FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

組合長賞

根室の歯舞漁業協同組合は、昔から先進的な取り組みをしていて

大きなマグロ船「はぼまい丸」を造って、大西洋までマグロを獲りに行ったり

最近では特産の昆布を使った「昆布醤油」は、各地に真似っこがたくさん出るほど売れました



さて、我が家では2年に1回の車検のために、この漁協の積み立て貯金を利用しています

毎月職場まで集金に来てくれますし、景品が当たるかも知れないとのことで

それが、今回とうとう当たりました





しかも、組合長賞です(この賞がどれくらいの順位かは知りませんが)

早速、箱を開けてみると





元祖昆布醤油に昆布八方つゆ、昆布そば5袋に昆布うどん5袋です

嫁さんもえらい喜んでいまして、自分もブログネタができて良かったです

スポンサーサイト



冬の準備が始まりました

今朝、職場に行く途中、下の息子が通う小学校の前を通りました

グランドを見ると・・・






スケートリンク用のパネルが設置してありました

とうとうこの季節が来てしまいました

あとは雪が降るのを待つだけです

雪が積もったら踏み固めてリンクの基盤にします

基盤の上に毎晩水をまき続け、厚さが10cmほどになると完成です

11年間続けたスケートリンク造成の手伝いも今年で終わりです

だって中学校は、スケート授業がないのでリンクは造りませんから

MACARON

巷で大人気のお菓子マカロン

最近、根室の菓子店でも良く見るようになった





我が家にも本日初登場、しらさき製のマカロンだ

5色あったみたいだが、写真に撮ったときには2色が子供たちの腹に納まっていた



マコロンとマカロンが違うのが初めて分かった日でもある

海岸の廃虚

海岸をさまよった日、ふと目に飛び込んできたのはこれ




崖の中腹に何やら廃墟がある

黙ってみている手はない、血が騒ぎだす

崖の上から近づいて降りてみた





小屋の中には2台のポンプが納まっている




入り口左側の窓からも見てみた

さらに海の方に回ってみると





小屋の外にはポンプに繋がったパイプが出ているが、そこから先はすでに失われている

海水をくみ上げるパイプが伸びていたと思う

金沢ミンクの飼料工場か近くの水産加工場で、加工用の海水をくみ上げていたものだ


海岸に下りる保守用の足場があったので降りてみようと思い見てみた






自分の体重がかかっても、多分大丈夫だと思うが

素手でこの足場を掴むのも面倒なので、今回はここで引き上げた



夜の沖がボーと明るい

街の中は初冬、見るべき花は菊などごく僅かである

それなのに、街中をスクーターで走っていると赤や桃色の花を付けた木が

違和感を感じて良く見てみると





何ということでしょう、枯れ木に造花のカーネーションが咲いていました

関係のない話はここまでにして



今、羅臼はスルメイカの空前の豊漁に沸いている

イカそうめんで有名な函館も不漁で、今年は一晩かけて一箱という状態だと報道されていた

ところが羅臼は、秋鮭定置網に鮭よりもイカの方が多い状態が続き

とうとう全道各地からイカ釣り船が集結し、100隻近くも賑わっている

それで、羅臼沖は連日漁火で煌々と照らされているとのこと


今日の帰り道、何となく根室海峡の方角の空が明るくなっているような気がした




こんな感じでしか撮れなかったが、写真の真ん中へんが微かに明るい

これが羅臼の漁火だ!と確信してしまいました

いやー、根室から羅臼岳は見えますが、水平線の影の漁火まで見えるとは驚きました



それから、二日前の記事で「日本100名城 根室半島チャシ跡群」と題して記事を書いたが

今日、全道紙「北海道新聞」の夕刊一面に偶然にも同様の記事が載りました

今回は完全にワシの勝利です

うれしいです、新聞の記事に先んじることができて




棚からボタモチならぬ・・・

ここ10日ばかし、風邪ひき後の咳が取れず、非常に難儀しております


そんなこんなで、強風の昨日の祝日は、家の中でジッとしておりました

一人パソコンでヒマをつぶしていたところ、午後3時ころ携帯に着信

根室在住のブロガー大喜さんからだ

「おめでとうございます、ウニが当たりました」

女社長がブログの企画として北方領土クイズをやった、その景品が当たったのだ

速攻で車を走らせウニ工場へ、寒風の中白いヤッケの女社長が待っておりました

天使のような女社長に感謝しつつ賞品を受け取り帰宅

袋を開けてみると




ジャジャーン、エゾバフンウニバラ詰250g一折、同じくウニ塩辛、ウニ+イカ塩辛

そして根室名物オランダせんべい本体1袋と同ミミ1袋と豪華な内容でした

根室人がこよなく愛するオランダせんべいのミミは、1時間後には完全に消滅していました


長男曰く「こないだもらって食べているんだから、根室以外の人に当たれば喜んだろうね」

正にそのとおり!


昨日の夕餉は、ウニのてんこ盛りゴハン




いやー旨かった

ウニのてんこ盛りをかっ込みながら長男が「やっぱりウチに当たって良かったわ」

君の言うとおり!


大喜さん、ごちそうさまでした

日本100名城 根室半島チャシ群




イキナリ航空写真なのだ

ズラリと並んだ屋根はミンク養殖場の飼育小屋、今はもうない

見て欲しいのは、海岸にある溝で囲まれた部分

これが日本100名城に選ばれている根室半島チャシ群の一つだ






説明は写真にお任せして

早速チャシに踏み入ってみた(別に立ち入り禁止とか、入場料が取られることはありません)




溝が走っているが、大分埋まっているので、そんなに深くはない

深さは腰くらいか

溝に囲まれたチャシの内部は





別段何もなく、だだの草薮になっている

掘れば何か出てくるかも知れないが、遺跡を掘ることはご法度だ





チャシの背後は崖地、砦なので背後から攻められることはない場所を選んでいる

空堀と柵で前面は防御していたのだろう


チャシは遺跡だから、勝手に破壊したり家を建ててはいけない

そのために境界杭が建てられている




この境界杭、もう少しで崖下に落ちてしまいそうだ

大分崖の侵食が進んでいるから、あと数年で姿を消すと思う



ちなみに、日本100名城のホームページはこちら

http://www7a.biglobe.ne.jp/~nihonjokaku/100meijo.html

スタンプラリーもやっているようだが、スタンプの設置箇所は

①根室市歴史と自然の資料館(花咲港) 月曜休館
②根室市観光インフォーメーションセンター(根室駅前) 土日休館





キナトイシ海岸

根室市西浜町10丁目の海岸をキナトイシと呼びます

ここに、わずかばかりの砂浜があります

根室湾側に現存する砂浜海岸は少なく、アオイガイが欲しくて打ち寄せがないか見に行ってみました





北海道の日本海側に相当打ちあがっている情報があり、根室も10年くらい前の

夏の暑かった年に結構打ちあがったのでもしやと思い行ってみましたが、結局一個もありませんでした



砂浜を戻る途中、朽ち果てた基礎が見えたので




近づいて確認しました

こんな砂浜の脇なのに、建物の上はヤマブドウの蔓がびっしり絡みあっています




砂浜にコンクリート製の基礎を据えて、小屋を建てたようです

今は、時化の時に波に洗われるような砂浜ですが、昔はもっと奥行きがあったのでしょう





上部構造物はすっかり朽ち果てて、倒れた柱の下には錆び付いた船外機が見えています

廃屋好きの自分としては、もっと早くに来て見たかったのですが

この場所は、道路からは陰になって見えにくいのです


さらに進むと「坂山」さんが横たわっていました




一体これは何なんでしょうか、非常に気になります

墓石ではなく、コンクリートの塊りに固まる前に字を書いたように見えます


さらに歩を進めると、直径10cmくらいの小ぶりのホタテがいっぱい




北風が強く吹いた数日前に打ちあがったのでしょう

中の貝柱は傷んでいますが、打ち上げ直後だったら美味しくいただけたでしょう

打ち上げ直後の貝類を拾得することについては、漁業権の侵害とか言われることもありますが

完全な満潮汀線の陸側に漁業権や漁業法を適用するのは、拡大解釈のし過ぎだと思います

いずれにしてもこの手の打ち上げ物は、定年退職後に思いっきり楽しもうと心に決めています






小学生の息子と釣りへ

昨日と今日は、この季節としては温かな日が続きました

下の息子は、友達がお父さんと釣りに行ったとかで、遊び相手がいなくて手持ちぶさたでした

どこかに連れて行こうかと聞くと、釣りに行きたいということで

海と川とどっちが良いか聞くと、友達がキャッチアンドリリースしたと言ったからそれが良いと

それで、結氷前のダムに




着いてすぐ、こんなアメマスが釣れました




息子もニッコリです




これは明らかに40cmオーバーの大物ですが、記念撮影する前に針から外れました

そうこうしているうちに、息子の竿にアタリが

大物のようで、満月のように竿が撓んでいます




息子は、大物の強烈な引きを楽しんでいます

そして、とうとう釣っちゃいました




大物をネットに収めてご満悦です


前、ダムで59.5cmの超大物ブラウンを釣った時、ランディングネットに収まらなかったので

それ以来、私のネットは特大なんですが




ご覧のとおり46cmもある大物

これはアメマスではなくサクラマスで、海から遡ってきたものです



魚は全て再放流して、息子の願いキャッチ&リリースはかなえられました

ワシも久しぶりに息子に遊んでもらって大満足です




ヤマレン

冬支度の資材を買いに行きました

ヒシサンホーマにしようかと迷いましたが、結局ヤマレンへ




一見、ホームセンターに見えるのですが、職人さん御用達の店なんです




ドロが付いた長靴で来るお客さんのために、店先には靴の洗い桶が用意されています

さあ、中に入ってみましょう

ちょっと、ホームセンターとは違います

建築資材、鉄工用資材、塗装用資材、土木用資材、そして船舶用資材などが置いてあります




上の白いのは漁網の修繕に使う網針(アバリ)で、その下は貝を剥くヘラです





魚市場や水産加工上で使うカギが、色々と取り揃えてあります





これは、船のエンジンに使う部品です

そして、こんなものも置いてあります




船の舷灯と船尾灯です

しかも、真鍮製なんですよコレ

こういうのが当然のように置いてあるのが根室らしいです

根室に来たらこの店覗いてみると楽しいと思います

ただし、職人さんのお休みの日曜日はこの店もお休みです


| ホーム |


 ホーム  » 次のページ