FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アイヌネギの利用法 その1

アイヌネギ(ギョウジャニンニク)は、強烈なニンニク臭があります

臭いの元アリシンは、本家ニンニク以上とのこと

この時期は「食べたっしょ」との会話が聞こえれば

それは間違いなくアイヌネギのことを指し
あんた臭いよの意味が含まれています



しかし、この強烈な臭いにもかかわらず、非常に美味な山菜のため

今時期の山道はアイヌネギ採りの車が結構停まっています


さて、我が家は新鮮なアイヌネギは、必ずバター焼きで賞味します




生のアイヌネギの一番外側の紫色の皮を剥き、良く水洗いします

後に、フライパンでバター焼きに

塩コショウとともに、最後に醤油をたらし焦がし醤油の風味を付けると

強烈な臭いが和らぎますし、食が進みます



もう一つ、誰にあげても喜ばれるアイヌネギの利用方法は

ウニ屋の女社長などの有力者におすそ分け

そうすると・・・




新鮮なウニの塩水漬けに換わったりします

明礬を使っていないので、甘くてそれはそれは美味しいウニです



そうそう、最後に山で見つけた野の花三種








上からミズバショウ、キバナノアマナ、ヒメイチゲです

根室の原野は春爛漫です


スポンサーサイト



アイヌネギ採りに

待ちにまった黄金週間

風は強いが晴天なり

昨日の雨が空気を洗って遠くの山々も手に取るように





行き先はもちろん秘密

今年は、山菜採りのヒグマによる死亡事故が既に発生しているので要注意です





装備は熊よけ鈴、ホイッスル、そして最後の手段の大型ナイフ

牧草畑を突き切って山林に入ります




採集地点はハンノキの茂る湿地帯です

水芭蕉が咲いていて足元は水浸しです





アイヌネギ(ギョウジャニンニク)は思ったより伸びています




個人的には上の写真のように、葉の開く前のものが好みですが

今年は上の状態のものは殆どありません

来るのが1週間遅かったようです





周囲には、水芭蕉の他にザゼンソウもあります

後ろから見ると、法衣をまとった僧侶が座禅をしているように見えます





今回は1時間30分ほどで切り上げましたが

開き気味のものを中心にカゴ一つ採ることができました

根室の自然に感謝です



◆注意◆

牧草畑は生産の場所です

車両の乗り入れは厳に慎みましょう

また、今時期は表土の下がまだ凍結状態です

したがって、車両の乗り入れに耐えられる状態ではありません

埋まって脱出不能になるのは必至で

海霧の季節と777

今日は朝から雨

しかも、結構横なぐりでした



そして、雨が上がったと思ったら海霧

街はごらんのとおりです






結構な濃霧でございますだ




これは100mほど離れた鉄塔の先っちょ

地表よりも上空の方が濃いようです



とにもかくにも、根室の初夏は海霧とともにあります

しかし、海霧がかかると気温がドーンと下がるのと、洗濯が乾かないのが欠点かな




気が付けば777の記念記事、リキの入らないものになりかたじけない

残業が続き、ネタを拾う時間が無くなってますだ

明日からは、暦どおりに休めそうなので少しは頑張れます

ほんの少しだけ社会貢献

今日、釧路の赤十字から献血バスがやってきた


被災地でも血液が足りないとかの報道を見ていたので

少しばかり身を削って貢献





献血できる丈夫な体をくれた両親に感謝


献血後は記念品もいただけます





上はOra2の歯磨き粉

下は説明するまでもありません

1週間もすると、血液検査の結果も届き健康管理もバッチリできます

自分は、高校生の頃から献血を始めたので、かれこれ30年

あと10年は献血できる健康体でいたいです


それから今後は献血だけではなく

腹の脂を献じる献脂制度とかを創っていただきたい

そうすれば、毎月、毎週でも貢献したいと思います





冗談はさておき

今日は、気温も上がり久しぶりにあたたか、心も少しだけあたたか

夕日も優しく斜里岳の陰に沈んでいきました



ニホロにて

根室の街外れにある北海道立北方四島交流センター「ニホロ」

最近は、展示物が陳腐化しつつあるなと思います

北海道も金が無いので仕方がないか

映像機器はブラウン管が今も幅を効かせています

が、映らないのもチラホラ



そんな中、気が付いた展示物をご紹介




新板蝦夷土産道中寿五六

箱館湊に上陸して日本海を北上

ぐるりと蝦夷地を一周して上がり

クナシリとか根諸(根室)が出てきます







そして、この方は知る人ぞ知る北方領土返還運動の提唱者ですね

根室町長だった安藤石典(あんどう いしすけ)氏です

昭和21年6月占領軍司令官マッカーサー元帥に

北方領土のソ連占領解除と北海道復帰を陳情したのが運動の始まりとなっております





最後はこれ、等身大手作りロシア人形です

文化の違いを感じる逸品だと思います

これは存在感ありました

以上!

壊れたカメラは

修理に出したフジのfinepixJx200

レンズの筒に強い力がかかって壊れたため有償修理との見積もりがきました

だって、カメラ鞄に仕舞って2ヶ月も放っておいただけなのに

「起動時にレンズを抑えませんでしたか」との回答でした

クソー、スイッチ入れただけで何もしなかったのに

修理代は7000円、今新品が6,000円くらいでネットに転がっているので

そのまま廃棄です



このカメラは、買って以来故障続きでチャチな感は否めませんでしたが

やはり、クチコミでも耐久性に関する評価は今一つでした

中国製の入門廉価カメラは使い捨てカメラと割り切るしかないのでしょうか

それとも、ワシの買った個体がたまたまハズレだったのか


今日の樹液は




今日も定時で一旦仕事を切り上げ帰宅します

夕日を横目に見ながらの帰り道です

家まではスクーターで5分なので、晩飯を自宅で食べて再度職場へ

そこから残業に突入します


さて、仕事から帰ると、いつも白樺の樹液をくれる人から別の樹液が届きました




白樺に比べると若干黄色味を帯びています

飲んでみると、柿のような香りが僅かにします

そして後味は西瓜の薄いような味

甘味は白樺の樹液と大差なく感じるか感じないかの世界です



実は、この樹液はオニグルミの樹液です

樹液といえば、白樺や楓が有名ですが、ネットでさまよっているうちに

北海道大学の論文を見つけ、オニグルミの樹液の糖度が10度程度と甘く

アイヌ民族はこれを煮詰めて甘味料に使っていたと書いてあった

その話をしたら、白樺樹液の人が採ってきてくれたのです

2本の木から3日かけて採れたのは僅か300cc程度

しかも、そんなに甘い味はしません

クルミ樹液の採集の適時はいつなんでしょう

カラスの勝手の季節がやってきた

最近、カラスが枯れ草や枝を咥えながら飛ぶようになってきた

そう、巣作りの季節




いつものとおり焦点が甘いですが

漆黒の嘴には枯れ草が



巣が完成し、産卵すると奴等は急に凶暴になる

2年前にも、家の前の歩道で突然後頭部に攻撃を受け、振り向いても何もなし

前を振り返ると上昇するカラスが

良く見ると、家の前の児童公園にカラスの巣が

公園で遊んでいた小さな子どもたちも何人か攻撃を受けていたので

急造のパチンコで攻撃を加えた

やがて、三日もすると巣を放棄してどこかへ



皆さん、5月に入ったら奴等は抱卵するので、その前に巣は撤去です

それが被害を抑える最善の策だと思います


気が付けば季節が進んで

3月後半から、連日の残業が続いています。

そういう訳で、気力とネタが切れて記事を落としたりしています



さて、気が付けば土筆がすっかり食べごろを過ぎていました





焦点が甘いですが、ご愛嬌

仕事の忙しさに流されて、山菜の食べごろを逃してしまいそうです

今度の土日あたり、アイヌネギの採り頃を迎えるでしょう

斜面の向きによっては生育状況に差があるので

採り場をいっぱい持っている人は、比較的長く採集が可能と思います



もう一つ、これから盛りを迎えるのがイラクサ

根室の人はカイグサと言いますが、これの天ぷらは絶品です

毛嫌いしないで一度試してみましょう

きっとクセになります

クレソンが我が家にやってきた

オランダミズガラシとかウォータークレスとかとも言われていますが

今や日本全国に繁殖しているようですね





今回はオヒタシであっさりといただきました






鮮烈な緑の野の香りを堪能しました

利用方法は、味噌汁の具や油いため、我が家では天ぷらが人気です

本当は、生でいただきたいところですが

何度も書いていますが、北海道はエキノコックスの汚染地域ですので

野の物をナマで頂くことは命を縮めます



さて、クレソンが清流や湧き水にのみ育つと思いがちな根室人が多いですが

日本で一等早く野生化したのは上野の不忍池で明治9年のこと

洋食屋の排水に入っていたクレソンの切れ端が再生して根付いたそうです

そういうわけで、清流ばかりでなく汚水の中でも育つらしいです

でも、食べるなら清流や湧き水のクレソンが一番ですよね

我が家の庭にて

庭に移植したエゾネギ、芽が出ました





ネギが高い今頃は重宝します

ネギ臭さはあまり強くないですが、タダでたっぷり食べれるのが最高に良いです

採りごろは来週あたりでしょうか




もう一つ顔をだしたのがこれ






分かった人は大変な物知りか、山菜、園芸オタクでしょうね

春の雫

本当に春ですね

だって、大好きなコレ頂いたんですもの




これ、白樺の樹液なんです

4リットル頂きました

入っている氷も樹液

僅かに甘味を感じる程度の春の雫です



雪解けから芽吹きまでのほんの僅かな期間採集可能なこの樹液

とても貴重なものです





綺麗に透きとおって、正に甘露です



カエデの樹液は有名ですが、実は、クルミも甘い樹液を出すらしいのです

北海道の先住民のアイヌの人たちは、クルミの樹液を煮詰めて液糖を得ていたとか

その話をしていたので、樹液をくれた方が次はクルミから採るとのことで楽しみです



今日、夕方から海霧が発生しました





海霧は春の訪れを象徴する出来事です

これからは、もっと頻繁に発生することでしょう




カメラが壊れた

昨年の8月、それまで使っていたコンパクトデジカメを山で落とした

そして買ったのがフジフィルムのJX200という小さなカメラ

また壊れました

これで3回目です

購入先のハマチャンの店に持って行きました



修理に出したJX200は、現在予備機

今、主に使っているのはフジフィルムのJZ300というコンパクトデジカメ

これはJX200が2回目に壊れた時

ハマチャンには秘密で、電池と充電器が欠品の未使用品を
ネットで格安入手

JX200より一回り大きいのですが、電池は共通なので問題ありません

さらに、見た目が一回り大きいだけなので

嫁に買い足したのがバレずに済む利点が



実は、それも昨日から液晶に真っ黒なシミが出だしたのです

ハマチャンのところで買っていないので、これは直接メーカーに送ります

JX200が修理で戻ってきたら出すつもりです


どうもフジフィルムの製品とは相性が悪いみたいです

フジはコンパクトでも表現力が良いので気に入っていたのですが残念です


昨日の夕日の評判がよろしかったので

今日も調子こいて、シミ液晶のJZ300で夕日をパチリ








根室の夕日は美しい

釧路の夕日攻勢は凄いものがある

切手にまでなって売り出している




西岸良平の「三丁目の夕日」が大好きなワシとしては

根室の夕日の素晴らしさも発信したい




どうです、今日の夕日ですが

根室の夕日も相当行けているでしょ?

春の進み具合

寒い日が続いていますが

それでも春は着実に近づいています





フキノトウは、12月頃から4ヶ月も閉ざしていた固い包を開きました

山菜として利用するには、包が開く前が良いと思います



そして、山菜の王様タラノメ





こちらは1ヶ月以上待つ必要がありますね

タラノメの天ぷらはご馳走ですが

その前に、クレソンやイラクサの天ぷらを楽しんでおくのも良いと思います




駅前の天ぷらそば2種

根室の駅前にはソバ屋が2店




これは「末広そば屋」の天ぷらそば







こっちは「あかつき」の天ぷらそば

あかつきの天ぷらはマイタケが中心のかき揚でした


根室は狭い街なので味の評価は控えさせていただきますが

お値段はそれぞれ700円か750円程度だったような気がします




根室はソバの産地ではないので

産地の挽きたて打ち立てに比べようはありませんが

お気に入りのソバに出会うまでは食べ続けようと考えています


薔薇のエスカ

根室のB級グルメ、ワンプレート料理の旗手といったら

エスカロップで間違いないでしょう

もちろんケンミンショーにも出場済

セブンイレブンの弁当にもなりました



でも、自分はスナミナライス派なので、エスカは本当に久しぶりに食べました

10年ぶりくらいではないでしょうか、それほど食べていません



今日食べたのは、薔薇という喫茶店のエスカロップです




ライスの上にトンカツが載って、デミグラスソースがかかっています

生野菜とポテトサラダはお約束です


何故自分が野菜いっぱいのスタミナ派かといいますと





これが原因なのです

筍のみじん切りが入ったバターライスの上にトンカツが載っているのです

40代も後半のワシには非常に重たいのです

20代の頃は全く問題なくいけたのですが

そう、ハッキリ言って中年以降の方は余程精力的な人でないと厳しいです

でも、久しぶりに食べたら美味しかったです

次は定年後にでも・・・


水産加工場の廃墟

今年の4月は、なにやら忙しくてネタ拾いもままなりません

そういうわけで、廃墟シリーズが続きますがご容赦を



今回は、ハッタリにある廃墟です

この地名も中々に面白いです

語源はアイヌ語となっております

水産加工場の廃墟は結構規模が大きいです




できれば中に入ってみたいのですが

定年退職後まで不法侵入でお縄を頂戴するわけにはいかないので

窓や隙間から写真だけ撮っております

ちなみに、原野の廃屋で入り口が全開のはチョット失礼したりしてます





水産加工場の廃墟は、道具類が多く残っている場合が多いです







屋根の機能が失われたら、朽ち果てるのは時間の問題です




工場の裏手には平屋の事務室らしきものや、資材置き場がありました






ここは本当に倒壊寸前です

あんまり廃墟をうろつくと、何かを背負って帰りそうです

それにしても、足元が悪かったり古井戸があったり

廃墟は危険ですので、探索は自己責任で




大好きな廃屋番屋がまた消えていく




花咲港にある大好きな番屋、今は廃屋となって久しい


先日近くを通ると様子が変わっていた





二階の窓から空が見える

トンカンと音もしている




玄関の方に回り込むと、サッシ戸が開いていた

玄関から様子を伺うと、上階で取り壊し最中のようだ


完全になくなる前にと思い、玄関戸の開いているところから内部を撮りました




これは、台所でしょうね、その奥は風呂と便所のようです




これは正面を撮りました、二階に上がる階段があります

ガラスに映っているのは自分です





福の神も心なしか寂しげです




奥の部屋には絵画が飾ってありますが、飾り方が和風なのが面白いです

ああ、これでまた一つ、根室の北洋漁業華やかなりし頃の番屋が消えました




入学式

今日の根室は本当に春らしいお天気に

最高気温は16.6℃まで上昇しました



春といえば、今日は入学式

下の息子は大き目の制服に身を包み、晴れて中学生になりました




校長先生はとても背が高い人でした

マイクまで距離がありすぎて、声がうまく拾えないくらいでした




1年生と学級担任や教科担任が対面しました

そうそう、入学式には小6を担任していた先生も臨席いただきました





皆、晴れがましい姿で、希望に満ち溢れていました


夕日もとても赤くて、明日も良い天気になるでしょう






自動車試験場踏切



この地図の目印の踏み切り、名前は「自動車試験場踏切」といいます

その証拠に、ほら





実は、根室には自動車学校はあっても自動車試験場はありません

それなのに何故?と思いませんか


目印のところを良く見てください

かすかに痕跡が分かると思います

大昔、踏切から1km弱入ったここが自動車試験場だったのです

この踏切のところの牧場のオヤジさんが試験官をしていたとオフクロが言っていました

うちのオフクロが16歳の時、ここで自動車の免許を取ったそうです

昭和32年頃の話で、当時は自動車学校も無く一発試験のみだったそうです





横に立って見ると、もうすでに原野に飲み込まれていました

福寿草

寒い日が続いております

今の気温は氷点下2℃、日中も1℃までしか上がりませんでした



しかし、春は着実に近づいています





南向きの斜面に黄色い可憐な花を咲かせているのは福寿草





今時期の野草としては、この花が一番先に咲きます(多分)

ようやく雪の季節が終わったことを教えてくれる、大好きな花の一つです

北の海のオフ会

根室在住のブロガー大喜さんから「フノリ」を採りに連れていって欲しいとのお願い

一応、共同漁業権が設定されている海藻なので、採る場所を選ばなければならない

どこかって?共同漁業権が放棄されている海域です



根室から10分ほどバイクを走らせます

大喜さんは50cc、ワシは80ccなので制限速度の差は30km

のんびりながら目的地に着きました





今日は、雪がちらつく天気でスクーターはホントに寒かったです





さて、現場海域に到着しました





岩にへばりついている茶色いのがフノリ

今年は着生状況が非常に悪いようです






フノリを必死にむしりとっているのが大喜さんです

二人がかりで採った量は、昨年採った量の僅か1割くらいでした



ワシは、今回はフノリよりもギンナンソウの方が欲しかったのです

ギンナンソウも共同漁業権が設定されているのですが

根室では生業として採る漁師が皆無の海藻なんです

共同漁業権を行使しないのなら

ギンナンソウの免許を更新しないで欲しいなと思います





ギンナンソウもフノリと同じく不作でした

ほんのちょっぴりむしり取ってきましたが

味噌汁にして1回分です

今年の海藻の状態の悪さには本当にガッカリです

| ホーム |


 ホーム