FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

明照高校と根室幼稚園

最近、市内の古い建物が次々と姿を消している

気が付いたら無くなっていることが多い



そんなことから、この建物は記録に残しておかなければならないと思ったのがこれ

かつて、根室唯一の私立高校「明照高校」






昭和45年頃に教員の労働組合との対立で突如廃校になり

生徒達が途中で放り出されて大騒ぎになったとのこと

そのために、根室西高等学校が市立で急遽開校になり、その後北海道に移管になった






この建物は、その後幼稚園として使われ、数年前に廃園となり今では廃墟化している









廃墟と言っても寺の付属施設なので、管理はしっかりしていて侵入することはできない

それでも、寺の境内は出入り自由なので、窓から中を覗くことはできる

覗いた写真は、また日を改めて紹介しよう
スポンサーサイト

ミズナラの風衝林

根室半島を北回りで納沙布方向に数キロメートル進むと、右手にミズナラの林が見えてくる

車を止めてよく見て欲しい

枝が全て一方向にたなびいている













この林が根室市の文化財として指定されている「ミズナラ風衝林」である



何故一方向にたなびいているかというと

理由は簡単、冬に海から吹き付ける強烈な北西の卓越風が樹形をこのようにしてしまう

夏場に、北西側に新枝が出たとしても、多分冬の間にもぎ取られてしまうのだろう



風下にしか成長できないのでは?と思うかもしれないが

樹の成長期は夏場、北西の卓越風が吹かない時期なので全方向に枝が出る

だから、成長期と卓越風はあまり関係ない



この特異な風景、文化財に指定される前から好きだった

今から30年前の高校生の美術の授業で、シルクスクリーンで年賀状を作った

その時に自分が意匠したのが冬のミズナラ風衝木だった

根室湾と夜景

いつも根室湾の向こうに明かりが見える

日中は、あまり気になるほどに存在感はないのに

夜になると、明かりが灯って急に興味をそそる







そして、目の前の海が急に小さくなったような感覚に囚われるのか自分だけなのか

嵐の前の静けさ・・・か?

今日は、久しぶりに温かったような気がした

お天道様のありがたみを感じることができた一日だった

それでも、昼1時の気温は8.8℃、体が寒さに慣れきっている







今日は朝から、知床連山や国後の嶺々が洋上にくっきりと浮かんだ

その美しさは息を飲むほどだった






明後日から天気が崩れるので、その前触れだろうか

根室大喜

昨日は、根室在住のブロガー大喜さんと山の中でミズバショウの花園でデートしたことを書いた

そうしたら、大喜さんはワシのブログにリンクを張ってくれた

そういうわけで、今日は久々にたくさんの方の訪問を頂いた

嬉しいです




さて、昨日は貴重な山菜場所に採りに連れて行ってあげたら、開発中の試作品をいただいた

それは、超高級食材エゾバフンウニとその他根室の海の幸をふんだんに使ったフリカケ






この中で、根室産以外の材料はノリ、塩くらいか

一家でアツアツご飯に降りかけていただきました

湯気とともに、鼻腔をくすぐる海の香り

確かにウニの味と香りがする

塩味も抑え気味で上品で優しい味に仕上がっている

グルタミン酸ナトリウムのベタッとした味は全くない、多分そういうのは使っていないのだろう

抹茶を加え、塩をさらに加えるとお茶漬けでも美味しそうだ


勝手に命名しよう  「ウニ入り 根室の海まるごとふりかけ」

プチ高級路線でいけるかも

今日もアイヌネギを求めて

今の時期はこれしかないでしょ

道路を走っていても、あちらこちらに車が止まっているから、皆考えることは同じ

いかに他人の知らない自分だけの楽園を見つけるかにかかっている



さて、今日は根室在住のブロガー大喜さんとアイヌネギ採りオフ会

誰もいない山の中で二人っきりの時間を過ごした






それにしても、寒い日が続いている

アイヌネギが1週間前と比べてあまり変化していない

例年は水芭蕉が一面の湿地帯もご覧のとおり






淋しい限りである

その代りと言っては何だが、いまだ福寿草が元気に咲いている






今日は、生のアイヌネギをバター焼に






バターに塩コショウ、最後に醤油をちょっとたらして焦し醤油風味をつけるとご飯が進みます

この時期だけの新鮮な味、とっても美味しくてもっと食べたいけど

明日は仕事なので、ホドホドにした

スクーターが新車になった

体重80㎏のワシを野山に浜に、縦横無尽に運んでくれる80ccのホンダリードが

製造後24年目にして新車になった








メーターが一回りしただけです

つまらんことを書いてスミマセン



お詫びに、雄大な太平洋をご覧に入れます



                   (写真の右下の虫眼鏡をクリックすると大きくなります)


水平線が丸く見えるのは、地球の丸みです

ウソ、ワイのカメラは上下左右の端に行くほど歪が大きくなる

逆に、これを利用して写真を撮ると面白いです

落石で落角(らっかく)

落石(オチイシ)に滝の写真を撮りに行く途中








雄大な草原と、水平線を眺めながら歩いていると

視界に良い落し物が飛び込んできた







エゾシカの角だ、自分の26cmの足と比較しても良く分かる

足のおよそ3倍はある大きな角だ



エゾシカの角を見つけたのは何年ぶりだろうか

都合5本拾っているが、手元に残っているのは今回のを含め2本だ

3本は甥っ子や友達にくれてやった



この時期、オスジカたちは一斉に角を落とす

いままで威厳に満ち堂々としていたオス達が、この時期はちょっと自信なさげに見える



最近は、エゾシカが増えすぎて落とす角も相当な数だろう

縄文時代までは、石器を作ったり釣り針にしたりと便利につかわれた角も

牧草畑に落ちたまま拾われずにいると

やがて牧草に隠れ、採草の季節になるとトラクターのタイヤに突き刺さり

巨大なタイヤをパンクさせる厄介ものだ



でも、牧草畑の角は見つけやすい

牧草畑に新芽が出揃い緑に変わると、遠くからでも角を見つけることができる

今年は、本家の牧草畑にいって角を探してみよう

落石三滝

落石と書いてオチイシと読む

根室半島の付け根の南側にある、漁業を主体とする集落だ



この落石のちょっと手前、浜松に根室で最も名の通った滝がある

その名は「カメヤの滝」







名前の由来は、この滝の横にカメヤさんが住んでいたから

今の時期、雪融け水があるため最も勢いがある



次の滝は、カメヤの滝の通り過ぎ浜松パス(フットパス)を落石の方に歩くと、やがて崖を登り台地上に出る

その上がったとこから順路を外れ海岸の断崖の方向に進むと見えるのがこの滝






岩肌を水が流れ落ちるちょっと傾斜のある滝だ

名前は知らない



最後は、浜松パスを落石の方から入ると、小さな川が海の方に流れている

この川の落ち口も滝になっている

名前は「落石中学校の滝」と勝手に呼んでいる






この滝は水量が結構あるから、正面から見るともっと凄いと思う







でも、足元がこんな感じの断崖の上から撮っていて、横方向からしか撮れないので

イマイチ迫力に欠けるかも


滝の落ち口のところまで行って上から撮ってみた






これ以上は身を乗り出すことはできん、カンベンしてくれ



根室は低い台地だから滝は無いと思っている人が多いが

落石方面には、結構あるのだ

地図を見る限り落石灯台の近辺にもう2つ3つありそうな感じがする

白樺の樹液

日曜日に知り合いから素敵なものを頂いた

この時期限定、北の森の雫「白樺の樹液」だ






春になって、水を吸い上げ出した白樺に小さな穴を開け、息吹のおすそ分けをいただく

自分ではまだ採集したことはないが、一度はやってみたい

まあ、根室だとシラカンバもダケカンバも白樺だから、いただいたのはどっちの樹液かわからない



さて、樹液はどうするかというと

そのまま飲む

樹液だから粘りがあると思うが、まるで水である

感じるか感じないか、ギリギリの甘味があり

喉を過ぎる時、ふっと森の香りがするような気がする

ミネラルウォーターとも違う、森の木の「生きた水」である

水道水と飲み比べると、その差は歴然だ



白樺は特徴的な樹皮から、どんな素人でも判別可能だ

でも、自分が是非採集してみたいのがカエデの樹液

噂によると、シラカバよりも甘いらしい

カナダではサトウカエデの樹液を煮詰めてメープルシロップにするくらいだから

他のカエデもきっと甘いに違いない



でも、葉のない春のカエデをどうやって見つけるか

やっぱり、夏のうちから目星をつけておくしかないだろう

かたき討ち

山の中を歩いていて、何が嫌かというと虫とイラクサの攻撃である

まあ、イラクサの側から積極的に攻撃を仕掛けてくることは絶対無いのだが

密かに生えている藪の中に無用心に侵入し、痛い目に遭うのが山歩きの常である



名前はイラクサだが、根室ではカイグサと言う人が多い

葉や茎に微細な針を持ち、触れると皮下にヒスタミンを注入する

針の刺さったところが、赤い点々になり

痺れるような痛みが30分くらい続くこともある



イラクサの漢名は蕁麻(ジンマ)、蕁麻疹はイラクサに刺された状態から付いた名か?


さて、今時期のイラクサはこんな姿をしている






このイラクサの新芽、実はとても美味しい

「何、カイグサを喰わなきゃならないほど困っているのか?」とは言われたくない

すき好んで採って喰っているのだから






日曜日に採ったアイヌネギとイラクサ、ナイフは山菜専用と化したガーバーのトラウトアンドバード

山菜採りには最高に使いやすいナイフだ



採ったイラクサとアイヌネギ、そしてクレソンを天ぷらにした






今回は、どうしても喰いたいので自分で揚げた、だから見栄えは悪い

二人の息子は山菜の天ぷらが大好きで争って食べるのだが、この3種の中で一番先に無くなるのは

何とイラクサの天ぷらなのである

イラクサのかたきを討つのはこの時期だけ

春のイラクサをタップリ堪能し、夏のイラクサのかたきを討つ


最後に、本にもよるがこの時期のイラクサは手で触っても痛くないと書かれている

しかし、女、子どもの皮膚の薄い手に対しては、十分な攻撃力を持つので注意していただきたい

採るには、軍手が必要だと思う



追伸

4月も下旬だというのに、また雪が降ってきました

山菜たちが雪の下に埋もれるのが心配です



アイヌネギ ギョウジャニンニク

根室に春が来たといっても、まだまだこんなところが普通にある






それでも、待ちに待ったアイヌネギの季節がいよいよ到来した





春は、川の岸や南向きの斜面からやって来る

今はそういう場所が採集の中心だが、1週間もすればどこでも採れるようになるだろう







自分としては、先っちょに、ちょっと緑の葉が見える程度に成長したのが大好きだ






取れたては、バター焼や天ぷらにして食べるが、保存用にはさっと湯がいて冷凍する

そうすれば、1年中楽しめるのだ

冷凍物は、醤油漬け、ギョウザ、焼肉の薬味など何にでも合う






それにしても、こいつの強烈なニンニク臭は、小便まで臭くなる

アイヌネギを思いっきり楽しむなら休日前夜、そうでなければ職場で皆に迷惑をかける

この時期良く聞かれる会話「食べたっしょ?」「分かる?」



ちなみに、自分はギョウジャニンニクをアイヌネギと呼ぶ、根室ではこの呼び方の方が通っている

でも、死んだ本家の婆ちゃんは、本家の山にこれを採りに行くと「ボクサ採りか」と言っていた

おそらく、根室の東梅付近に居たアイヌの人たちがそう呼んでいたのだろう

ある本にはアイヌ語でプクサと書いてあったから、ボクサは聞き違いか地方による発音の変化だろう

オランダガラシ ウォータークレス

簡単に言えばクレソン

そう、ステーキの横にちょこっと載っている葉っぱである

明治の初めに日本に入ってきて、今やどこにでもある外来植物である









清流を好むかというと、そうでもなく

だから日本中津々浦々に広がったのだろう

でも、採って食べるならきれいな湧き水に生育するのを採りたい






自分は西洋式毛ばり釣りをするので、あちらこちらで見かける

西別川の源流部は、一面クレソンの絨毯になっている

採って食べるなら丁度今、7月に花が咲くと固くなる






生食すれば、名前の由来の辛味や香気を思う存分楽しめるだろうが

如何せん、エキノコックス汚染地帯に住む我々は、山のものは火を通して食べざるを得ない

それでも、ヒタシや味噌汁が結構いける

息子が好きなのは、クレソンの天ぷら

これは、そのうち詳しく紹介しよう

北の空にも鯉のぼり

今日も朝から寒かった

調べてみると、早朝の気温が-2.2℃

日中の最高気温が6.8℃で寒い日が続いている



寒い中、ようやく重い腰を上げて鯉のぼりの竿を立てた






矢車は無い、とうの昔に飛散してしまった

今日は旧暦の3月4日

弥生の空に泳ぐ鯉のぼりは清々しい



我が家に、この鯉のぼりが揚がってからちょうど10年目

そして、来年からは多分揚がることはないだろう

来年は下の息子も中学生になる

希望のたまご

根室在住の神戸人ブロガー大喜さんが、希望の家経営の「喫茶のびのび」をよく利用しているらしい

そして先日も、「喫茶のびのび」が第2・第4水曜に市役所で弁当の移動販売をしていると紹介していた



実は、自分もその販売しているところに出くわしていたのだ

時は12時30分で、昼休みも終盤だったから弁当はすでに無かった

自分は、残っていたアーモンドクッキーを買った



さて、ここから先は詩人になる


君たちの名は「希望のたまご」

値段は100円

量は少ない






一粒口に入れてみると

サクサクと心地よい

アーモンドの余韻をたなびかせ

口の中から消えていく



あまりの美味しさに

子にも嫁にも食べさせたい






でも気付いてみると

透明の袋の中の君たちは

僕の胃袋に消えている

街中にも春が

今日は失敗した

今朝、小型サケマス漁船が「一斉」に出漁した

去年は、しっかりとその雄姿を写真と動画に収めたけど

昨日のうちに「低気圧の影響が残るので風待ち五月雨出漁」との情報が流れた

そうしたら、朝の5時過ぎ「一斉」に出てしまった



さて、昨日の強風は広尾町で瞬間最大風速40mを突破したそうな

根室も相当風が強かったけども、そこまでヒドくなかった

そうしたら、今日は一転、風もおさまりサケマス漁船に裏をかかれてしまった次第である



天気も良いので、昼休みにちょっと街中を歩いてみると






絵に描いたようなフキノトウ、写真のものは食べるには適期を過ぎているが

まだまだ蕾があちこちで顔を見せている



空き地には






フクジュソウがいっぱい咲いている






近寄ってみると、陽をうけてまるで地上に落ちた太陽のように咲き誇っている

風が強かった

強烈な低気圧が通過して、各地に被害をもたらした

我が家でも、唯一嫁が低気圧の被害に遭い

一日中ジェットコースターに乗っているようで、平衡感覚が狂いっぱなしだと言っていた



根室湾では久しぶりに海にウサギが跳んだ






昔から、強風で海に白い波が立つと「ウサギが跳ぶ」と言い、漁船は沖止めとなる

単発ではあるが、根室を舞台に「うさぎ跳ぶ海」というテレビドラマも制作されたことがある


途中、空が暗くなって物凄い勢いで雪と霰が降ったが、10分もすると陽が射しあっという間に消えていった

夕方、西日が射し始めると、阿寒の山の方角が素晴らしい光の加減に

つい見とれてしまった




図書館にて

こんな、日本一東の果ての街でも、市民の知識の泉「図書館」がある

人口が3万人を割ってしまったが、図書館は少なくなった市民の利用の掘り起こしを必死に行っている



昨年から、図書情報を電算化して、4月から貸し出しにかかる時間が短縮された

また、以前はカードから探していた図書も、情報端末から誰でも検索できるようになった

ますます、利便性が高くなった



さて、そんな図書館で久しぶりに見たもの






根室唯一の無料誌next17号だ

以前は、伊澤書店で良く貰っていたが、廃業してからは見ることがなかった

図書館に置いてあるとは知らなかった






無料誌であるので、内容は好みの問題だからとやかく言うつもりはない

それにしても、17号も続けて出すなんて大変な努力だと思う

これからも頑張ってもらいたい



そして、とうとう図書館にも山内惠介君の「風蓮湖」が登場した






一度じっくり聞いてみたいと思う人にはオススメ

気に入ったら、しっかり買って応援しよう

まだまだ寒いです

さすがに、氷点下になることはなくなったが、それでも寒く風の強い日が続いている








桂木の浜まで行ってみたが、まだまだ寂寞としている






あと、ひと月もするとこの砂丘もハマボウフウ採りの人たちで賑わうのだろう


帰る道すがら、南部沼の横を通ると







岸から氷が解け始め、開いた水面で北帰行の途中の白鳥が羽をやすめていた

背景の廃墟は、何年か前に故藤田まこと氏がロケを行った場所だ

ニューかおり にて

嫁が2月~3月の2ヶ月間、税務署のパートに行った

確定申告で忙しい期間の臨時雇いだ


今日は、その時知り合った仲間との打ち上げだった

村さ来に行ったので、残された男衆三人で何を食おうかと考えていたら

ニューかおりのお食事券2千円分があるというので、行くことにした


ワシはもちろんスタミナライス、しかも目玉焼ではなく生卵かけにした






どう?おいしそうでしょう、これがスタミナライスの本家本元、オリジナルです

大量の野菜イタメの下にはトンカツが潜んでいて

玉子と野菜とトンカツが絶妙のハーモニーを奏でるのです



息子はハンバーグピラフをとった






通いなれている人はハンピラと呼ぶ

いずれも、根室特有のワンプレート料理

特に、最近スタミナライスの注目度があがっている

エスカロップに続くB級グルメである



そう、気が付きました?

男衆3人なのに、料理は二人分

高校生の長男は、ニューかおりのアルバイトに知っている高校生が何人もいるので行きたくないと

自宅で残りメシを食したようです

むつかしいお年頃のようです

磯の春

今日も、強い北風が吹いている

四月だって言うのに、通勤途中のネコヤナギは成長を止めたまま



でも、根室の磯にはしっかりと春の気配が











海藻が、どんどん成長している

今回は、前回でしっかり味をしめたので、本格的にマツモを狙ってみた






いとも簡単に、大量のマツモをとることができた


潮溜まりを観察してみると

彩り豊かで、生命の息吹に満ちあふれている









良く見ると、大きなエゾバフンウニが2個並んでいた




初めての登校

昨日は入学式、1年生も初めて登校する日だ

内地の小学生は、きっと桜吹雪の下を登校しているのだろう


ところが、根室の小学1年生は








本物の吹雪の下、初登校となってしまった

ちなみに、黄色のランドセルカバーが新一年生の目印なのだ

久しぶりの浜あるき

スクーターに乗れる季節になった

日曜日は快晴、家でじっとしているのはもったいないので、久しぶりに浜まで行ってきた






天気は最高、でも気温は低かった

快適にスクーターを走らせるにはまだまだ早い




浜に着いて何か面白いもの、収蔵品に加えるものはないかと目を凝らしたが・・・






すると、防潮堤の切れ目部分にある流木の枝に「くまのプーさん」がいた

誰かが引っ掛けたのか、それとも偶然か






そして、プーさんの近くには、うまい具合に熊印のウォッカの瓶が転がっていた

根室は、北方領土が近いせいか、ウォッカの空き瓶の漂着が多い




話は変わるが、このブログを編集するブラウザはFireFoxを使っているが

かんたんモードで作ると、InternetExplorerで表示するとグチャグチャに崩れている
ので驚いた

それで、今日からWikiモードで編集することにした

あんくる&チボリにて

春は、お別れの季節です とか言う歌があったが

ワシの職場でも、送別会とか歓迎会がある


このたび、初めての試みとして、日専連ビルに入っているレストラン「あんくる&チボリ」を使ってみた

市会議員をやっている方がオーナー兼シェフで

元々はステーキハウス「チボリ」と、居酒屋「あんくるテル」の2店を経営していたものを一つにした

このレストランは大きな宴会部屋を持っていないが、入居するビル2階の会議室が空いているときは宴会場として使えるとのこと

宴会が始まる時点で、テーブルには料理が3種類のっていた

それが、宴会が始まると次々に運ばれてくる




ローストチキン














ローストビーフ















ビーフストロガノフ















モッツアレラチーズタップリの
シーフードピザ














ニンニクのきいたパスタ














居酒屋風に
生干コマイの焼いたのと
生干カスベの焼いたの











このほかに、ポテトとウインナーの盛り合わせとシーフードサラダが付いたのに写真を撮るのを忘れた

とにかく、タップリの料理と酒何でも飲み放題で何と一人5,000円ポッキリ

どちらかと言うと若者向け料理が主流だが、飲み放題でこれだけ出るとかなり豊かな気持ちになる


ちなみにこのお店、4人以上なら3,500円から飲み放題付きお任せコースをやっている

今度は、家族で行ってみようと考えている。

春だ!

いよいよ根室も春めいて、道路の雪もすっかり無くなった

というわけで、冬の4ヶ月間眠っていたスクーターを引っ張り出した








視認性と足元の防風性を高めるため、横に黄色いプラスチック風防を足している

ちなみに、ダ○ソーで買ったプラスチック板を加工した自作品だ



街中には、あちこちフキノトウが芽吹いて、生命の息吹を感じる

桜はどうかというと












ごらんの状態だ

まだ蕾みも硬く小さい
   
根室で桜が満開になるのは後1ヶ月と20日(勝手な予想)

スタミナライス

根室と言えばエスカロップ

筍入りバターライスの上にトンカツが載り、ドミグラスソースがかかっている

とても美味しい根室特有のワンプレート洋食である

最近は、根室までわざわざ食べに来る人がいるほど有名になったB級グルメ

しかし、このエスカロップはバターライスとトンカツだから、中年後期の自分には負担が大きく

最近は食指が動かない



それに代わって、大好きな洋食の一番になったのがスタミナライス

白飯にトンカツが乗り、その上に大量の野菜イタメと目玉焼が乗っている


























これは、イチオシの「ニューかおり」のスタミナライス

カツはエビフライに、目玉焼きを生卵への変更も可だ



その、スタミナライスが今回「秘密のケンミンSHOW」に取り上げられる

市内各所で取材をしているとのこと

その知らせを聞いた日、丁度市役所の食堂で取材するとのことで、野次馬根性ムキ出しに駆けつけた


























それにしても、市役所の食堂にもスタミナライスがあるとは知らなかった

新旧交代

広大な北海道本島をを管轄する北海道庁は、北海道を14に分割し管轄する支庁制度をとってきた

支庁の呼び名は1872年(明治5年)に始まり、現在の14支庁とほぼ同じ形となったのが1910年(明治43年)である


これが、本日をもって9つの総合振興局と5つの振興局に変わった

実に一世紀も続いた制度が終焉し、新しい時代が始まったのである


今朝、通勤途中にマルシェの横の歩道を歩いていると、支庁の正門前にカメラを持った人がたくさんいた

ナンダなんだと思って見ていると

















































新しい北海道の歴史が始まる瞬間に遭遇できたのだ




かつて、北海道を三県に分割した時代があった

1882年北海道開拓使が廃止され、札幌県、函館県、そして根室県の三県となった

これを廃使置県という

この時代は1886年までの約4年間続き、この間、根室市には根室県庁が置かれ

現在の、釧路総合振興局、オホーツク総合振興局、根室振興局と全千島を管轄していた

でも、当時の北海道の全人口27万人のうち、たった1万7千人しかいなかったため

人口の不均衡の解消や、県として機能していなかったことから廃止され、北海道庁に統合された

これを廃県置庁という

ちなみに、県時代も内地と違って県議会や郡役所が正式に置かれていた訳ではないから

本当の県とは言いがたいのかもしれない

それから、当時の根室県庁舎は、札幌市の中島公園にある豊平館と同じ設計だったと言われている



























それがかつての管轄地、釧路よりも格下の振興局だから実に寂しい

北方領土が返ってきたら、全市民を揚げて巻きかえさなければと思っている

| ホーム |


 ホーム