FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

今年1年ありがとうございました

いよいよ2011年も数時間を残すのみとなりました

今年はブログを通じて知り合った仲間と楽しい1年を過ごすことができました

一番の思い出は、別当賀夢原館で決行したオフ会ですね

人数は少なかったですが、その分非常に濃い思い出となりました

幽霊騒ぎもありましたしね



さて、今日は初めて海鮮市場に行きました






なるべく人の顔が写らないよう撮ったので、空いている感じがしますが

大変な混雑で、勢いを感じるお店ですね





これは近所の方からいただきました

タコが2種類、辛子明太子、イカ

痛風に効きそうなのばかりで、とても嬉しいです

タコは高いので、とても嬉しいです

大きなのはミズダコで、小さいのはヤナギダコです

ミズダコは刺身で、ヤナギダコはたこ焼きで腹いっぱい食べようと思います


それでは、皆さん良いお歳を

スポンサーサイト



雪景色

昨夜は、静かに雪が降ったようです



とうとう真っ白になりましたね

それでも、除雪で腰を悪くするほど積もっていません





灰色の雲と雪の白が何ともいえない色合いを醸しています



こんな日の根室人の正しい履物は




やっぱり長靴でしょう

昔と違って、冬仕様のものは足が冷たくならないです

残念ながらワシのは北海道で有名な三馬(ミツウマ)ではありません

老人たちは口をそろえて言います「長靴はミツウマに限る」

毎度、年の暮れの飯鮨記事

昨年も、一昨年も2日違いくらいでこの記事です

これがないと、歳の暮れが締まりません




これは、鮭の鮨です

秋サケとベニサケが混じっています

どちらも大好きです



お次はサンマの鮨です




今年も、最高の味に仕上がっています

いずれも実家の親父が作りました

残念ながら、その業は引き継いでいません



鮨と言いましても熟れ鮨で、江戸前の握りとか関西の押し寿司とは趣を異にします

どちらかといえば、滋賀県の鮒鮨に近いものです

でも、あれほど強烈な匂いはしません


適度に熟成と分解の進んだ魚肉は、良質のチーズをしのぐ味わいです

でも、何度か色々なワインと併せてみましたが全てダメでした

やはり、これに合うのは磨いた米で作った日本酒ですね




年末の根室

北海道各地では、雪が積もっているようですが




ご覧のとおり、根室は全然積もっていません

除雪がないのが楽です





正月休みの薬が無くなったので、夕方に病院に行きました

中年も盛りを過ぎて体が古くなって傷んできました

薬を欠かせないのが情けないです



もうすぐお正月

街角には歳の市が立っています




昔は緑町繁華街に何件か集まって市が立って

ちょっとした縁日みたいな感じでしたが

今は大型店の前に1軒くらいづつ市が立っていて寂しいです

日本最東端のフォトコンテスト



こんな素敵なことをやっているのを見つけました

写真の好きな人は、是非参加してください

根室管内以外の人も、根室に泊って会心の写真を撮影して応募してください

ひそかにワシも参加しようと思っています

詳しくはここまで ⇒ http://toho2006.exblog.jp/




サルオガセ

我が家の庭のクロフネツツジの元気がない

良く見てみると、サルオガセが寄生している




でも、調べてみるとこの地衣類は寄生している植物からは栄養を取ったりはしていない

場所を借りているだけなので、寄生とは表現が悪いかもしれない



サルオガセ以外にもウロコ状の地衣類が付いているので

これが悪さをしているのかもしれない


さて、このサルオガセ漢方としても効能があるようで

松蘿(ショウラ)と言って、精神安定作用があり

癇癪を鎮め、汗を抑え、鎮痛作用もあり、生理痛にも良い

と書いているサイトもあり

また、女性のヒステリーを抑え、男性の浮気性を抑える効果があるとの

民間伝承もある

これでひと山当てて御殿でも建ててみようかしら

今年のクリスマスケーキ

我が家で買うケーキはこの店がほとんどです





詩菓家と書いて「しかや」と呼びます

実は、店主の姓がシカヤさんなんですけど

何故にこの店で買うのが圧倒的かといいますと、高校の同期生で仲良しなんです

でも、それだけでは買いません

やはり、買うに足る味と品質だからなのです



実は、根室はケーキ屋さんが鎬をけずっているのです

いろいろと仕掛けをして業界全体で頑張っているので、どの店も高水準です

かといって、値段は買いやすい設定に努力をされています





さて、この店の洋菓子はワシの同級生と嫁の二人でやっているので

大手のように品数は多くはありません

特に、クリスマスは予約のケーキで手一杯のようで

冷蔵陳列棚の品数は制限されています



今回は、クリスマスケーキを予約しなかったので

ショートケーキばかりを買ってきました




これだけ買って2千数百円程度、最近は原料費が高騰して大変なのに

店主いわく「高いと売れないっしょ」

市内の洋菓子店はどこも頑張っていますよ、ホント



さて、根室の洋菓子店は生ケーキばかりではなく

焼き菓子も充実しています




焼き菓子は1週間程度は日持ちするので

お土産や地方発送に向いています


参考URL http://www.geocities.jp/aya_promenade/sikaya.htm

頭がピンクのサンタさんからウニの贈り物 その2

きのう貰ったウニの折は、今夜ワシの腹の中にすっかり納まってしまいました





右はワシが船に乗ったとき貰ったサケで作った自家製イクラ

真ん中のは説明が不要かと

左のマグロは、マルシェで158円で買ったアラから回収したものです



そう、今日は真ん中のウニと前回紹介したウニ醤油の相性を試す日です

今回は、どこの家庭でも簡単にできる手巻き寿司で食べました




当然と言えば当然、ウニにウニ由来の醤油が合わないはずがない

穀物醤油とも食べ比べましたがウニの旨味が口いっぱいにふくらみます

いやー、良いですねこれ





頭がピンクのサンタさんからウニの贈り物

我が家は子供たちが大きくなったので

以前のように「クリスマスだー」という雰囲気はありません

だから、サンタさんはこないはずでしたが





髪の毛をピンクに染めたサンタさんから素敵な贈り物がありました

右からウニの折り詰め、ウニ醤油、ウニ入り海鮮フリカケ、ウニとイカの塩辛

サンタさんのブログではウニ醤油の試食らしいですが

自分の目は一番右端にクギ付けです!



さて、サンタさんとの約束を果たすため

ウニ醤油のイラストにあるとおりに試食せねばと豆腐を購入





先ず、ビンのフタを取って匂いを確認

ウニが発酵した生臭さがあるかなと思いきや、生臭さゼロ

豆腐にかけた色も穀物醤油と大差ありません

では、味を見てみましょう

醤油なのにウニの味がします!確かにウニ醤油です

サンタさんは、ウニと塩しか使っていないと言っていました

これは秋田の塩汁(しょっつる)、石川のいしる、ベトナムのニョクマム、タイのナンプラーと同系統の魚醤ですね

旨味もあって美味しくて、原料の原価を考えると超貴重品ですよコレ

明日のクリスマスの楽しみにとってあるウニ、これをウニ醤油で食べてみよ

ウニの旨さが口の中で爆発するかもしれません


冬至のカボチャ

根室では、無病息災を願って冬至にカボチャと小豆を炊いたものを食べます




今回は贅沢に白玉だんご入り

味はぜんざいにカボチャが入ったものと考えてください

今年も嫁の母から届きましたが、今までで一番美味しかったです

無論、母には報告済みですけど




今日が冬至ということは、明日から僅かながら昼の時間が長くなるということ

冬季に凹みがちな我が心も、早くも雪解け模様です


廃校のスケートリンク


詳しい地図で見る

地図の中心点には30年以上前に小学校があった

児童数の減少で廃校となったのだが、その敷地の裏に興味をそそられる地形がある

夏場に何度か行っているのだが、藪に阻まれ見通しも悪く発見できないでいた








廃校の跡地には、ぽつんと教員住宅の廃屋が1軒

ちずではここの裏手数十メートルといったところだ

藪に突入したが、やはり盛夏に比べると格段に歩きやすいし視界も良い

途中、こんなものを見つけて感動したりしていた






道産子の味噌ことぶきみその琺瑯バケツだ

もっと状態が良ければ博物館用に即拾得するところなのだが



話を本筋に戻す





目的の場所に到達、原野を掘り返して水がたまるようにしている





長さは100mはあるだろうけど、幅が狭い

これは間違いなくスケートリンクと見た

ただしコーナーも相当にキツイ造りで、当時のPTAの労作と思われる

何時の世も、子供を思う親心には感心させられる


秘密基地を探せ その2

この軍の施設の内部はこのようになっています




郷土研究をしている方の報告書では

ここには「発電設備があった」と報告がされています

中央の架台の上には発電機か燃料タンクでもしつらえられていたのでしょうか


さて、何を目的にこの場所に踏み入ったかと言いますと

コウモリが越冬しているのではと思ったからです

しかし、懐中電灯で天井をくまなく探しても

コウモリは1頭も発見できませんでした



代わりに見つけることができたのは、ムーミン谷に住むニョロニョロ達でした




これは、正式には氷筍(ひょうじゅん)と言いまして

天井から滴った水滴が凍ってできたものです






中には、二段重ねのニョロニョロも

上の段はもちろん氷ですが、下の段は鍾乳石なんです

ここの上からは




コンクリートの中の石灰を溶かした水が滴って

戦後65年を経過してこんなに成長しているのです





秘密基地を探せ

根室の市街地から東にある牧の内地区

ここは、先の大戦時に日本軍の造った施設が多く残っている



その中に、このブログで未だ取り上げていない秘密基地がある

その理由は、夏は草深く近づきにくい場所にあるから



道路からだと笹原をしばらく歩かなければならないので、いったんダム湖に向った

すると、早くも湖面は全面結氷、その厚さも10cmはあるかも




湖岸から川を遡ると、目的の基地が見えてきた





ここに来るのは20年ぶりくらい




入り口はコンクリート製のアーチ状になっている

この辺の軍事施設を作るため、多くの朝鮮人労働者が命を落としている

そのことを心に、敬虔な心持で中に足を踏み入れる





そして、その中には・・・・・


(つづく)

夕日の街

今日は昼過ぎから、北西の風が強くなりました

それなのに、海辺をさまよってしまいました




港内の船溜まりが凍りだしています




サケ定置網の漁船は上架されて来春までお休みです





船の上架は海中に伸びた軌道を使って行います





夕陽の影となった弁天島がキレイでした




車を走らせキナトイシから根室の街並を撮影

間もなく陽も落ちようかという頃合です

寂しい街ですが、北方領土があった頃は活気に溢れる街だったそうです

先の大戦の影響から抜け出せないのは、根室しか残っていないかも



すっかり体も冷え切った頃、落日を迎えました




根室の街を撮って、回れ右して撮影です

根室の日の入りは本当に美しいです

地平線の彼方に沈んでいくのですから


気が付いたら1000回

気が付いたら1000回となっておりました

今までお付き合いいただいた皆様に心より感謝申し上げます


寒い日が続いております

今日は、自家用車の冬季必需品

遠隔始動装置(リモコンスターター)が作動しなくなったため

ネッツトヨタ根室店へ修理に行ってきました

リモコンの再起動で簡単に復旧したので、修理代はタダにしてくれましたが

LED製停止灯が点灯寿命を大幅に残しつつ不点になっているのが発覚

部品代と技術料で8,000円の痛い出費となりました


帰り道は寄り道

寒くて空気も凍りついているせいか雲と国後島が綺麗でした






国後島のこの山の陰には、山上湖があるみたいで

テントを担いで釣りに行ってみたい場所の一つですね



さて、寄り道ついでに魚屋を覗いてみたら




顔の黒いのが特徴の鮭の王様マスノスケ(King Salmon)が並んでいました

春に獲れた冷凍物ですが、その大きさたるや

隣の3kg級のトキサケが子供に見えます

多分10kg近くあるのではと思います

10kgを超えると脂乗りが格段に良くなる魚なので

きっと最高の味だと思います


白い世界

昨夜の雪は直ぐに止んだようです

でも、朝は一面白い世界になってました





除雪をするほどまでは積もらなかったので大助かりです

歳を重ねるとともに腰に大きな負担がかかるようになりました






武佐岳や斜里岳も真っ白です





午後からは、山沿いは雪雲がかかりました

あの雲の下は大雪が降っているのでしょうね

除雪が大変そうですけど、金山スキー場には嬉しい雪でしょう






夕方、といっても15時頃でしょうか、夕日を受けて阿寒の山々が見え出しました

左から阿寒富士、雌阿寒岳、フップシ岳、雄阿寒岳です



新しい中古カメラ

手元に小さなカメラがないと落ち着きません

広角から望遠まで守備範囲の広いやつが好みです

ヤフオクでワケアリ品を落札したのがようやく届きました

本当は新品が欲しかったのですが、毎年カメラを壊しているので諦めました

5千円以下で買えたので幸せです



入手したのはペンタックスのオプティオRZ10

1cmの超近接撮影が出来るのです




試しに、今朝我が家の庭木の枝に付いた水滴を撮影

本当に写ります、夏になったらバッタの顔とかも撮ってみたいです



外がいやに静かだなと思ったら、雪が降っています




前のフジフィルムのカメラは発色が良かったのですが、今度のはどうでしょうか

そういえば一昨年の夏に山で紛失したカメラもオプティオでした

山海の旨味チャーハン

今日は鮮烈な朝焼けとともに明けました




空が焼けたので、お天気が悪くなるかと思いましたが

終日くずれることはありませんでした

滅多に見えない国後島のエピカラウス山まで見えたほどですから



さて、今日のお話はウニ塩です





ブロ友の大喜さんから貰ったやつですが

チャーハンを作ったので、ウニ塩だけで味付けしてみました




これが、チャーハンに良く合い、他の旨味調味料も全く不要でオツな味でした

また作って食べてみようと思う味でした

ちなみに写真に写っている緑色の小片はギョウジャニンニク末です

根室の海と山の出会いが醸す絶妙な味です



東根室駅から見える廃屋

東根室駅から北の方に廃屋が見えます

中々の優良物件のようですが、夏場は草が邪魔して近づくのが大変です




冬になって草が枯れたので、格段に近づきやすくなりました

それでは割れ窓やら壁の破れから中を見てみましょう




古いデジカメなので、広角の写真が撮れません

だから、何の部屋やら分かりませんが、作業場のような感じですね





別の破れ目からの様子では、小規模な水産加工場のような感じがします




細い棒がいっぱいあって釘が等間隔で打ちつけてあります

魚を干す道具のような気がします




これは高いところの小さな破れ窓から、手を伸ばして撮りました

タイル張りの昔良くあったお風呂ですね

浴槽は後から取り替えたみたいな造りです

きっと、タイル張りのコンクリート浴槽が壊れたのでしょう

自分が小学生の頃の実家は、このようなタイル貼りのお風呂でした




一番上の写真では2階にも部屋があるようなので

住居兼水産加工場、それも従業員数名程度の規模だったのだろうと思います





今日は12月12日の水

昔の家は「十二月十二日水」と紙に書いて柱に貼っていました

この風習のことをケンミンショーが取材に来たという噂を聞きました

自分の実家ではやってなかったし最近は見たことありません

この風習といいますか、おまじないといいますか

どのような意味があるか知っている人がいたら教えてください

ネットで探しましたが見つけることはできませんでした



さて、今日は大好きな魚漬をいただきました




ピンボケですが、美味しかったです

大根、キャベツ、ニンジンと魚はコマイです

良いダシが出て、ちょうど良い頃合に漬かってました

これで、3日間くらいは食卓が楽しみです



魚漬、飯寿司なと自慢したい方は連絡ください

腹いっぱい試食して記事にいたします


月食

昨夜の皆既月食はちゃんと見ることが出来ましたか?

根室は晴天でバッチリ観測できました




これは22時頃の月です

地球の輪郭が良く分かりますね



続いて22時40分頃の月です





そして、最後は23時20分頃の月です




完全に地球の陰に隠れた状態です

地球の大気で屈折した太陽光が月を薄赤く染めています


古いカメラでしたが、三脚とセルフタイマーで何とか写真に収めることができました



中年オヤジの一人散歩

壊れたカメラは、大手術の甲斐もなく逝ってしまいました

本来なら滑って骨折するところを、身代わりになってくれたものと思います

使えそうな液晶やCCDは移植用にヤフオクしてみます



1年間を共にした愛機がなくなったので

代わりに古くてデカイパナソニックのデジカメを持って、気晴らしに散歩しました





何となく、東根室駅のプラットホームから東方向を撮影

冬の夜の到着便でこの駅から降りると

人っ子一人いなくて風情があります

雪なんか舞っていると最高の雰囲気です

しかも、手前の右に行く道路は、根室でも特に出没頻度の高い・・・




痴漢トンネルがあります

何年か前、ここで登校途中の中学女子に自慢の一刀を披露した御仁がタイホされております




今日の目的地は、光洋町の公住のドン詰まり




着いてみると、こんなにも眺めの良いところでした

ここからの初日の出、狙ってみようかと思いました



帰り際に、道民のコンビニ「セイコーマート」で、寒いのにアイスクリームを買ってしまいました

頭がイカレてきているようです

寒いので、袋に入れたアイスをぶら下げてトボトボと歩いていると

途中、光洋簡易郵便局のところから、遠くに根室湾が見えました





アイスは嫁が風呂に入ったら、こっそり食べようと思います


タンポポ

タンポポって意外と頑張りますよね

少ない太陽光を目いっぱい受けるために、葉を放射状に平らに広げて

短い軸の上に黄色い花が咲いています




ようやく咲いた花の上に雪が積もっています

花粉を運ぶ虫もいないので、このまましおれてしまうのでしょう




さて、今夜はワシの心もしおれています




仕事の帰り道、凍った道で滑り

カメラを強打、ごらんの状態です

今晩バラしてみます

直ると良いのですが


スキーシーズン




今日は、朝から雪雲が根室を通過

何度か降ったり止んだりを繰り返しました





だから、街中も白銀の世界になりました



白銀と言えばスキー!

今日は、スキー少年団の結団式がありました




一番近くでは、阿寒湖畔スキー場が営業を開始

でも、やはり師走は忙しくて無理です

早く、スキーを滑りたいです




ホタテ漁船帰港

根室海峡でホタテ漁が行われております





雪の知床連峰を背景に、ホタテを満載した桁曳漁船が帰港してきます

この時期のホタテは、甘みがぎゅーと濃縮された特上品

刺身が食べたくて帰りにマルシェに寄りましたが、ありませんでした

誰かタダでくれんかしら






国後島 雪化粧

実は昨日の午後、こんな勢いで雪が降ったのです




もの凄い吹雪で、一時はどうなることかと思いましたが

一時的なもので済みました


さて、一夜を過ぎ今日は朝から快晴

職場から見える知床の山々は真っ白い山脈になっていました

もしかして、国後の山も白いかと思ってみたところ




案の定、泊山543mはすっかり雪化粧しておりました


羅臼山895mは残念ながら麓が僅かに見える程度




それでも、白くなっているのが分かります

一方、最高峰の爺々岳1845mは




雲に隠れて全く見えませんでした




忘年会第1弾

今年の忘年会の第1弾が、昨夜挙行されました

場所は、丼人家(どんとや)で市内では比較的新しいお店です




店の名前のとおり、ドンブリ物が中心なのですが

飲み放題の宴会の設定があるので

幹事であるワシとしては、一度は行って見なければと思っておりました

宴会料理は全7品です

1品づつ紹介していきますので、最後までお付き合いを




前菜は、水菜と鮭の生春巻き、エビのしんじょ?、カボチャの冷製スープの3品





2品目はタコのカルパッチョ





3品目はシーザーサラダ





4品目の鍋はチゲ




続いて5品目はツボダイのポワレ





6品目は鳥から上げの中華風





7品目は牛サガリのローストビーフ

そして、最後に鍋の残りに投入するのは、ご飯かラーメンを選べるとのこと

人数の関係から鍋は2個、一つはご飯、もう一つはラーメンを指定

しかも、お代わり可とのことで、ラーメンは再度の投入となりました


味の方は、ドンブリ屋と思ってなめてかかってはいけません

相当に高水準、若い料理長が腕を振るっています


さて、この宴会コースのお値段は、飲み放題付きで

何と、驚きの一人3,500円!

料理の質と量に対し圧倒的なお値打ち価格でした




白鳥の湖

白鳥の湖というと、手足のきれいな女の子が踊るバレエを想像する人が多いでしょう

しかし、ほとんどの根室人はこちらを想像すると思います





だから、国道44号線の風蓮湖に面した道の駅も「スワン44」と言います

道の駅になる前は、三角屋根の2階建ての古びた休憩所兼食堂「白鳥台センター」でした



しかし、ここで白鳥が見られるのはほんの一時なんです

白鳥の渡りが秋と春にありますが、この長旅の休憩地点なんです

だから、例年ならまだ結構な数の白鳥がいるはずですが




今年は早々と氷が張り始めたので、羽を休める水面も

エサとなるアマモ場も凍ってしまいました




見渡す限りこの7羽だけ

間もなく、全部旅立っていくでしょう

今年最後の浜歩き、かな?

今年は、あまり浜歩きをしなかったですね

東北大震災の漂着物が多くて、いたたまれない気持ちになること

仕事が休みの日に雨降り天気が非常に多かったこと

の二つが原因ですね






写真で見るとおり、震災系の漂着物もめっきり少なくなりました

浜風はとても冷たくて強くて、長く歩いていることはできませんでした

今年は順調に寒くなっているので、よほど気が向かなければ

浜には行かないでしょう



今日、歩いていて目に飛び込んできたものがあります




何やら、漂着物で色々と楽しんだ方がいるようです

左端の案山子のような物




笑顔の素敵な方でした



それから、砂浜で実を付けている植物を発見




赤ちゃんの手首みたいにくびれていて面白い形ですが

名前が全く分かりません

分かった方がいたら教えてくださいませ



キムタクの南極大陸

根室で南極のロケをした「南極大陸」

前回放送の視聴率13.4%、各方面から糞ミソにに書かれているのが残念です

ロケ地となった根室の人間としては応援したいものです



今日は、道の駅「スワン44」に寄る機会があったので





ここで展示されているロケセットを見てきました






実際に撮影で使用した南極基地のセットを展示しています




こんな風に、夕食の献立もかかっています

無論、このメニューは根室らしさを出すための演出ですけど




さて、この撮影セットの展示

スワン44の他は緑町の「まちなかサロン恋問」、納沙布岬の「観光物産センター」

それぞれ別のものを展示しています




スタンプラリーもやっていて根室の特産品が抽選でいただけます



南極大陸の次回放送は12月4日日曜夜9時です

置いてけ堀をくった犬たちの運命やいかに

たくさんの皆さんに見ていただきたいと思います

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ