各自飲みたいものを持参との連絡

そうしたら、こいつを持ってきた人がいた





根室の地酒、北の勝のメチャ貴重で入手困難な「搾りたて」

これをコップになみなみと2杯いってしまいました

よせばいいのに、調子に乗って焼酎をさらに3杯



普段酒を飲まない自分が、これだけ飲んだら相当キテマス状態

お開きになって立ち上がったあたりから「地球が回っている」のが分かるんです

家に帰って布団に入っても地球が回っているんです

薄れ行く意識の中で「そうかコペルニクスも深酒して地動説を発見したんだ」

くだらないことを考えているうちに、意識はあちらの世界に飛んでいきました




そういう状態でしたので、ブログも書けませんでした



今度はバナナクリームステッキ

イズヤのバタークリームステッキが大好きなことは前に書いた

ごくたまに見かけるが、決して買おうとは思わなかったバナナクリームステッキ

見つけたので今回は買うことにした




袋を開けると「バナナってこんな臭いだったっけ」と思うような人工的な香りが

クリームはというと




うすい黄色、いやうすいレモン色か

食べてみるとけっこうバナナクリームがしつこい、食べ終わる頃には飽きがくる味

ちなみに、原材料は





やっぱり、イズヤはバタークリームステッキが一番なのだ

測候所のレーダードームがなくなった

根室には測候所がある

それが、今年の10月1日から無くなってしまう

観測の自動化が進んだことや、観測機器の性能の向上もあるのだろう

1879年(明治12年)に根室気候測量所として開設だから130年以上の歴史があるのに・・・





その準備は着々と進んでいるようだ

上の写真は昨年の2月に撮影されたもの





下が、つい先日撮ったもの

建物の天辺にある白いレーダードームが無くなっている

半年後の廃止に向け着々と準備は進んでいるようだ

毎朝上がっていた白い巨大な風船、ラジオゾンデも最近廃止になったばかりだ





庁舎は、合同庁舎なので税務署や法務局、検察庁も入っているので空き家にはならないが

人口も3万人を割り、昭和20年代の水準となった

そういうわけで、少し物悲しいこの頃なのだ

花咲港にて

この風景が違和感のないものになってから、どれくらいたつだろうか




実にボロイ船に見えるがロシア船である、マストにはロシア国旗が翻っている

この船は、日本の漁船を使っている

拿捕された船であろうか

以前は、純ロシア製の舳先の丸い赤錆びた船が多かったが、最近は日本製が多い

根室には、北方領土やその近海からウニやカニを運んでいるのだろう







船の溶接作業をしている人を横目に、カップを片手にくつろいでいるところが何ともいえない

以前の根室は、ロシア人の立ち入り禁止区域だったので、こういう光景は一切見られなかった

今は、根室の街の中をロシア人と中国人の若い男女が歩いているのは日常的だ


それから、ロシア船が根室に入るようになって数年、中古車を満載して帰国していたが

ロシアの国内制度が変わってから中古車を積んで帰る船も見なくなった

マツモを食べてみた

何年か前、三陸地方出身の知人が実家から送ってきたといって「焼マツモ」なるものをくれた

食べてみると、ちょっとフノリに似た感じかなという記憶がある

調べてみると、一部の地域でしか採集されない希少食材で通っているようだ



先日、フノリを撮った写真の横にマツモらしきものが写っていた

調べてみるとドンピシャリ、根室にもマツモがあることが分かった

しかも、この近辺では羅臼漁協以外は共同漁業権を設定していない

ということは、マツモは食べ放題なのである


22日の月曜日、潮まわりを見て近くの岩場に行ってみた






フノリが生えた岩はイガグリ坊主みたいだが、マツモは茶髪のお姉ちゃんみたい

とりあえず、一掴み採ってきて試食してみることにした








ちょっと少ないようだが、これでも一家4人の味噌汁にして3回分はあるだろう

カミサンにお願いして早速味噌汁にしてもらった





(松の葉に似ているからマツモというらしい)



火を通すとキレイな緑色に変わった

味はというと、磯の香りがほんのりとして、モズクのようにツルツルした感じで中々にウマイ

味噌汁のほかにも三杯酢でも相当いけるはず

残ったマツモは乾燥し、ストーブで軽く炙って焼マツモにした

これで、いつでも味噌汁にできる



こんなに美味しいのなら、もっとたくさん採って物々交換のネタにしなければ、と思った



それにしても、最近は海草ネタが続いてしまって申し訳ない

オフ会で交換会

○ハンでのオフ会はわずか30分の逢瀬だった

半額の昼食を摂りながら取り引きをしたのはこれ





根室大喜製造の極上品「汐ウニ」と試作品「蛸ウニ」

二品の味の評価を依頼された

責任は重大である




早速、アツアツのご飯に乗っけていただいた

右側が蛸ウニで左が汐ウニ

汐ウニの熟成したまったりとした味、いいんでしょうかこんな美味しいものを頂いて

試作品蛸ウニは、蛸の頭を刻んだものが入っていて、その歯切れとウニの旨味が渾然一体となって、ああ・・


残酷だが、記事はここで終わるのだ

ワハハ ウマカッタ

お彼岸と小さな春

今日は全国的に春分の日、お彼岸である

北海道内は強烈な春一番が吹き荒れ、各所で大きな被害を出したようだ



我が家では、今日の悪天候を予想し、墓参りは昨日済ました

ちなみに、骨堂は今日行ったけどね







春分とはいっても、お墓の前はまだ雪だらけ

それでも、春の訪れはもう間近





雪を突き破ってフキノトウが芽を出し始めた

○ハンでオフ会

今日は根室在住の神戸人ブロガー大喜さんとのオフ会を行った

場所は、パチンコ○ハン

に付属する「ごはんどき」という食堂なのだ

しかも今日から3日間、全品半額なのだ

生粋の根室人である自分よりも、足どり軽やかな神戸人の方が意外な穴場を知っていたりする





店に入って、調理主任の女性がブロガーとのことを聞き、ナルホドと納得しながら

何を食べようかと迷った





品数も多く、半額だから高そうなものを頼もうか、初めてのものを頼もうかずい分逡巡した



さて、今日のオフ会は半額の昼メシを食べることではない、これはこれで楽しみの一つではあるが

それは、ある取り引きをすること

ワシからは根室前浜産フノリとギンナンソウの乾燥品

大喜さんからは北方領土産エゾバフンウニを使った最高級「塩ウニ」と新製品「蛸ウニ」

交換レートが違い過ぎるってか

傍目にはそう見えるが、これら海草を製品に仕上げるまでの手間はものすごい

特にギンナンソウは可食部だけにするため、全草の2/3が廃棄されるのだ

(大喜さんのギンナンソウ味噌汁の記事 http://blogs.yahoo.co.jp/nemurohishidaidaiki/24544893.html



そうこうしているうちに注文の料理ができあがった

大喜さんはキツネウドン&ミニ丼セット320円





ここのウドンは関西風で美味しいと神戸人が言うのだから間違いない、一度食してみなければならない


ワシは、フライ定食420円





出来立てアツアツで大変美味しくいただきました

それにしても、あと2日間半額である、さらに他のものも食べて見なければならぬと考えているが

いつどのような時期に半額をやるのか、どうやって情報を手に入れるかが目下の課題である



それで、汐ウニと蛸ウニの味であるが

いっぺんに書くのはもったいないので日を改めて紹介することにしよう

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ