FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

今年1年ありがとうございました

いよいよ2011年も数時間を残すのみとなりました

今年はブログを通じて知り合った仲間と楽しい1年を過ごすことができました

一番の思い出は、別当賀夢原館で決行したオフ会ですね

人数は少なかったですが、その分非常に濃い思い出となりました

幽霊騒ぎもありましたしね



さて、今日は初めて海鮮市場に行きました






なるべく人の顔が写らないよう撮ったので、空いている感じがしますが

大変な混雑で、勢いを感じるお店ですね





これは近所の方からいただきました

タコが2種類、辛子明太子、イカ

痛風に効きそうなのばかりで、とても嬉しいです

タコは高いので、とても嬉しいです

大きなのはミズダコで、小さいのはヤナギダコです

ミズダコは刺身で、ヤナギダコはたこ焼きで腹いっぱい食べようと思います


それでは、皆さん良いお歳を

スポンサーサイト



雪景色

昨夜は、静かに雪が降ったようです



とうとう真っ白になりましたね

それでも、除雪で腰を悪くするほど積もっていません





灰色の雲と雪の白が何ともいえない色合いを醸しています



こんな日の根室人の正しい履物は




やっぱり長靴でしょう

昔と違って、冬仕様のものは足が冷たくならないです

残念ながらワシのは北海道で有名な三馬(ミツウマ)ではありません

老人たちは口をそろえて言います「長靴はミツウマに限る」

毎度、年の暮れの飯鮨記事

昨年も、一昨年も2日違いくらいでこの記事です

これがないと、歳の暮れが締まりません




これは、鮭の鮨です

秋サケとベニサケが混じっています

どちらも大好きです



お次はサンマの鮨です




今年も、最高の味に仕上がっています

いずれも実家の親父が作りました

残念ながら、その業は引き継いでいません



鮨と言いましても熟れ鮨で、江戸前の握りとか関西の押し寿司とは趣を異にします

どちらかといえば、滋賀県の鮒鮨に近いものです

でも、あれほど強烈な匂いはしません


適度に熟成と分解の進んだ魚肉は、良質のチーズをしのぐ味わいです

でも、何度か色々なワインと併せてみましたが全てダメでした

やはり、これに合うのは磨いた米で作った日本酒ですね




年末の根室

北海道各地では、雪が積もっているようですが




ご覧のとおり、根室は全然積もっていません

除雪がないのが楽です





正月休みの薬が無くなったので、夕方に病院に行きました

中年も盛りを過ぎて体が古くなって傷んできました

薬を欠かせないのが情けないです



もうすぐお正月

街角には歳の市が立っています




昔は緑町繁華街に何件か集まって市が立って

ちょっとした縁日みたいな感じでしたが

今は大型店の前に1軒くらいづつ市が立っていて寂しいです

日本最東端のフォトコンテスト



こんな素敵なことをやっているのを見つけました

写真の好きな人は、是非参加してください

根室管内以外の人も、根室に泊って会心の写真を撮影して応募してください

ひそかにワシも参加しようと思っています

詳しくはここまで ⇒ http://toho2006.exblog.jp/




サルオガセ

我が家の庭のクロフネツツジの元気がない

良く見てみると、サルオガセが寄生している




でも、調べてみるとこの地衣類は寄生している植物からは栄養を取ったりはしていない

場所を借りているだけなので、寄生とは表現が悪いかもしれない



サルオガセ以外にもウロコ状の地衣類が付いているので

これが悪さをしているのかもしれない


さて、このサルオガセ漢方としても効能があるようで

松蘿(ショウラ)と言って、精神安定作用があり

癇癪を鎮め、汗を抑え、鎮痛作用もあり、生理痛にも良い

と書いているサイトもあり

また、女性のヒステリーを抑え、男性の浮気性を抑える効果があるとの

民間伝承もある

これでひと山当てて御殿でも建ててみようかしら

今年のクリスマスケーキ

我が家で買うケーキはこの店がほとんどです





詩菓家と書いて「しかや」と呼びます

実は、店主の姓がシカヤさんなんですけど

何故にこの店で買うのが圧倒的かといいますと、高校の同期生で仲良しなんです

でも、それだけでは買いません

やはり、買うに足る味と品質だからなのです



実は、根室はケーキ屋さんが鎬をけずっているのです

いろいろと仕掛けをして業界全体で頑張っているので、どの店も高水準です

かといって、値段は買いやすい設定に努力をされています





さて、この店の洋菓子はワシの同級生と嫁の二人でやっているので

大手のように品数は多くはありません

特に、クリスマスは予約のケーキで手一杯のようで

冷蔵陳列棚の品数は制限されています



今回は、クリスマスケーキを予約しなかったので

ショートケーキばかりを買ってきました




これだけ買って2千数百円程度、最近は原料費が高騰して大変なのに

店主いわく「高いと売れないっしょ」

市内の洋菓子店はどこも頑張っていますよ、ホント



さて、根室の洋菓子店は生ケーキばかりではなく

焼き菓子も充実しています




焼き菓子は1週間程度は日持ちするので

お土産や地方発送に向いています


参考URL http://www.geocities.jp/aya_promenade/sikaya.htm

頭がピンクのサンタさんからウニの贈り物 その2

きのう貰ったウニの折は、今夜ワシの腹の中にすっかり納まってしまいました





右はワシが船に乗ったとき貰ったサケで作った自家製イクラ

真ん中のは説明が不要かと

左のマグロは、マルシェで158円で買ったアラから回収したものです



そう、今日は真ん中のウニと前回紹介したウニ醤油の相性を試す日です

今回は、どこの家庭でも簡単にできる手巻き寿司で食べました




当然と言えば当然、ウニにウニ由来の醤油が合わないはずがない

穀物醤油とも食べ比べましたがウニの旨味が口いっぱいにふくらみます

いやー、良いですねこれ





頭がピンクのサンタさんからウニの贈り物

我が家は子供たちが大きくなったので

以前のように「クリスマスだー」という雰囲気はありません

だから、サンタさんはこないはずでしたが





髪の毛をピンクに染めたサンタさんから素敵な贈り物がありました

右からウニの折り詰め、ウニ醤油、ウニ入り海鮮フリカケ、ウニとイカの塩辛

サンタさんのブログではウニ醤油の試食らしいですが

自分の目は一番右端にクギ付けです!



さて、サンタさんとの約束を果たすため

ウニ醤油のイラストにあるとおりに試食せねばと豆腐を購入





先ず、ビンのフタを取って匂いを確認

ウニが発酵した生臭さがあるかなと思いきや、生臭さゼロ

豆腐にかけた色も穀物醤油と大差ありません

では、味を見てみましょう

醤油なのにウニの味がします!確かにウニ醤油です

サンタさんは、ウニと塩しか使っていないと言っていました

これは秋田の塩汁(しょっつる)、石川のいしる、ベトナムのニョクマム、タイのナンプラーと同系統の魚醤ですね

旨味もあって美味しくて、原料の原価を考えると超貴重品ですよコレ

明日のクリスマスの楽しみにとってあるウニ、これをウニ醤油で食べてみよ

ウニの旨さが口の中で爆発するかもしれません


冬至のカボチャ

根室では、無病息災を願って冬至にカボチャと小豆を炊いたものを食べます




今回は贅沢に白玉だんご入り

味はぜんざいにカボチャが入ったものと考えてください

今年も嫁の母から届きましたが、今までで一番美味しかったです

無論、母には報告済みですけど




今日が冬至ということは、明日から僅かながら昼の時間が長くなるということ

冬季に凹みがちな我が心も、早くも雪解け模様です


| ホーム |


 ホーム  » 次のページ