FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

浮玉のある家 3

宝町を歩いていて見つけた家は

浮玉にこだわりをもって飾っている





これはカゴを台座にして飾ってある

大きさは一尺玉、光具合が見事だ





正面から路地側に入ると、網入りを吊るしてある

こちらも一尺玉

ガラス浮きが大好きだなということが良く分かる飾り方で

好感が持てちゃいます

スポンサーサイト



砂澤ビッキ

北海道が生んだ彫刻家といえば砂澤ビッキ

偉大な彫刻家らしい(ワシだってその名を知っているんだもの)



市内のとあるところに縦1.5m、横0.8mほどのレリーフがある





その右下に刻み込まれた名前




芸術に関する教養の全く無いワシには良く分からないが

ビッキさんの作品だったら嬉しいなと思ってしまう

誰か知っていたら教えて欲しい



坂の街根室 第1回目

根室は台地状の地形で

半島の付け根、厚床付近は70m程の標高だが

先端に行くにしたがって徐々に低くなり、納沙布では25mほどになる



根室の市街地は光洋町の浄水場が一番標高が高く53mほど

この台地を小河川が削って地形を作っているので、以外に坂道が多い

視点を変えてみると、変化があって面白い街だと思う




さて、この坂「まよい坂」と何かで読んだ記憶がある





途中から二股に分かれてそれぞれ海の方に向かっている

右側の坂は、いったん下り緑町の商店街を付き抜け

再度梅ヶ枝町に向かって上り坂になり、やがて海に至る

左側の坂は下る一方で、恋問川の河口となって海に至る

途中、根室の地酒「北の勝」の煉瓦作りの酒蔵の横を通る



この「まよい坂」の名前が本当だとしたら

名前が付いている唯一の坂では?と思うのですが






釧路の松風庵にて

久しぶりに釧路に行ってきた

根室にもソバ屋は結構あるが、たまには釧路のソバ屋でも

釧路は老舗「竹老園」が有名だし、いなか屋も好き

でも、今回は何となく北大通の北洋銀行の裏の方に見つけたソバ屋に入った




お品書を見ると、機械打ち更科自家製麺と摩周ソバ粉手打ちと2種類あったが

今回はガッツリ食べたかったので、更科機械打ち天南盛セットをたのんだ





お値段は950円である

先ずは盛ソバから攻めてみた

麺はソバの風味が生きていて、茹で加減もバッチリ

ツユも出汁が効いていて相当レベルが高い

歯が冷たくなってきたので、天南に切り替えた

ソバを手繰ってから海老天にかぶりついた

すると・・・・

ここのエビ、特別大きいものではありませんけど

噛み切る前に口の中にプリンと飛び込んできます

そう、正にプリプリのエビなんです

こんな海老天、生まれて初めてです

エビ自体良いのもあるでしょうが、揚げる時間の見切りが絶妙なのではと思います



腹いっぱいになって精算しにレジへ

すると、空いてる時間帯だったので難しそうな表情のご主人がお金を受け取りました

その時に「ソバも美味いが海老天も素晴らしい」と言うと

ニッコリ顔になって「ありがとうございます、またいらしてください」

満足して店を出て振り返りながら

次は家族と一緒に行って、手打ちソバの盛と海老天ソバをセットでと考えていました







ホヤほや

脊索動物門海鞘綱壁性目ピウラ科アカボヤ

学名は Halocynthia aurantium(Pallas)

脊索動物であるから、脊椎動物のチョット前

貝とかの軟体動物に比べると、遥かに進化しているのだ

北海道でホヤと言えば、ほぼ間違いなくアカボヤのことを指す

大体において、このようなこ難しい入り方をする時は

その物が嫌いな場合が多い



本州のマボヤや突起が多いが、アカボヤは全くない

皮膚の色も肉の色も、名前のとおり赤みが強い

赤い袋の先っちょに出臍のような水管が2本付いている


昔は、魚の水揚げの際に粗末に扱われていたような気がするが

今は、結構なお値段のする高級品のようだ





これがホヤ刺

ワシのオフクロが切るばかりにして届けてくれた

もちろん、その日の朝の獲れたてである

醤油を付けて口に入れると・・・・

先ず強烈な磯臭さが襲ってくる

噛むと独特の弾力と相まって微妙な酸味が口中に広がり

喉の奥に落とし込むと苦味が残る



オフクロはこれが大好きだ

もちろんこの味がたまらなく好きと言われる人が多いのは知っている

しかし、ワシはダメ

従って船に乗っても貰ってくることはないし、もちろん買うこともない

今回は、この記事のために特別に食べた



オカーチャン、ワシがホヤを嫌いなのを忘れたのか~





二日ぶりです

最近気持ちが沈み傾向です

災害のニュースが多いせいでしょうか

それとも年度末決算で仕事が忙しいせいでしょうか

いえいえ、きっと中年男の更年期症状ではと思います




さて、3月はお別れの季節です

我が職場でも送別会を開催しました

場所は、駅前末広の二階座敷

お料理は一人3,500円で酒は持ち込みです





これは陶板焼きです北寄貝、貝柱、ホタテの卵とか入っている

北の海の貝の尽くしです




こちらはベニザケ、北海シマエビ、そしてカスベの天ぷら

特にカスベの天ぷらは初めていただきました





刺身は中トロ、ボタンエビ、オヒョウ





そんでもって、すき焼きやらメヌケの鍋です

アルコールもほぼ二ケ月ぶりの摂取です

ビールを1杯飲んだ後に国稀の純米大吟醸をコップ一杯いただいて




その後、焼酎を水割りで二杯ほど


ところが、この後異変が起きました

以前から酒を飲んだ翌日は軟便だったのですが

昨年末あたりから、家に帰り着くやいなや下るようになってきて

今回は、お開きになる直前に第1便がやってきました

その後、二次会に行くこともなく自宅へ直帰

第2便から第10便くらいまでいっちゃいました


もう、腸がアルコールを受け付けなくなったようです

どうしましょう、間もなく歓迎会なのに・・・



彼岸の雪

根室では彼岸荒れという言葉があるが

調べてみたら、北海道全体でそういう言葉が使われているようだ

3月のお彼岸の前後に暴風雪を伴う低気圧のことを指し

湿めって重たい雪が大量に吹きつける

あっと言う間にあたり一面雪の山のようになり、交通も遮断され大変な思いをする

今年はまだそのようなことはないが、3年前には彼岸を10日も過ぎた4月1日に

物凄い暴風雪となってウソ!と思いたくなるほど大混乱となったことがあった

今年の大方の予想では

温暖化により彼岸荒れはないとの勝手な憶測が乱れ飛んでいる




ちょうど彼岸の月曜日にスクーターを引っ張り出し

昨日から通勤に使い出したが・・・

今朝になって




ごらんのありさま

これでは夏タイヤのスクーターは大怪我の元となる

仕方なく今朝はバスで出勤





通学する高校女子も背中を丸め、髪の毛に雪を載せて歩いていました



ささやかにお祝い

下の息子の小学校卒業を祝うのに「何が食べたい?」と聞くと

花まるに行きたいとのこと

花まるとは根室資本の回転寿司屋

北海道内に数店あって、けっこう繁盛しているようです



空席待ちの人のための待合空間も手が込んでいます




さて、お気に入りの寿司を何枚か撮影してきました



まずはお決まりのメバチマグロの赤身、2皿分の4個のうちの3個


前は120円の一番安い皿だったのに、今は180円に

マグロは高止まりですね




これは、表面をさっとあぶたサバ、脂が活性化して美味しいです




だれもが好きな甘エビ、大きめのエビが2本ずつのっています





これは生ニシン、生きの良いうちしか寿司にできませんので根室ならでわです



最後は、根室の人が大好きなタコのボッチ




楊枝を見れば分かりますが、タコの頭の肉を削ぎ切りにしてあります

頭の肉の厚さ分かります?

2cmはあります

ミズダコの頭ですが、根室の人が好きということは

そうです、足よりも頭が美味しいんです

足は見栄えがするので売り物にして

値段が安くて美味しいものを食べてきたのです

地元の寿司屋ですから、人気のある頭がしっかりとお品書きにあるんです

頭と言わずボッチと呼ぶのが根室流なんです





春分だ!

地元紙北海道新聞で、元東京電力の原発担当の技術者コメントには愕然としました

福島第一は1970年代にアメリカから輸入した原発で

津波対策はほとんど考慮されていなかったとのこと

東電は気づいていたが対策を怠った

事実だとしたら、東電経営者の責任は重大だと思います




さて、今日は春分

昼と夜が今日を境に主役を交代します

道路の雪も消え、バイク虫がうずきだしました

4ヶ月弱の冬眠から我がスクーターをたたき起こし、走り回っちゃいました




道路の雪は消えましたが、原野にはまだまだ雪はたっぷりあります

上の写真は雪に埋まって立ち往生、スタンド無しでも自立しているところです

このあと、いつもの友知海岸へ




太平洋戦争の時に建てたトーチカと記念撮影

先の大地震の時は、ここも津波に洗われたはずです





砂浜には流氷の残骸がまだありました

いつもはバイクでスイスイの砂浜も、津波で洗われたせいかフカフカの砂で

早々に退散しました

それにしても、バイクを乗るにはまだまだ早いようです

そうそう、神戸の時はバイクが活躍したようですが

東北の被災地では聞きませんね

やはり雪もちらつく気候と広大な地域では

バイクの活躍の機会は少ないのでしょうか




●ンコラーメン

イキナリ変なタイトルで申し訳ありません

正体は「キンコラーメン」




あんかけラーメンなのですが、あんの具にキンコが入っている

これが、フルフルとして不思議な食感なんです

出されたとき「熱いので気をつけて」と言われたが

写真を撮ってフーフーしてズルズルっといったら

本当に熱くて口から出したくなるくらいでした



さて、このキンコ聞き慣れない名前でしょ?

正体はナマコの親戚、根室の人は「フジコ」と言った方がとおりが良いかも

戦前はナマコの代用品として中国に輸出していたみたいです

ただし、本体には味はあまり無い

クセがないので食感を楽しむ食べ物と思った方が良いかも

しかし、キンコは大量のコラーゲンを含んでいる

これに注目した「根室コラーゲンフェア」が行われている

キンコラーメンはフェア参加の一品(逸品)だ


さて、肝心のラーメンの味の方は、

これが、けっこう美味しいくて

女性にはこのコラーゲンたっぷりのキンコラーメン絶対オススメです

しかも、根室でしか食べられないところが良いじゃないですか



このキンコラーメン、ただ1店でしか味わうことができません





前にも記事にしましたが、らー麺とんちさんです


今回は特別に店主を紹介しましょう

カメラを向けると緊張していました




店主の隣には、キンコで肌プルプルのオカミサンがいましたが

オカミサンのお顔は行った人だけが見れるのです






| ホーム |


 ホーム  » 次のページ