FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

根室のサンマは日本一

とうとう早起きして、サンマの水揚げの活気を感じてきた

例年に比べて、高温の気候が続いているせいか、海水温も高いみたいで

サンマの魚場が形成されていないようだ

したがって、例を見ないほどサンマの水揚げが少なく、お値段も高い



いつもだと、大型船が帰港する季節になると、サンマがどことなくまわってくる

「サンマたべる?」と電話が来るが、この食べる?の裏には

「食べ飽きたでしょ?でも大量にいただいてどうにも始末が大変だから貰っていただけない?」

の意味が込められている


でも、今年に限って言えばどこからも電話も来ないし、突然サンマを持った客が来るということは全く無い!

早く、脂の乗ったサンマを腹いっぱい食べた~い


それでは、まだ本格的ではないが水揚げに活気付く花咲港を紹介しよう







正直、この時間帯に岸壁をうろうろしていると轢き殺されます








水揚げされたサンマはとても大切に扱われています

昔のように、岸壁に大量にこぼれ落ちて鳥の餌といった事態には遭遇しませんでした


イベシマルのおじさんと携帯の番号を交換しておけば良かった、と悔やんでいます





スポンサーサイト



555回記念 気まぐれツーリング 二の巻

昨日の続きです

姉別を発って農道をひたすら北へ進みます

やがて道路は国道44号線と交差、姉別小学校の脇を通りそのまま北上します

農道は車一台とおらず単調に続いていきます

走っている道の北側に流れる風蓮川、何とかここを渡って別海町に入りたいのです





すると目の前に分岐店の標識が、東円朱別に向けて右折し北上します

やがて道路は道々123号線に合流、実はこの時点で、どこを走っているか皆目検討がついていません

それでも道路脇に「別海町●●km」と出ているのを見てホッと一安心

しばらくすると、前方左手に超チョー大好きな廃屋らしきものが見えてきました




よだれが出そうなほど素敵な廃屋です、詳しいことは後日に書くとして

どんどん北上すると、交差する道路と行き先の表示が見えてきました





直進しようかなと思いましたが、腹が減っているので奥行臼の旧駅舎で昼食を摂ろうと思い右折

再度の農道があんまり単調すぎて眠気が襲ってきます

飯を食べたら少し仮眠しようと叱咤しながら先を急ぎます

すると、なんか見た事がある大きな道路に出ました

国道243号線です

しかも奥行臼から大ぶん根室側に出てしまいました

戻るのも億劫なので、根室に向かって走ることにしました





途中、再度農道に入りバイクを停め、眼前に広がる根釧台地の雄大な景色を眺めながら昼食

雨がパラついてきたので、あわてて撤収し根室まで直行しました




根室の入り口のセルフオカモトでガソリンを満タンに

総行程139kmでしたから、3.66リットルで割ると、燃料消費率は約38km/Lでした

ガソリンも満タン、心も満タンで月曜から仕事を頑張るぞの気持ちになり今回の旅は終了です



http://i.yimg.jp/images/autos/g/drive/components/blogparts/v1/YahooAutoRoutePlayerBlog.swf?setupServices=http://bp.drive.yahoo.co.jp/DriveRouteGateway/V1/setupBlogparts&mapxml=http://bp.drive.yahoo.co.jp/DriveRouteGateway/V1/map.xml&ydrive_rid=RTh1w55_jWOJN6MlRN1A--&playSpeed=4&mode=map&ydrive_pm=2&ydrive_psm=4&flashApi=http://i.yimg.jp/images/autos/g/drive/components/api/blogparts/v1/default/&ydrive_pro=0


おしまい

555回記念 気まぐれツーリング 一の巻

今日は朝から家の周りの草刈り

刈払い機で一気に刈って、セコセコと草集め

終わってみると汗ドップリ

シャワーを浴びてスッキリしたところで、アイスコーシーをグビグビ

ホッとして時計を見るとまだ10時20分

先週、スクーターのタイヤを角のある冬タイヤから丸い夏タイヤに変えたけど、曲がる時の感覚がつかめない

ヒマだし、新しいタイヤに馴れるために遠乗りを決め込んだ






ヒシサンセルフでガスも満タン、セイコーマートで昼飯も仕入れたしイザ出発





太平洋シーサイドラインを西進、落石(オチイシ)で右折、霧多布(キリタップ)方向へ

目標は、霧多布湿原に決定! 脳足りんなワシの行き先は行き当たりばったりなのだ





途中、陽が射してくると道路には逃げ水が、夏らしい雰囲気がまだまだで走っていて気持ち良いです







さらに西に向かって進むと、右手に貰人(もらいと)小学校が見えてきました




この学校は、今年の3月に104年の歴史に幕を閉じ閉校となりました

窓からちょっと覗いてみました




子どもたちの声が聞こえることのない児童玄関




静まりかえった職員室



行事予定表は3月で時間が止まりました

何故か、児童在籍表だけが4月1日に、きっと引越しとかで最後に校舎に入った先生が書いたのでしょう

その痛切な気持ちが伝わってきます




校長室のようです

もう主が座ることはありません






海霧が出てきました、気温も下がってきました

霧多布湿原はきっと霧の中でしょう

行き当たりばったりの旅はここで予定を変更して右折、内陸に入ります





姉別(あねべつ)に続くこの道は初めて走ります

海霧は内陸まで入ってきていません、視界が開けて道東らしい景色が続きます


姉別に入りました




こじんまりとしていますが、清潔な集落です





姉別南小中学校です

この学校は健在ですが校舎は廃校の方が新しいのは皮肉です





姉別の集会所の前に大きな看板がありました

浜中町はルパン三世を描いたモンキーパンチの故郷です

町興しの一巻でしょうか、各所でモンキーパンチのイラストを見ることができます


http://i.yimg.jp/images/autos/g/drive/components/blogparts/v1/YahooAutoRoutePlayerBlog.swf?setupServices=http://bp.drive.yahoo.co.jp/DriveRouteGateway/V1/setupBlogparts&mapxml=http://bp.drive.yahoo.co.jp/DriveRouteGateway/V1/map.xml&ydrive_rid=RTgX0zpDXWOJO8CtZWLw--&playSpeed=4&mode=map&ydrive_pm=2&ydrive_psm=4&flashApi=http://i.yimg.jp/images/autos/g/drive/components/api/blogparts/v1/default/&ydrive_pro=0


(つづく)

自衛隊基地に侵入

今日は、町内会の防災祭り

根室は30年以内に大きな地震の来る確率が60%を超えている

地域での防災意識を高めて、普段から心構えをしておく必要がある

とは言え、名前に「祭」を冠している以上お楽しみはある




町内会の懇親会を兼ねているので、根室名物焼肉バーベキューを実施

老いも若きもタラフク飲み食いした

バーベキューの差配は全て自分、はー疲れた



さてさて、昼からは予ねてより侵入を目論んでいた自衛隊基地に突入




侵入者を防ぐための鉄条網が張り巡らされている

どうやって入るか




ジャジャーン、基地創立55周年事業で一般開放してますがな

早速首からカメラをぶら下げ堂々と入場、一切お咎め無しです

中は、ご覧のとおり、特殊車両から武器まで陳列、写真も撮り放題です

まあ、撮られても差し支えの無いものばかり陳列してるのでしょうけど










適当に基地の中をぶらついていたら喉が渇いたので自販機でお買い物





おおっと、ここだけ浮世とは値段が大きく違う、市価の2/3ですぞ

皆さん、お買い物は自衛隊基地で


それから、お兄さんお父さんへプレゼント




深窓の令嬢、滅多に見ることができません

写真を撮らせてくださいというと、にっこり微笑んでくれました

だから、この写真だけ800ピクセルでご奉仕します



最後に、陸上自衛隊の偵察部隊のバイクチームによるドリルです

会場のアナウンスが拙いのが可愛くてよかったです オヤジ丸出し


bike drill team

再び吉田初三郎 その三 最終回




最後は歯舞群島と色丹島

全体はこうなっている




自分のバカ面は修正してある



地図を良く見せたいので、これだけ島毎に撮ってみた




先ずは根室半島、根室と歯舞の距離が異様に短い



さすが初三郎の超感覚だ、誰にも真似できない




これは水晶島






勇留島と秋勇留島





志発島と多楽島






最後は色丹島


これで、今回の初三郎はおしまい

今度は一人で落ち着いて鑑賞してきます

再び吉田初三郎 その二

昨日の記事を見直していて、内容ではなく写真に重大な欠陥があることに気が付いた

初三郎の国後島の画にワシのバカ面が映り込んでいる

あわてて、写真を修整して載せなおした


さて、今日は択捉島の鳥瞰図だ





切り抜いて拡大したから品質は最低、我慢してくださいな


次は大きな写真




これも大きくして見ることができます。

それにしても残念なのは、硝子の映り込みが激しいことだ

直接撮影できれば綺麗な写真でお見せできたのに

再び吉田初三郎 その一




納沙布岬の北方館の階段を下りていて気が付いた

大正の広重、特異な鳥瞰図を書き続けた日本画家吉田初三郎の画がここにもあった

階段の踊り場で踊り出しそうになったほど嬉しかった

(以前の初三郎の記事はhttp://blogs.yahoo.co.jp/osukuwa/22943553.html

しかも三枚もある

ということは3回分のネタになるわけだ



初回は国後島

題名は「北方地域鳥瞰図の内国後島」となっている

元々は1枚の画だったのか、それとも最初から分けて書いたのかは分からないが保存状態は良好





画は、硝子越しなため少し加工して発色を良くしている

硝子越しだから映り込みが激しいのが残念だし、本物かどうかも判別できないが

硝子付きの額装にするほどだからきっと本物だろう


画像は大きくなるのでごゆっくりとお楽しみください



スープカレー

札幌発祥で、有名になりつつあるスープカレー

根室でも美味しい店があるのです


ポスフールの2階のベルカント




イキナリここで食べて感動したのですが、実はここ以外食べたことがありません

比べたことは無いので偉そうなことは言えませんが、素晴らしく美味しいと思います

スープ状のカレーの辛さとコクの深さは、素人にはマネッコが難しいです

基本形は680円で、今回は卵半分の上乗せで価格も50円上乗せでした



納沙布岬にて

妹が帰っているので、久しぶりに納沙布に行ってみた

そこで対照的な施設が2箇所


1箇所目は、根室市観光物産センター

1階は物産館となっています、一応





1階の一部にこじんまりと根室産の土産類が置いてあります

物産センターにしては根室産品が少なくて、ついでにやっている感じを受けるのは私だけでしょうか

突き当りには、巨大トドやアザラシの剥製も置いてあります

トドやアザラシは特産品ではありませんが、根室の自然の一部です

多分、狙いはそこだと思います





2階は、根室の自然や見所を映像で紹介する空間となっておりますが




久しぶりに訪れて驚きました

最大の見世物7面マルチスクリーンは1面が写らず6面になっています

しかも3面は色焼けを起しています


その隣の3Dシアターも同じく色焼け、3Dグラスを掛けても立体的に見えませんでした




その他の映像ブースも故障中のオンパレード、まともに作動しているのは2台のみであります

平成12年に宝くじの益金で整備された、最新鋭施設は10年を経過し

陳腐化をとおり越し、あまりの姿に愕然とさせるものがあります

根室市最大の観光スポットの納沙布岬にあってこの状況

自治体の施設は、日本中にこういうのが増えているのではないでしょうか



一方の望郷の家+北方館は、北方領土返還運動の啓発施設です

建物は物産館より古いですが、北方領土返還運動はそれなりに充実しています




ここにはたくさんの望遠鏡がありますが、全てタダです

ここを訪れた人たちは、この望遠鏡で目の前の貝殻島灯台や水晶島を見て

心から「島を返せ」と心を沸き立たせて帰るのです

どこぞの観光地のように、ガチャンといって視界が真っ暗になることは決してありません

おまけに、ブラウン管に映し出す形式の望遠鏡まであります

北方四島に生息する動物達の剥製も展示されておりますが




物産センターの剥製と違い、表情に余裕が見られるのは単なる気のせいでしょうか









タイヤの空気漏れが激しい

ワシの大事なスクーター、ホンダのリードは今年で25歳

年季が入ってます


年季が入っているのは車体だけではなくタイヤも

4年前に動かないのを中古で買って、何とか自力で動かせるようにした

そのとき履いていたのがスパイクを抜いた冬タイヤ

ブロックパターンなので、スクータなのに山道に強く

釣りや山菜採りに重宝していました





ここ数日、後輪の空気漏れがひどくなり、毎朝空気を補充していました

後輪は、特に磨耗も激しいので、この際タイヤを交換しましょうかということになりまして

ヤフオクで一本1600円の格安中華タイヤを前後輪分購入しました





タイヤをホイールごと外して、足で踏んで外します




暑い中苦労して外しました

タイヤの劣化による空気漏れと思ったら、チューブレスのはずなのにチューブが出てきました





ということは、単なるパンク

空気を入れて水道水をかけました、白い筋が空気漏れの証拠です

外したタイヤの中を探ると



針金のような、業務用ホチキスのハリ?のようなものが刺さっていました

チューブの穴を塞いで、新品タイヤと一緒に組み込もうとしました

が、、人力では入りません

洗剤を付けて滑りを良くしても収まりません

汗だくになって、30分格闘してとうとうあきらめました

この後、前輪のタイヤ交換もあるですから

前輪も外して哀れな姿に





嫁に「盗まれないように見張ってくれ」と言ったら「誰が持っていくか、タイヤの無いバイクを!」と言われました



タイヤを自家用車に積んでガソリンスタンドに

「スミマセン、バイクのタイヤはできません」

それではと、ホンダプリモへ

今でこそホンダプリモの看板が上がってますが、昔はバイクがずらり並んでいました

できるか聞いてみると、出来ますとのこと





ということで夕方には新品タイヤがつきました

プロに払った金額は、前後合わせて3,150円

今回は、ついでにブレーキ周りもしっかりと自主点検

前ブレーキのパッドが磨耗気味につき、来期は新品に要交換です


はぁ、疲れた






| ホーム |


 ホーム  » 次のページ