FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

扇やの塩ラーメン

札幌で行列の出来るつけ麺屋として有名だった扇や

故郷根室に錦を飾ってそんなにたたないうちに再移転

ちょっと奥まったところに店を構えています




以前「たかまる」という居酒屋だったところですね

つけ麺は2回ほど食べましたので、今回は普通のラーメンにしました




塩ラーメン630円です



さて、食べた感想ですが

濃厚なスープを自家製麺が力強く受け止めて非常に美味しいです

スープも全部飲み干してしまいましたよ

さっぱり系が主体の根室にあって、こってり味のこの店あなどれません

また食べたい度120%の味です

スポンサーサイト



シシャモ

シシャモは居酒屋に行けば定番ですよね

子どもも、好きな子の方が多いのではないでしょうか

でも、居酒屋とか安売りのシシャモはカペリン(カラフトシシャモ)が殆どですね

味は断然本家シシャモの方が美味しいです



本家シシャモは北海道太平洋岸の一部の河川にしか遡上しません

釧路川と鵡川が有名ですね

希少故にお値段はそれなりに高いです

幸いにワシはメスよりもオスのシシャモの方が好きなので

稀にオスだけ安売しているのを見つけると、そそくさと買い込みます




オスの方が魚体が大きく、尻ビレがメスよりも発達しています

メスは脂の乗った魚卵の美味しさが魅力ですが

オスはサッパリした中にも奥行きのある旨味が隠れています

今回買ったのは10尾で198円

とても美味しくいただきました



北の勝板粕当選者発表

厳正なる抽選の結果、板粕を手にしたのは


信州人 焚火人さん
北海道日高地方 あらちんパパさん

そして、最後に
関西人 大喜さん


何とか今週中に発送したいと思います

北の勝の板粕プレゼント

今日、大熊商店に行ってきました

知人に贈る北の勝を注文して来ました

そうしたら1月に書いた記事で、北の勝の板粕がバカ売れしたそうで

大いに感謝されました


感謝のあまり500g詰板粕を6個もタダでくれました

職場で配ったら3個しか残りませんでしたが

これを根室市在住者以外の3人に1袋づつプレゼント




残念ながら、根室市に住んでいる方は大熊商店で買ってください


プレゼント希望者はゲストブックに秘密コメで応募してください

締め切りは明日(3月28日)正午まで

それ以降の応募者は残念ながら涙を飲んでいただきます


応募多数の場合は抽選を行います

それではまた明日!




一爐庵のケーキ

ここのケーキ、中学生のときバス待ち時間に買って食べました

まだまだ貧しさの残っていた時代なので

小遣いをもらった次の日くらいしか食べれませんでしたが





クリームの味がその頃のままなんです

中学生の頃、クリスマスケーキがバタークリームから

生クリームへの変化が完了した頃

この店で一番安くて生クリームがたくさん詰まった

シュークリームがワシの定番でした


ここのケーキを食べると、味覚がの記憶と共にあの頃が甦ってきます




今日の根室

各地から花の便りが聞こえてきますが

今日の根室はご覧の有様です




昨夜の雪は除雪車が出動するくらい積もりました

自家用車の出入り口の所に、重たい雪をたっぷりと置いていかれ

朝から汗だくになって除雪に励みました


買い物ついでに海を見に行くと




だまだ流氷が我が物顔で居座っています

春は何時来るんだー!

彼岸荒れ

昨日は泥酔して帰宅して記事を落としてしまいました



彼岸は昨日で終わりましたが

この季節の吹雪を彼岸荒れと言っています




今年は、例年より雪が多くまだまだ残っているのに

このうえさらに降り積もれば、スクーターの出番は4月までお預けですね





明日の朝の除雪を考えると、ため息が出てきそうです

回転すし「花まる」

長男が、根室を離れる前に新鮮な魚を腹いっぱい食べたいと言うものですから

今や、すっかり札幌でも有名になった根室発祥の「花まる根室店」に行きました



今回は、根室らしいなと思う皿を紹介

先ずはじめに、今年すっかりハマってしまったサメガレイの寿司を発見

刺身で食べると旨いと聞いていたので早速注文です




しっかりとした歯ごたえなのですが、かみ締めると旨味とともに

適度な脂が絶妙の味わいを奏でます

これは絶対お勧めです



次に、大好きな赤物(赤魚)のアラ汁を紹介します




醤油仕立ての汁には赤物の独特の旨味が出ています

個人的にはあらゆる魚の汁の中で頂点に位置付けしています

赤物自体が超高価なので、自宅で食べることはなくなりましたね




最後に、北海道以外の回転すし屋にあるのかどうか




揚げ芋団子砂糖醤油かけです

道産子が大好きなジャガイモの団子

素朴な味わいが、人気の素だと思います






浅草軒のラーメン

根室の老舗ラーメン屋といえば「浅草軒」





今も昔も変わらない場所にあります


実は、オフクロがラーメン好きで、赤ん坊のワシを背負ってここに来たとのこと

ワシ自身は、物心着いたころからここのラーメンを食べているらしいですが

多感な時期を花咲港で過ごしたため、ワシの記憶にはここの味は刻まれていません

でも、多くの根室の人にとって、ラーメンの原点はこの店だと思います


さて、今回いただいたのはワンタンメン




お値段は、普通のラーメン630円に対し890円と少々お高くなっております




これが5個くらい入っていました

中の肉は香辛料が効いていて、好みが分かれるのではないかと思います

それにしても、ここのラーメンは量が多いですね

全部食べたら、腹がキチキチになりました

うし ウシ 牛

根室の農業は牛です

しかも、乳牛を主体とする酪農です

ふじさん一族の本家や従兄弟も酪農をやっています

だから、土地が何十万坪もあるらしいです

飛び地の400坪が放ったらかしなので「おくれ」と言ったら

「土地の境界が分からないから、自分で金を出して測量したらクレテヤル」と

測量にかける金と、土地の価値を秤にかけて諦めました



さて、可愛い牛をお見せしましょう




これがお母さん牛です

結構体は大きいですが性格は優しいです

子どもの頃は怖くて牛の前に立つことはできませんでした

ちなみに、首を繋いでいる器具はスタンチョンと言います

本家の牛舎は「スタンチョン対尻方式」ですね

対尻方式だと搾乳と糞の始末が楽です

対頭方式だと、エサやりが楽になります

どちらを選ぶかは各酪農家の考え方になります

スタンチョン以外では、フリーストールという方式もあり

これは放し飼い方式ともいわれ、牛舎内を自由に牛が歩き回れますが

糞尿管理と牛の衛生管理が難しいようです




さて、道東でよく見る白黒柄のホルスタイン種は

1頭で毎日20リットルから40リットルの牛乳を出します

1年間で10ヶ月間搾りますから、1頭で年間6000~12000リットル

ドラム缶にすると30~60本ですね

2ヶ月間はお休みで、次の出産からまた乳を出します

人間と同じで、出産を経なければ乳は出ません





これは子牛、
非常に人懐こくて可愛いです

本当はこの子のために出す乳を

人間も飲むために、品種改良してたくさん出るようにしたのです



新鮮な乳が毎日飲みたいので、自宅の庭で飼おうかなと一瞬思いましたが

毎日40リットルだと持て余すので止めました

山羊という手もあるので、こちらは一考の価値ありかな

鶏に山羊、ついでにワンコも飼って、定年後がとても楽しみです





| ホーム |


 ホーム  » 次のページ