FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

毛ガニがやってきた

気が付くと、時々カニが家にあります

しかもタダです

今回いらっしゃったのは毛ガニさん3尾




根室というと花咲ガニが有名ですが

毛ガニもそれなりに獲れるし流通しています

特に今年は花咲ガニよりも多く食しています






自宅では、茹でたカニをそのまま食べることはありません

剥身にして料理の材料とすることがほとんどです

今回も必死に剥きましたが、途中から長男が参加してくれたので

1時間ほどで作業は終わりましたが

カニ剥きはいつも指先がボロボロの傷だらけになりますね


3尾分の身を目の前にして、何が食べたいか各自希望を言いました

長男がシチュー

次男がカニクリームコロッケ

ワシがカニカレーです

嫁は最近カニを食べるとジンマ疹が出るので調理するだけです

結局、材料の関係からカニカレーに落ち着きました




たっぷりのカニの身と根室産の野菜のいっぱい入ったカレー

根室ならではの味だと思います

スポンサーサイト



たまには芸術鑑賞を

根室には美術館は無いと思っている方も多いと思いますが

慟哭の森美術館という私設の展示施設が明治町にあります

しかし、今回はそこの話ではありません

何故かと言いますと、第二日曜しか開館していないので

未だ行ったことが無いのです

そのうち、ブロ友の大喜さんを誘って行こうと思っておりますが




さて、今回、ワシが行ったのは隣の釧路市にある北海道立釧路芸術館です




釧路川の畔にある洒落た建物です

中はこんな風になっています




企画展ばかりで、常設展示は無いようです

観覧料は企画によって異なるようです

現在開催中なのは




です

ピカソが入っているので釧路に行ったついで800円払って覗いてきました

ピカソは「青い背景の婦人像」と「剣を持つ男」の2枚でした

残念ながら、展示室内は撮影禁止なので皆さんにお伝えすることが出来ません



大変素晴らしいと思われる絵画が60点

しかし、芸術的素養の欠片の全く無いワシには良さが分からず

800円が僅か15分で終わってしまいました







さよなら消防庁舎

市立病院の前にあった旧消防署

先週あたりから取り壊しが始まったのですが








今日、その象徴とも言うべき望楼(火の見櫓)がなくなりました

かつて、根室一高い建物だった消防署、平成6年の北海道東方沖地震で

望楼が危ないとのことで、ずーと使われていませんでしたが

また、古き良き時代の建物が姿を消しました

4月までお休みします

今日は、今年最後のスクーター乗車日

名残惜しいので根室港まで一っ走りしてきました




今年は土日の雨が多かったので、走行距離は去年の半分でした

バイクに乗ったり、野外活動をしたりということが非常に少なかった年でした

片道100km以上の遠乗りは1回も出来なかったのが残念

バイクに関しては不完全燃焼の1年でしたね



まあ、それでも道路が凍ったら危ないので、4月までスクーターは冬眠してもらいます




以前、ダックス70が車庫の中から盗まれたことがあるので

鉄製の鎖でハンドル周りを縛りつけ、南京錠で盗難対策をしました



3月の後半は整備に費やし、4月になると同時に乗り出したいと思います

そういうわけで「4月までお休みします」という標題になりました

軍用線を見つけました

根室の牧の内に飛行場の跡があります

終戦間際に作られたものですが、使うことが無く終戦を迎えました

根室の駅から牧の内の飛行場まで資材を運んだのが軍用線です

古い地図では次のようになっています





この軍用線があったことは知っていましたが、あまり深追いはしていませんでしたが

つい先日、通勤途中に気付きました




ここに線路が走っていたのです

道路と民家の間に余分な敷地が多いんです、この道路は

たまたま振り返ってみて、今回はピンときました

臨港線の跡から分岐している道もあるし

ピッタリ符合しました




上から見るとこんな感じですね





赤い星印が写真を撮った場所

根室高校の前に土手で囲まれた線路跡が今もクッキリと残っています

しかし、明治町と光洋町のあたりは、相当不たしかなので

今度、じっくりと歩いてみる必要があるなと思います

一番上の古い地図と今の道路の形が一緒であると仮定するなら

かなりイイ線まで追って行けるかも知れません

日高昆布

今年の冬は実に速やかに進んでいるようです

毎朝の通勤にはマフラーと手袋、耳当ては欠かせません




ワシの通勤の道筋は、まるでガキのように変なところを歩いています

ここは臨港線跡の土手の上、北風を遮るものがありません

でも、眺めはわりと良いです



さて、今日家に帰ってみるとブロ友で日高地方在住のあらちんパパさんから




日高昆布が届いていました

使いやすい長さに切ったものが2袋も

しかも、去年採集のもので十分熟成されて青臭さや渋みが抜けて

旨みが凝縮しているそうです

昆布産地の根室にいるくせに、ずうずうしくもプレゼント企画に応募してしまいました

ありがたく味あわせていただきます

まずは、湯豆腐がいいな

箱庭の夜景

寒くなると、夜景の輝きが違いますね

職場の窓からの街の灯り、キラキラしています

ここは小さい街なので、まるで箱庭のようです




本物の箱庭みたいにしてみましょう





どうです、まるでおもちゃの街のようでしょ?

こんな風に写真を加工するのはここ http://tiltshiftmaker.com/

英語のサイトですが、面白い写真が簡単に作れます



一丁目の夕日

午後三時になって、やおら散歩に出ました

自宅から5分くらいの東根室駅の界隈をブラブラ

あたりの木々はすっかりと葉を落としています




ナナカマドは実だけになり、時々カラスが咥えて飛んでいきます

3時25分、東根室の駅に釧路発根室行の1両編成のディーゼルカーが到着




降りる人も乗る人も無く、30秒ほどで終点根室へ向けて発車しました




線路脇の草地には葦が立ち枯れて、何やら寂しげです


この時期の太陽は、ものすごい速度で地平に近づいていきます

薄着で出てきたので、とたんに寒くなり家に急ぎました





ちょうど家の前の道路は、落日が良い具合の色に染めています

晩秋の散歩はやっぱり寂しいもので

息子も付き合ってくれないので、ワンコでもいればなと思ったりしています

ウンコではなくワンコですので勘違いのないように


知床冠雪

我が家の玄関前の道路に出て、北に向って進みだしたところ

路の彼方の知床に雪が




いよいよ、冬が間近に迫ってきました

旧測候所の前の道路の温度計は




気温零度、間近どころかもう冬に突入じゃないですか

職場の窓から改めて知床の山並みをパチリ




名峰羅臼岳と連なる山々も薄っすらと雪化粧

これから、日増しに白い部分が多くなって

やがては白銀の山並みに変わるでしょう


国後島の方はというと、泊山も羅臼山もまだ青いまま

同島の最高峰爺々岳もきっと雪化粧と思いきや、雲に隠れて見えませんでした


寒いです

今朝、出掛けに赤外線放射式の温度計を使ってみました

対象物の表面温度を測りますが

測定範囲は+180℃~-33℃までです

ちなみに、スキー場の雪面の温度も即座に測定できますが

雪温でワックスを変えたりとかという芸当はできません



さて、話は戻ります

先ずは、玄関先に僅かに残っているマリーゴールドの温度を測定




おっと、可哀そうに零下の表面温度です

しかし、健気に咲いています



さて、上空の温度は・・・




測定範囲ギリギリの氷点下33℃

念のため測りなおしたところ測定範囲外のLow表示

あまりの寒さに首を縮めて職場へ急ぎました

ちなみに自分の顔の表面温度は32℃でした

職場に着いたときは15℃まで下がってました

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ