FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

よくぞ頑張った

冬の海は寒いです





吹きさらしの砂浜は、十分防寒対策をしていないと

あっと言う間に車中の人となってしまいます

その寒さたるや、打ち上がったホタテ貝が殻を閉じたまま冷凍されていたりします



さて、昨年はほとんど見ることができなかったガラス浮き

今年はボチボチ見つけることができます

先日見つけたのはこれ





MKカバーに包まれていますが、損傷が激しいです




きっと、波に打ち寄せられて何度も堤防のコンクリートにぶつかったのでしょう

良く割れずにいたと思います

この玉は正に「根性玉」だと思います



そうそう、33333人目の方、明日いっぱいで締め切りますので

是非名乗り出てください


スポンサーサイト



今日もスキー 三昧?

今朝も6時に起きて、温水プール駐車場でバスの人となりました

今日は、今年度1回目のバッヂテスト、ジュニアと一般と全級実施

自分は、ジュニアの4級受検班を引率しておりました




金山スキー場は天気も良好、絶好の眺めでした




午前中は斜里岳もクッキリとその雄姿を見せ付けていました






リフトの降り場からは雄大な根釧台地が見渡せます





午後からは、雪がちらつき武佐岳山頂がかすんできました



さて、金山スキー場といえばとても美味しいスキー場ラーメンが味わえます





これが絶品醤油ラーメンです

あまりの美味しさにソフトフォーカスで(本当は湯気でレンズが曇っただけ)



しかし、褒めてばかりではいられません

先週、ここで味噌ラーメンを味わいました、初めてです





写真でも良く表現できたと思います

醤油ラーメンと比べて冷徹な写し方をしてると思いませんか

醤油ラーメンは★★★★☆

味噌ラーメンは★☆☆☆☆、星一つは特別サービスです


こんなに差があるとは思いませんでした



サンマの缶詰

根室はサンマの水揚げ日本一

夏にから秋にかけ魚場が徐々に魚場が南下する

水揚げに便利な位置であることと

水産加工業者が大量に受け入れることができる体勢をとっていることがある



さて、お隣北方領土のロシア人さんたちも目の前の良質のサンマを見逃す手はない

しっかりと加工して本土に流通させているようだ






それが、なぜか根室に流れ着く

今回は刃物を持っていなかったので開缶しなかったが

膨らんでいないところをみると中身はまだ大丈夫だろう



以前、大量の不明缶詰が打ちあがったとき開けてみたら

昆布の細切りが詰まっていた

これが噂のロシア製昆布缶かと試食したが、口に合わなかったことを覚えている



話は変わるが、うちのオヤジが花咲港で仕事をしていた頃

キャビアの缶詰が岸壁に落ちていたと拾ってきた

ロシア人船員が物々交換用に持って歩いて落としたものだ

小さな缶詰だったが

家族で世界三大珍味だと言いながら熱々のご飯にのせて食べたことがある

この時分かったことは、キャビアは熱々のご飯に合わないということだった





しか、シカ、鹿の大行進

道東で大繁殖した鹿、今や北海道中で同じことが起きている

30年前は鹿を見ると「今日野生の鹿を見ちゃった」と言って喜んだものだが

今は「昨日鹿と衝突しちゃったよ」が日常的に聞かれる



それにしても増えすぎたもんだ





ちょっと車を走らせると、こんな群れをいくつも見ることができる





ヨモギの枯れ草を食べている顔はかわいいが、奈良の鹿に比べてはるかにデカイ





ずうずうしくも人間の生活圏に入り込む

写真の奥の方では、猫が「あいつら人の縄張りで勝手なことをして」

なんて思っているのだろう



エゾシカは天敵のエゾオオカミを失い

猟師の高齢化により狩猟圧力も減り

今や北海道の原野を我が物顔で闊歩している






増えすぎて鉄道や道路で頻繁に交通事故を起こし

線路や道路の付近で斃れていく

これが良き餌となり、ヒグマが人間の生活圏に近づく

そして、冬季間でも潤沢に供給される餌がヒグマの生態を変え

冬眠しなくても春まで生き残ることを可能とした

結果として、今度はヒグマと人間との無用な軋轢が生まれることとなるのだ






長節海岸で巨大瑪瑙(メノウ)を拾った

これが漂着物と呼ぶかについては、はなはだ疑問だ

そもそも漂着の意味は、ただよい流れ着くこと

こいつが漂う訳はない、正確には打ちあがったと言う方が良い

それにしても、これは遠目にも目立っていた





灰色や茶色の砂利の浜に白っぽく、黄色味を帯びた石

太陽に透かしてみると




橙色に光をとおす

きっとこの辺には珍しい石に違いない

直感が働いて持ち帰った




濡らして光に透かすと、僅かだが縞模様が確認できる

地質や岩石の専門家に見せると瑪瑙(メノウ)とのこと

玄武岩質の根室半島ではほとんど見つからないはずだ

しかも大きく、長さは12cm、高さは6cm、厚みは4cmで、重量は450g

根室の海岸でも瑪瑙が拾えると分かってとても嬉しかった

この日は、これとは別にもう一つ小さめの瑪瑙も拾った



長節海岸は珪化木や貝化石が拾えるので時々行ってみるが

今後は瑪瑙拾いの楽しみも加わった

わざわざ、道北の興部の海岸まで
小さい瑪瑙を拾いに行く必要はなくなった




●一両日中に訪問者数33333人になります

プレゼントを用意してますので、詳しくは昨日の記事を読んでくださいませ

33333人目の訪問者の方に

つい先月、30000人目の訪問者の方にプレゼントをしました

そして、間もなく訪問者33333人目

これを記念して、またまたお金のかからないプレゼント



(アーモンドグリコはプレゼントではありません)


興味の無い方には全くのガラクタ、ガラスの浮き玉直径6寸(18cm)

拾ったロープで作った台座付き

床の間や玄関のインテリアにいかがですか

送料は、ワシが負担します

手渡し可能な方は、ご希望があればさらに大きな浮き玉に代えることも可能です



33333人目の方はカウンターを含めてて画像キャプチャか

デジカメで撮影しておいてください

その後、ゲストブックにメアドを秘密コメで投稿してください

折り返し私のメアドをお知らせします

私のメアドに、33333人目証拠画像を貼り付けてメールしてくださいね



次の記念プレゼントは50000人目を予定していますので

それまではしばらくかかりますので、今がチャンスです




北方領土の日と山内惠介

誰かの記事に先を越されたが、昼からの構想通り書くしかない



来る2月7日の月曜日正午

根室市総合文化会館で2011北方領土の日根室管内住民大会が開催される

約1時間の大会の後、中学生による北方領土返還弁論大会

そして、最後にアトラクションとして

根室市味覚観光大使山内惠介君による歌謡ショーが行われる






多くのファンを持つ熟女の人気者の山内惠介君

入場無料なので、1000人収容の会場がどんなことになるか楽しみだ

そうそう、惠介君を見に来る人は、必ず北方領土返還住民大会にも参加してね

重厚なメインディッシュの後に、爽やかなデザートが付くのです

デザートだけはダメですよ

LeTAOのジャージープリンを食べた



昨日、札幌から帰ってきた知人から、とんでもなく美味しいプリンを貰った






小樽の菓子屋のルタオのジャージープリンだ

ジャージーは牛の品種、普通はホルスタイン種だが

ジャージー種は、乳量こそホルスタインには太刀打ちできないが

実に濃厚な乳を出す

それを原料に使っているこのプリン、真に濃厚なお味でホッペが落ちそうです





一番上が白、その下が黄色で二層になっています

たまにご褒美としてこんな美味しいものも良いですね

友人に感謝です

昨日ブログを更新できなかった訳

昨日は、長男が小学校と中学校で野球をやっていた頃

仲の良かった野球部のオヤジが久しぶりに集まって飲み会

最近新装開店し、勢いのある居酒屋一炉さんへ




店の前には北の勝の搾りたてありますと書いてある

当然呑むでしょ




搾りたてをチビリチビリとやりながら、スケトウダラのタチの天ぷらをつまみます

ああ、何と言う幸せ

たった1合でしたが、普段酒を呑まない自分には十分効きました

ヘベレケになって帰宅

ブログのことを忘れて布団の中の人になってしまいました

北の勝搾りたてと木村拓哉




今日はいつもと経路を変えて、根室本線を跨ぐ成央橋の上を通って職場へ



その途中、マルシェの駐車場を横切る




今日は北の勝の搾りたての発売日

去年は玄関前からずらーっと並んでいたけれども、今年は店の中で並んでいる様子

それでも、午前9時近くに通った人の話では、外にも人が並んでいたそうだ





これが、件の酒蔵の玄関

趣があって結構と思うのは自分だけか



酒とはあまり縁の無い自分は、昨日「大熊商店」買った北の勝搾りたての粕で甘酒を

粕の香気がエラく良いんです、今年の粕は





表面には生姜の破片が浮いているけど、気にしない

器は、根室出身の十両力士「若天狼」の名入り

とっても大きな湯のみです



さて、根室では南極物語のロケが始まったようだ

噂によると、キムタクこと木村拓哉が根室入りしているそうだ

今晩、夜の街に出るとバッタリ出くわすかも知れない




| ホーム |


 ホーム  » 次のページ