FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

よくぞ頑張った

冬の海は寒いです





吹きさらしの砂浜は、十分防寒対策をしていないと

あっと言う間に車中の人となってしまいます

その寒さたるや、打ち上がったホタテ貝が殻を閉じたまま冷凍されていたりします



さて、昨年はほとんど見ることができなかったガラス浮き

今年はボチボチ見つけることができます

先日見つけたのはこれ





MKカバーに包まれていますが、損傷が激しいです




きっと、波に打ち寄せられて何度も堤防のコンクリートにぶつかったのでしょう

良く割れずにいたと思います

この玉は正に「根性玉」だと思います



そうそう、33333人目の方、明日いっぱいで締め切りますので

是非名乗り出てください


スポンサーサイト

今日もスキー 三昧?

今朝も6時に起きて、温水プール駐車場でバスの人となりました

今日は、今年度1回目のバッヂテスト、ジュニアと一般と全級実施

自分は、ジュニアの4級受検班を引率しておりました




金山スキー場は天気も良好、絶好の眺めでした




午前中は斜里岳もクッキリとその雄姿を見せ付けていました






リフトの降り場からは雄大な根釧台地が見渡せます





午後からは、雪がちらつき武佐岳山頂がかすんできました



さて、金山スキー場といえばとても美味しいスキー場ラーメンが味わえます





これが絶品醤油ラーメンです

あまりの美味しさにソフトフォーカスで(本当は湯気でレンズが曇っただけ)



しかし、褒めてばかりではいられません

先週、ここで味噌ラーメンを味わいました、初めてです





写真でも良く表現できたと思います

醤油ラーメンと比べて冷徹な写し方をしてると思いませんか

醤油ラーメンは★★★★☆

味噌ラーメンは★☆☆☆☆、星一つは特別サービスです


こんなに差があるとは思いませんでした



サンマの缶詰

根室はサンマの水揚げ日本一

夏にから秋にかけ魚場が徐々に魚場が南下する

水揚げに便利な位置であることと

水産加工業者が大量に受け入れることができる体勢をとっていることがある



さて、お隣北方領土のロシア人さんたちも目の前の良質のサンマを見逃す手はない

しっかりと加工して本土に流通させているようだ






それが、なぜか根室に流れ着く

今回は刃物を持っていなかったので開缶しなかったが

膨らんでいないところをみると中身はまだ大丈夫だろう



以前、大量の不明缶詰が打ちあがったとき開けてみたら

昆布の細切りが詰まっていた

これが噂のロシア製昆布缶かと試食したが、口に合わなかったことを覚えている



話は変わるが、うちのオヤジが花咲港で仕事をしていた頃

キャビアの缶詰が岸壁に落ちていたと拾ってきた

ロシア人船員が物々交換用に持って歩いて落としたものだ

小さな缶詰だったが

家族で世界三大珍味だと言いながら熱々のご飯にのせて食べたことがある

この時分かったことは、キャビアは熱々のご飯に合わないということだった





しか、シカ、鹿の大行進

道東で大繁殖した鹿、今や北海道中で同じことが起きている

30年前は鹿を見ると「今日野生の鹿を見ちゃった」と言って喜んだものだが

今は「昨日鹿と衝突しちゃったよ」が日常的に聞かれる



それにしても増えすぎたもんだ





ちょっと車を走らせると、こんな群れをいくつも見ることができる





ヨモギの枯れ草を食べている顔はかわいいが、奈良の鹿に比べてはるかにデカイ





ずうずうしくも人間の生活圏に入り込む

写真の奥の方では、猫が「あいつら人の縄張りで勝手なことをして」

なんて思っているのだろう



エゾシカは天敵のエゾオオカミを失い

猟師の高齢化により狩猟圧力も減り

今や北海道の原野を我が物顔で闊歩している






増えすぎて鉄道や道路で頻繁に交通事故を起こし

線路や道路の付近で斃れていく

これが良き餌となり、ヒグマが人間の生活圏に近づく

そして、冬季間でも潤沢に供給される餌がヒグマの生態を変え

冬眠しなくても春まで生き残ることを可能とした

結果として、今度はヒグマと人間との無用な軋轢が生まれることとなるのだ






長節海岸で巨大瑪瑙(メノウ)を拾った

これが漂着物と呼ぶかについては、はなはだ疑問だ

そもそも漂着の意味は、ただよい流れ着くこと

こいつが漂う訳はない、正確には打ちあがったと言う方が良い

それにしても、これは遠目にも目立っていた





灰色や茶色の砂利の浜に白っぽく、黄色味を帯びた石

太陽に透かしてみると




橙色に光をとおす

きっとこの辺には珍しい石に違いない

直感が働いて持ち帰った




濡らして光に透かすと、僅かだが縞模様が確認できる

地質や岩石の専門家に見せると瑪瑙(メノウ)とのこと

玄武岩質の根室半島ではほとんど見つからないはずだ

しかも大きく、長さは12cm、高さは6cm、厚みは4cmで、重量は450g

根室の海岸でも瑪瑙が拾えると分かってとても嬉しかった

この日は、これとは別にもう一つ小さめの瑪瑙も拾った



長節海岸は珪化木や貝化石が拾えるので時々行ってみるが

今後は瑪瑙拾いの楽しみも加わった

わざわざ、道北の興部の海岸まで
小さい瑪瑙を拾いに行く必要はなくなった




●一両日中に訪問者数33333人になります

プレゼントを用意してますので、詳しくは昨日の記事を読んでくださいませ

33333人目の訪問者の方に

つい先月、30000人目の訪問者の方にプレゼントをしました

そして、間もなく訪問者33333人目

これを記念して、またまたお金のかからないプレゼント



(アーモンドグリコはプレゼントではありません)


興味の無い方には全くのガラクタ、ガラスの浮き玉直径6寸(18cm)

拾ったロープで作った台座付き

床の間や玄関のインテリアにいかがですか

送料は、ワシが負担します

手渡し可能な方は、ご希望があればさらに大きな浮き玉に代えることも可能です



33333人目の方はカウンターを含めてて画像キャプチャか

デジカメで撮影しておいてください

その後、ゲストブックにメアドを秘密コメで投稿してください

折り返し私のメアドをお知らせします

私のメアドに、33333人目証拠画像を貼り付けてメールしてくださいね



次の記念プレゼントは50000人目を予定していますので

それまではしばらくかかりますので、今がチャンスです




北方領土の日と山内惠介

誰かの記事に先を越されたが、昼からの構想通り書くしかない



来る2月7日の月曜日正午

根室市総合文化会館で2011北方領土の日根室管内住民大会が開催される

約1時間の大会の後、中学生による北方領土返還弁論大会

そして、最後にアトラクションとして

根室市味覚観光大使山内惠介君による歌謡ショーが行われる






多くのファンを持つ熟女の人気者の山内惠介君

入場無料なので、1000人収容の会場がどんなことになるか楽しみだ

そうそう、惠介君を見に来る人は、必ず北方領土返還住民大会にも参加してね

重厚なメインディッシュの後に、爽やかなデザートが付くのです

デザートだけはダメですよ

LeTAOのジャージープリンを食べた



昨日、札幌から帰ってきた知人から、とんでもなく美味しいプリンを貰った






小樽の菓子屋のルタオのジャージープリンだ

ジャージーは牛の品種、普通はホルスタイン種だが

ジャージー種は、乳量こそホルスタインには太刀打ちできないが

実に濃厚な乳を出す

それを原料に使っているこのプリン、真に濃厚なお味でホッペが落ちそうです





一番上が白、その下が黄色で二層になっています

たまにご褒美としてこんな美味しいものも良いですね

友人に感謝です

昨日ブログを更新できなかった訳

昨日は、長男が小学校と中学校で野球をやっていた頃

仲の良かった野球部のオヤジが久しぶりに集まって飲み会

最近新装開店し、勢いのある居酒屋一炉さんへ




店の前には北の勝の搾りたてありますと書いてある

当然呑むでしょ




搾りたてをチビリチビリとやりながら、スケトウダラのタチの天ぷらをつまみます

ああ、何と言う幸せ

たった1合でしたが、普段酒を呑まない自分には十分効きました

ヘベレケになって帰宅

ブログのことを忘れて布団の中の人になってしまいました

北の勝搾りたてと木村拓哉




今日はいつもと経路を変えて、根室本線を跨ぐ成央橋の上を通って職場へ



その途中、マルシェの駐車場を横切る




今日は北の勝の搾りたての発売日

去年は玄関前からずらーっと並んでいたけれども、今年は店の中で並んでいる様子

それでも、午前9時近くに通った人の話では、外にも人が並んでいたそうだ





これが、件の酒蔵の玄関

趣があって結構と思うのは自分だけか



酒とはあまり縁の無い自分は、昨日「大熊商店」買った北の勝搾りたての粕で甘酒を

粕の香気がエラく良いんです、今年の粕は





表面には生姜の破片が浮いているけど、気にしない

器は、根室出身の十両力士「若天狼」の名入り

とっても大きな湯のみです



さて、根室では南極物語のロケが始まったようだ

噂によると、キムタクこと木村拓哉が根室入りしているそうだ

今晩、夜の街に出るとバッタリ出くわすかも知れない




大熊商店と北の勝の粕

この時期がくることをどれほど待ったでしょうか

寒くなってから、大好きな甘酒を造るのに、澤の鶴の板粕を使っていました

やはり、搾りたての板粕で作る甘酒が一番と思います


時々、通勤の途中で通る大熊商店




夜にはこの看板が煌々と輝いています




店の入り口には大きな張り紙がされています

さっそく店内に入ると、大阪弁を操る元気な奥さんが出てきました

看板に偽りなし、真面目に商売しております






いつも買うのは500グラム入り3袋500円ですが(一袋だと180円)

今回は1.5キロで500円のを買いました

この店はお買い得価格なので、たっぷりと甘酒を作って飲むことができます

このほか、3kg1000円という大袋もありました



さて、今回ここの板粕のことをブログに書いていいかと聞いたら

宣伝してくれるのならありがたいとリンゴ2個をタダでつけてくれました

皆さん、北の勝搾りたての粕は大熊商店で買いましょう!安いです


そうそう、明日は肝心の搾りたて発売日、根室の酒飲みが最も楽しみにしている日

そして、何本入手できるか最もやきもきする日です

自分は酒飲みではないので、この騒ぎを楽しく傍観させていただきます





キレンジャク

我が家の庭に今日訪れた野鳥

嫁が必死になって撮影した、ブログに載せてほしいとのこと







頭の毛がピョンと立ち、尾羽の先端が鮮やかに黄色い

そしてその鳴き声「チリリ、チリリ」と控えめに鈴のようで、一番好きな鳴き声だ


我が家は借家だから、庭は手入れをいい加減にしているので、木の枝は伸び放題

道路を挟んだ反対側は、小さいながら木が何十本もある公園

だから、野鳥の訪問は多い

アカゲラ、ヒヨドリ、ミヤマカケス、シシュウカラ、ゴジュウカラ、コガラなどやってくる

先日はベランダのガラスにツグミが衝突して死んだ

お隣は、トラフズクがガラスにぶつかって生きたまま回収された


良く考えたら、野鳥の観察にはもってこいの環境かもしれない

しかし、自分には野鳥観察の趣味はないのだ


恐怖の道東道

民主党政権になって良かったと思うとき

1 下の息子の子ども手当てが出るとき

2 無料化された道東道(高速道路)を走るとき


先日この無料化された道東道を走った

千歳から夕張の間、除雪が十分されていない



というか、積雪に追いついていない

当然、速度制限がかかり50㌔となっていた



そして、とうとう降り出した




もうこうなると、どこからどこまでが道路だか分からなくなる

速度は制限速度に落ちるが、こんな状況でも飛ばす人がいるので追突の恐怖が常に付きまとう

こんな日の高速道路はやめましょう

心身ともに疲れますから



学校のスケートリンクを作りに行ってきた

息子の通う小学校の体育授業で使うスケートリンクの完成が遅れています

明後日が3学期の始業式、なんとか明日の夜のうちに完成させたいところです




昨日までのうってかわって、午後8時の気温は氷点下2.6度

気温が高いので、散水作業は1回のみ

わずか7人で2班に分かれて、1周200mのリンクに水をまきました

女性がいる班は4人、男ばかりのこちらは3人

50mの長さのあるホースを一人で捌いたので、すっかり汗だくになってしまいました

それでも、子どもたちが喜んで使ってくれることを思うと、疲れも吹っ飛びます



スキーに行ってきた

今日は根室スキー少年団1回目の活動日

バスに乗って行って来ました

朝6時30分に出発して、3時間かけて160km彼方のウナベツスキー場まで日帰りです



それにしても今朝は寒かったです

往路の道中、知床の山が近づいてくるとなんと蜃気楼が起きています




気温は氷点下15℃くらい、海水温は0度くらいだから温度差によって

水平線付近が上下に引き伸ばされて見えます


空気も澄んでいるので国後島もはっきりです






スキー場も、ものすごく寒かったですが

子ども達は元気に滑ってくれました





自分は幼児班で脱落者を回収していきます

皆健気に怪我なく滑ってくれました

1日終わってみれば、幼児達は見違えるほど上手になるので見ていて楽しいです


昼食はスキー場ラーメン





ここのは、中太麺

ツユも麺も少なめで★☆☆☆☆

あんまり美味しくないです


次は金山スキー場、ここのラーメンは美味しいので楽しみです

港内結氷

寒い日が続いております

連日の冷え込みで根室港が結氷しました




蓮葉氷が成長して、順調にいくと港内が強固な一枚の氷と化す日も近いでしょう






ここ数年、全面結氷することはありませんでしたが

かつては、根室港が全面結氷し分厚い氷に覆われることはごく当たり前のことでした

昔は、港内の氷上で運動会が行われたこともあります

また、氷に穴を穿ち赤い布をつけた鈎でコマイ(氷下魚)を釣ることも風物詩でした

もしかして、今年は何年かぶりにコマイ釣の景色を見ることができるかもしれません





いつも海上保安庁の巡視船が係留している係留柱もごらんのとおり

繋がれていた巡視船は、太平洋側の花咲港に回航済みです


そう、花咲港は冬になっても全面結氷することは昔からありませんから

冬でも船の出入りが可能なんです


室蘭に行ってきた

ヤボ用があって、生まれて初めて室蘭まで行ってきた

根室からは、高速道路の道東道を使う経路が一番早いし、無料化実験しているので安く使える

でも天気予報とにらめっこして、ブロ友のあらちんパパの意見を取り入れて

太平洋まわり天馬街道経由を選んだ



釧路市音別から国道を左折、道々を経由して進みます

途中一部に砂利道がありますが、景色は絶好です




道路も乾燥路面が続き実に快適でした、途中までは


いよいよ日高山脈越え、天馬街道に入ります

ここから圧雪アイスバーンになり、天馬街道を抜けるまで続きました





特に下り道が恐怖で、気を抜くと道路から飛び出そうになります

それでも海岸線に出ると、乾燥路面が続きます

ところがこの日高昆布道路が曲者で、モミジ印の軽トラが制限速度未満で走っているんです

曲がっていなくなったと思えば新手が現れて、長蛇の列になっています

それでも日高門別からは高速道路なので、以降室蘭までは特に障害も無く到着しました



さて、この室蘭市、鉄の町で有名なんですが

産業が斜陽なのか、非常に寂れています

錆び付いた鉄の街といったところです

ところが、この寂れ具合が廃墟マニアの心の琴線を高らかに響かせます








また、大好きな路地もたくさんあって、夢のようなひと時を過ごせました









廃墟マニア、路地マニアは一度行くべきだと思います

侮れないぞ室蘭市、今度は夏にゆっくりと行ってみたい




長らくご無沙汰いたしました

前回の記事で、1月11日の月曜まで休むことを告知しておりました

何でかというと、自家用車で往復1080kmの道南方面まで行っていたのです

7日に出発して10日に帰る予定でしたが、吹雪の通行止めの可能性もあり

すこし長めに休みのお知らせをしたところであります



実は、予定通りの10日に根室に帰ったのですが

帰りの道中、体に変調を来たし

ドリンク剤を次々と服用し、だましだまし帰宅したところであります


帰宅すると同時に緊張の糸も切れ

一気にダウン

38.9℃の高熱で病院に行ったところ、見事インフルエンザAに罹患しておりました

しかも、しっかりと予防接種をしたのにも関わらずです


病院からたっぷりと薬を貰い、そのまま今朝まで布団の中の人になっておりました

それでも、ようやく今日から仕事にも復帰することが出来て

記事を書くことができるようになりました



さて今日の美味しいネタは ク ス リ




真ん中の緑のタミフルを空けてから「しまった写真に撮らねば」と

フラフラなのに布団の上に並べて写真を撮る姿を妻はどう思ったでしょうか

それにしてもこんなに貰ったのは久しぶりです

右上から麻黄湯、タミフル、咳止薬2種、消炎薬1種

下の右がコデイン(強力咳止め)散剤、熱さまし錠剤で計7種類も貰えて得した気分です


しかもタミフルには恐怖の解説書付きで




特に、精神・神経症状に期待したところですが

幻覚をおぼえることもなく治癒してしまいました



実は、高校生の頃にインフルエンザの高熱時に

部屋の天井が市松模様になって迫ってくる幻覚を見たので

今度はどんな素敵な幻覚に襲われるか期待した部分もあったのです



皆さん、ワクチンを接種していても軽く済まないこともあることが判明しました

努努油断召さるること無かれ




道中のことは、明日あたり書こうかなと思います


冷え込んできました

昨夜から今朝にかけて積雪がほんの少し

氷の上に雪が積もると、歩いていても非常に滑りやすくて気を抜けません


通勤途中、息子の小学校のグランドの隣を歩いていると


造成中のスケートリンクの上で犬を散歩させている人がいました


何を考えているんだと思ってみていると、何とウンコをさせています


学校のスケートリンクは授業で使います


いわば教室と同じ、非常識極まりません


大声で「リンクの上でクソをさせるなー」と言うと、慌ててポケットから袋を出して拾っていました


最近、こういう恥ずかしい人や、訳の分からない連中が多くなったと思います




さて、職場の近くの道路では、街路樹のハイマツの枝が一斉に雪の帽子を乗っけていました







通勤時間帯は空が曇っていてまだ温かだったんですが


雲が抜けて晴れると放射冷却が始まって、一気に冷えてきました






空気も澄んでいて、景色も冷え冷えと見えるのは気のせいでしょうか


仕事の帰り道、露出した顔が朝よりも冷たく感じました




【お知らせ】

月曜日までブログをお休みします

数少ないファストフード店

根室はナイナイ尽くし

と言っても都会の風が感じるものが少ないだけで、都会に無いものはいっぱいあります

息子達は、マックがないとかミスドがないとか文句を言っているが

そんな中でも、モスバーガーと宅配ビザ10.4(テンフォー)だけは辛うじてあります



今日、実家から生ハムを貰いました

でも賞味期限が今日だった~(もっと早くに頂戴な)

それで、ふと気づいた

5の付く日は10.4の自宅でピザセットが半額だ!

早速買ってきました




焼きたての(半焼き)のMサイズの生地2枚、ソース、チーズ、玉ねぎがセットで980円が

5の付く日だから半額の490円でした



息子と嫁が一緒にソースを塗って、玉ねぎに生ハムチーズを乗っけてオーブンへ





こんなのが2枚できました

息子は喜んで食べていました

自分も生地から作るので結構安く出来ますが、半額のこのセットに限っては手間を考えるとこちらに軍配が

ピザ10.4は関西や東京ではマイナーですが、東北地方や北海道には結構あるようです




それにしてもピザ

生まれて初めて食べたのが本州の大学に行ったときで、当時はピザパイと呼んでいました

ちなみに、ハンバーガーは高校の修学旅行のとき東京で食べたのが最初でした

今は、こんな根室の田舎でも一応食べることはできます

無いのはドーナツチェーン店くらいかな

無いなら自分で作れば良いが我が家の方針

でも、若い人たちは違うようですね

北海道は小麦も乳製品も肉も沢山生産しているのだから、とっても美味しいjファストフード作れるはず

ホッキピザ、ホタテピザ、エゾシカピザ、そして究極は汐ウニピザ、観光客には高くても売れるだろうな



最果ての東根室駅

特に何にもない平凡な寝正月でした

今日が仕事始めの方が多いと思いますが
(元旦から休みもなく仕事をしてる方もいますが)

そんな関係で、街の賑わいも平常通りになった感があります



今日は日の入り直後、東根室の駅の近くを通りかかったもので

先日来たばかりなのに、最果ての雰囲気がムンムンしてたので何となく記事にしてみました






駅といっても駅舎はありません

プラットホームだけの昇降場所です



プラットホームからは西の方角が開けていて、街が見渡せます




送電線の鉄塔が行儀良く並んでいますね

その脇で、携帯の基地局の鉄塔が列を乱しています



そう、最も最果てらしさを醸しだしているのがこれ





小さな広告入り琺瑯(ホーロー)看板とその上の小さな照明器具

内地から帰ってきた人が、薄暗いこの駅で一人降りることを考えると、映画の一コマみたいじゃないですか

今時、琺瑯看板なんて滅多に目にしませんよね



それから、この東根室駅のプラットホームは板張仕上げになっていますが

中学生の頃、未だこの駅の下を通る隧道(トンネル)がなかった頃

学校への近道で、線路の土手を上がり、この駅によじ登って学校に通っていました

でも、その時はコンクリート製のプラットホームだったような気がしましたが





良く見ると、元のホームを嵩上げしているのが分かりました

汽車の高さが変わったふうもないので
(電化されていないので電車は走っていない)

きっと、線路の路盤が嵩上げされたのでしょう

もしかして、トンネルを作る際に路床の改良をして線路が高くなったのかも知れません

そのためにプラットホームも高くした

理由はそんなところなんでしょう

昔のあいまいな記憶でしたが、間違っていなかったことが確かめられて納得した気分です



さあ、皆さんも根室に来た際には、一度この駅で昇降してみては

特に夜だと最果ての雰囲気が満喫できます

でも、夜は18:56分の路線バスを最後に公共交通機関はなくなりますので

お宿まではタクシーになります

もちろん、客待ちのタクシーや流しのタクシーなどおりませんので

事前にタクシー会社に予約された方が上策かと思います






初 浜歩き

元旦、2日とかけて風が強かったですが

今日は非常に穏やかな一日でした






そんなわけで桂木海岸に行き今年初の浜歩き、何か良いものがあるかな

と思っていたら、砂浜中オフロードバイクの走った跡、転回時に掘り返した跡だらけ

良く見ると、遠くに3台の車が停まっていて、バイクが爆音を響かせています

これはガッカリ、風情もなにもあったものではありません



それでもボチボチと面白いものが打ち上がっていました





jこれは、ロシア製の牛乳パックのようです

初めて見ましたけど、メガネを掛けたオバチャンの誠実そうな顔が何ともいえません





次に、軍事色の濃い物体

固い蓋を無理やり開けてみました




どうやら防毒面に付ける濾過装置のようです

目を皿のようにして見ましたが、何処の国からいらしたものかは分かりませんでした



そして、今回は久しぶりに浮き玉に出会いました




保護網のかかった小さな浮き玉と





1年ぶりのシリンダー浮きです

このシリンダー浮き、傷やヒビは見当たらないのに




中に水と砂が入っています

完全に乾いたら、良く点検してみようと思います



それから、実用品が5点




長さ1mほどの角材が点々と打ちあがっていまして

持ってみたところ枕木のような固くて重たい材木で

庭の土留によさそうなので拾ってきました



以前、テレビで打ちあがった木材で木工をしている人がいましたが

自分もそのうち、漂着した木材を利用してみたいと思います

だって、根室の海岸は大きな丸太を始めとした木材の漂着がとても多いから

もったいないと思いませんか



初詣

元旦はとても寒かったので、今日行って来ました

場所は金刀比羅神社





さすがに2日だと空いています

自動車も社務所横に駐車することができました


お神酒をいただいたり、御神籤や絵馬の購入はこちらになります





うら若き巫女さんが対応してくれます


境内には、祈りを込めた絵馬がたくさん奉納されています




やはり、受験生の絵馬が圧倒的に多いです


5年前まで氏子青年会の会員として、この神社で奉仕していた頃

毎年元旦は、駐車場で交通整理をしていました

自分は土手の上に立って、駐車場全体を見渡しながら

一番最初の仕分け人に、車を流す方向を指示していました

土手の上は海からの北風が吹き付けるとても寒い場所で

あまりに気の毒に思ったのか、神社で椅子一つ入る小屋を建ててくれました



この土手上の番人は、何となく自分が始めたことが定着して今に続いていますが

やり始める前は、広い駐車場なので見通しも効かず、停める場所もないのに車が流れ込んできて

参拝客と駐車場係の悶着が多発しておりました

正月元旦から揉めるのが嫌なので、自分が土手に上がって流す方向を指示し出したら

揉め事は激減しました

以来、何故か自分の役目になって、14年間土手の上の人となっておりました

それでも、10年もやると小屋も建てていただいたりして、大分寒さが和らぎました

今となっては懐かしい思い出です




あけましておめでとうございます

皆様、あけましておめでとうございます

今年も良い年になることを祈念申し上げます



さて、新年1号の記事は

は・つ・ひ・の・●じゃ!

猛吹雪の予報は何処へいったのか、本州で牙をむいた低気圧は

北海道ではその牙をすり減らしてやってきたのじゃ

朝からどんよりと曇り空で、初日の出は拝めなかったが

元旦除雪と覚悟を決めていた自分は、のんびりと一日を過ごすことができたのだ



夕方になると日が差してきた

よっしゃー、初日の出がダメなら初日の入りじゃと意気込んだ




自宅の二階に上がりパチリ、しかし一丁目の夕日にしては風情がない

そうだ!日本最東端の駅「東根室駅」で日の入り写真を撮ろうと出発

しかし、家から車で2分の東根室駅に着くと、どんより雲が西にかかって

お陽さまを隠しだした





雲の切れ間を狙らったが、日没時間到来

すごすごと撤退

それにしても、プラットホームだけの東根室駅は吹きさらしで寒かった



それでは皆さん、また明日!





| ホーム |


 ホーム