FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

土曜漁師

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ



今朝も朝4時に起きて沖に行ってきました

今回は、番屋の朝ごはんをお見せしましょう

ごく普通の朝ごはんです




自船で獲れた魚が食卓に登ったのは一度も見ていません

今朝の魚も、別の船が獲ってきたベニザケですね

番屋によっては、自前の魚のところもあるはずです






ここ数日、暖かい日が続いていてようやくモモヒキが脱げましたが

空の太陽が黄色っぽい日が続いています

本州でいうところの黄砂みたいな色です





沖も朝から暖かで、合羽の上衣は必要なくなりました

ヤッケに腕ヌキの船員さんが多いです





船の周りではカモメがおこぼれを狙って大賑わいですが

突然静かになる瞬間があります

そのときはオジロワシが飛んでいます

漁師さんが魚を放ると、両足でガッシリ掴んで飛び去っていく姿は貫禄がありますが

時々見る、カラスに追われている情け無い姿はご愛嬌です


スポンサーサイト

根室公園で焼肉大宴会

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ



根室の街のど真ん中に根室公園があります

ここには屋根付きのBBQコーナーがあり

だれでも無料で使えます




今日は、我が社の家族親睦会です




もちろん、肉が中心なんですけど

ワシはどうしても魚介系に偏ってしまいます




ホタテやイカ焼は勿論のこと




茹でた花咲ガニに




シマエビは酒のつまみには欠かせません

中学生の息子は、牛肉を中心に食べまくり

途中からひっくり返っておりました

ワシも腹いっぱい飲み食いして、もう何も入りません


明日は、朝4時起きで漁船に乗りに行くのでそろそろ就寝します

おやすみなさい

快便ジャム

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ


最近テレビで時々見ますが、これを知っていたら中々のものです




赤フキではありません




これはルバーブという野菜です

シベリア南部が原産で食用大黄とも呼ばれています

これの軸だけを食用にします

りんごに似たような酸味とアンズのような香りが特徴で

ジャムやジュースの他、細かく切ったルバーブをそのまま生地に混ぜ込んで

お菓子にしたり千切りにしてサラダに加えたりと、さまざまな利用法があります

栄養面では、ビタミンC、カルシウム、繊維が多く含まれています


葉は蓚酸を含んでいるため食用にはしません




軸を1~2cmに切ります

今回は赤いところと緑のところに分けてジャムにしてみました




こんな色に仕上がりました




ヨーグルトに乗せて食べていますが

便通が非常に良くなりました

ここ半年、固い大便がちょっとづつしか出ず

いつも、肛門の奥の方に固形物があるような感じが続いていました

それが、一発ズバズバ出て非常に快調です

根室在住者で便秘者に限り1本進呈します

早い者勝ちです

今日は暖か

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ



今日、12:43に24.6℃まで気温が上がりました

けど、室内では全く実感ありませんでした




今朝、出勤前に根室港に行ってみると

いつも乗せてもらう漁船が水揚げ中

次の土曜日も乗せてもらいましょうかね

それにしても、こうやって見るとまるで小船のようですが

実際乗ってみると、それなりの大きさなんですよ





1日の締めくくりの夕日も中々のもので

明日への活力が湧いてくるような気がします



知床連山

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ


今日の予報では、気温が低いと言っていましたが

風が弱かったので、地表で温められた空気が滞留して

随分と暖かく感じられました





我が家の庭も大ぶん草ぼうぼうになってきました

次の休みは刈払機を入れなければなりませんね



知床の山も雪の白い部分が少なくなってきました




弁天島の緑も濃くなり、まだ寒いけど夏にまっしぐらです



月曜日の運動会

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ


今朝は、朝から晴天ナリ!




真夏の陽射しがギラギラと照りつけております


昨日、雨で流れた運動会も本日開催




平日に延期となったせいか、参観者も明らかに少ないです

夏至直後ですから、日射も最大値なのですが

最高気温は12℃までしか上がりませんでした

子どもたちは、グランドで震えていたことでしょう

そして、観客も毛布に包まっていたでしょうね

いつになったら暖かくなるのでしょうか





雨のち曇り

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ



今日は小学校の運動会

前日からお母さんたちはお弁当の準備に忙しかったことと思います

しかし、無常の雨がグランドをヌカルミに変えてしまいました




先生方は、水溜りの水をスポンジで吸ったり土を入れたりして

明日に順延になった運動会の準備に余念がありません



さて、雨は早々と上がり、9時頃には




薄日も射してきました


少し気温も上がってきたので、スクーターで走り回りました




どこに行くにも、厚床までの32kmの道が退屈です




途中から農道に入って、車通りの無い道路を楽しみます




こんな広々とした景色が大好きです




時には、こんなオマケも付いてきます

車が通らない代わりに、丹頂が道路の真ん中を通っています

ワシに気づくと




あっという間に飛び去っていきました


帰り道、農協の隣のガソリンスタンドで給油

ホクレンでガソリンのレシート50リットル分を集めると

北海道道路地図がタダでもらえるキャンペーンを始めたみたいです

http://www.hokuren-ss.jp/campaign/2012/06/2012-1.html

前にもらった道路地図もボロボロになったので

しばらくホクレンでガソリンを入れることにしました


泥酔の夜は更けて

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ



昨日、不覚にも記事を落としてしまいました




高校の同期がやっているお店での同期会

料理の写真も撮らずに泥酔して帰宅しました

さっき、カメラの中の写真を見たら

見覚えの無い物体が




毎週土曜日札幌テレビの人気ラジオ番組「日高晤郎ショー」とタイアップして

セブンイレブンが北海道限定で発売している「皆のシュー」です




断面の写真もしっかりと写っています

嫁に聞いたら冷蔵庫にあったのを出して美味しいって食べてたとのこと

そう言われてみれば食べたような気もするのですけど・・・



ニシンの開き

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ



先週土曜日にもらった新鮮なニシン

カラスに一部を持っていかれましたが

何とか、7枚手元に残りました




塩味もバッチリ決まって美味しいです

ただ残念なのは、晴れ間が無かったので太陽の光があまり当たらず

旨味がもう少しというところかな



そうそう、ニシンはみそ煮にもしました




青魚の代表格、サバのみそ煮が美味しいから

サンマもみそ煮で食べたら美味しかったので

じゃあ、ニシンもいけるだろうと思って嫁に作らせたら

ニシンもバッチリでした

今年の根室産ニシンは脂乗りも抜群です

お店で見かけたら買って損はありません

新規開店

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ


山ではハクサンチドリが盛りを迎えています




花の個体差が大きいため、株によって表情が違い面白いです



さて、山や海の話が多いので

たまには、下町に新しく出来たお店の報告を




梅ヶ枝町のパチンコロイヤル会館の跡地が食道園という焼肉屋になり

間もなく閉店、その後何年も空き家状態でしたが

「炎山」という店になり開店しました




先ずはビールで喉を湿らせ




焼肉で腹を満たし




冷麺ハーフで仕上てごちそうさまです

久しぶりの焼肉は美味しかったし嫌いではありませんが

体に臭いがしみ付くのがどうにも

歳を取っては煙モウモウの焼肉よりも、冷酒に焼き魚でしょうかね




干物3兄弟

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ


土曜日にいただいた魚のうち、5種類を干物にしました

主な干物はニシンの開きですが、こちらはまたの機会に

ホッケの干物がカラスに取られたことは先日書きましたが

残る3種類が食卓に上りましたので紹介します




一番上から、間違って1尾紛れ込んだキュウリウオです

小さなキュウリウオは好きなのですが

大きいのしか獲れないので積極的には貰いません


真ん中はチカです

そこはかとない旨味が好みですけど、少し大きい分大味でした

昔の根室人はチカを焼干にしてダシを取っていましたが

今は、すっかり消えてしまった食文化です



一番下のはコマイ、これも貰ったつもりはないのに何故か1尾だけ混ざっていました

1年中獲れますが、やはり旬は秋から冬ですね

夏コマイの干物の味ははイマイチでした


甘太郎の肉まん

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ



土曜日に漁船に乗ったときに貰った新鮮な魚を、ご近所におすそ分けしました

そうしたら、その日の昼直前のこと

ちょうど、昼飯は何にしようかなと考えていたら




ホカホカの肉まんに、豚キムチまん、たい焼きが届きました

魚を配ったご近所の方からの頂き物です

久しぶりに美味しい肉まんをいただきました




特に、根室の人は 肉まん = 甘太郎の肉まん

と刷り込まれている方が多いと思います




包装紙なんかも、今は無き駅前店がそのまま印刷されていたりして

往時の哀愁をかき立てたりしてくれます




フキ採り

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ

今日は予報では午後から雨

朝早くから今が盛りのフキを採りに行ってきました




こんなに大きく成長しています




ここのは大きくて青々していて、切ると中にたまった水がジャーと出てきます

保存する人はいっぱい採るのでしょうけど




自分は大好きなフキ佃煮を作るだけ採れば良いので

採っても10本くらいです




あまり大きな鍋がないので、30cmくらいの長さにそろえて茹でます

一晩水に晒して、明日佃煮にしますけど

これだけ採ってきても、できはがりは非常に少なくなるのが悔しいです


ちなみに、道東地方のフキは6月いっぱいくらいが採り頃です

水気の多いところのフキは、青くて美味しいですよ

根室は街中の道端や中央分離帯でもフキが雑草として生えますが

これらのフキは赤くて食用に適さないと言われています

出漁

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ


今年になって初めての漁に行ってきました

朝5時に出漁ですので、4時起きです




今日は、ニシンが大漁で船頭も大喜び




小さな船の上はあっという間に魚でいっぱい

それを狙うゴメ(オオセグロカモメ)も眼光鋭いです




魚の選別をしなからの帰港、小魚が海上に流れ出すのでカモメたちも狂喜乱舞


さて、今日の賄いに貰った魚の中に大きなホッケが1尾




ホッケはこれ1尾しか獲れなかったので貴重です

大好きな開きにします




ついでにニシンも開いて干しちゃいます




美味しく仕上がったらブロ友の大喜さんにもおすそ分けと思っていたら

干しカゴのチャックを開け、カラスが貴重なホッケとニシンを半分持って行きました

クソー!油断して昼寝したのが悪かった




和田神社のお祭り

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ

昨日、出雲さんのお祭りが第1号と書きましたけど

和田神社もお祭りをやっているのを今日確認しました

もしかしたら本祭は両方同日で、情報を誤っていたかもしれません





ここは、屯田兵が創祀した神社です

境内には、屯田兵による開拓を偲ぶ石碑もあります




石碑の表面には、ワシには判読できませんが

小さな字がビッシリと掘り込まれています

その隣には、この碑の由来が




根室市は、根室町と和田村が合併してできました

その後、歯舞村が合併して今の行政区域になっているのですが

和田は屯田兵によって拓かれたのです

掘っ立て小屋を建てて、冬を越したらしいのですが

命を落とした人も多かったのでは


境内にはもう一つ石碑が




こちらは忠魂碑、もしかしたら日清、日露の頃の戦死者の方も

祀られているのかも知れません


出雲さんのお祭り

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ


今日から出雲神社のお祭りが始まりました

弥栄稲荷(アンバラバ)のお祭りが今年から無くなったので

ここが1番手となりました





ここは山の上(昔はそういう風に呼んでいました)にある小さな神社です




小さいって言っても、都会の神社に比べればお宮も大きいし敷地も広いです




気温が上がらないので。子どもたちの格好は防寒着みたいですけど

それでも待ちきれないって雰囲気で楽しそうでした


根室にいよいよ初夏が訪れたって感じです

でも、とても寒いです

謎の物体Xか

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ







さて、何だと思います? この色合いの悪い物体は





実は佃煮なんです

味と歯切れは中々のものです




では、一歩前の段階に戻ってみましょう




乾燥した黒いキノコです

実は、台所の天袋を整理していたら、保存瓶に入った状態で発見しました

ハタと考えたところ、思い出しました




昨年の秋にたくさん採れたので、乾燥保存に挑戦してみたハタケシメジです

干したところ、色がグンと黒くなったので仕舞い込んだ物でした

久しぶりに日の目を見たシメジは

あらちんパパさんとこからき来た日高昆布と一緒になって

美味しい佃煮として見事復活しました




駅前札幌ラーメン

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ

皆さんコンバンワ、根室ではオバンデスと言います

漢字で表記すると「お晩です」で、決して熟女をことを指す「オバン」ではありません

さらに、オバンデスは丁寧語も存在し、その場合は「オバンデゴザイマス」と言います

これ、本当です



さて、先日の日曜日の昼飯に「ラーメンでも食べに行こうか」となって

久しぶりに駅前札幌ラーメンに行ってきました




根室では根強い人気があり、本場札幌に引けを取らない味だと思っています




嫁は正油お子様ラーメン





中学生の息子は塩の大盛をたのみました



そして自分はミソお子様にしました




ここの麺は札幌の西山製麺のもので

味噌ラーメンがここまできたのは、この多加水熟成麺が西山製麺で開発されたから

やはり、この麺と味噌の相性は最高に良いと思います

だから、ワシはいつもここではミソにしています


でも、盛りの少ないお子様で足りたの?と思われるでしょ

実は、小ライスも注文しているのです




ここではライスだけの注文はご法度ですが

これだけのオカズが付いて2百円なんです

クロガレイの煮付、長いもの千切、イカの煮付、菜っ葉のひたし

そして中央に鎮座する橙色の物体は・・・ 新鮮なホヤ刺身

ここ数年ホヤはとんでもなく高価ですから、ここで食べられるとは思いませんでした


そして、お盆の上の方に写っている円筒形のタッパの中身は




イカ塩辛、海苔とコンブの佃煮、タコの塩辛で

いくら乗せて食べてもOK

腹がキチキチになりました


我が家の初夏

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ


今回は、我が家の庭の庭の花の話です

なんだか寒い日が続いて、股引が放せませんが

庭には健気にも、初夏を告げる花たちが咲き誇っています




これは、一番立派なクロフネツツジ

今日、帰宅したら既に散り始めていました







庭のイチイの10本ばかし生えている下の日陰には

ツルニチニチソウが花を付けています







これはエゾクサイチゴで、食用のイチゴ=オランダイチゴの近縁種

その実は小さいのですが、香りはオランダイチゴと比較できないほど素晴らしいです







これはワスレナグサの小さな花、ドラえもんの道具にもありましたよね

匂いを嗅ぐと、今まで考えていたことを一瞬で忘れるワスレナグサという道具



そして最後は




名前も分からないとても小さな花、その小ささはワスレナグサにも匹敵します




第40回古本市

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ


第40回の記念すべき古本市には





なんと、2万4千冊もの古本が集まったそうです

かく言うワシも毎年楽しみにしているのですが




多くの市民でごったかえしていました

中には段ボールに6箱とか買う、明らかにセドリ業者と思える人も

こんなところで仕入れるんじゃねー

市民が楽しみにしているのに、一般市民が引いてからコイや

なんて思ったりしましたが



ここでの売り上げは図書館に寄付されて

新たな図書購入に充てられます

とても良い取り組みだと思います

実行委員の無償奉仕の皆さん、ご苦労様でした

我が家でも相当古本を出したし買ったし

嫁も手伝いに行ったけど

こうやって、皆で図書館を応援していく取り組み

偉いことだと思います



北の国から その3

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ



北の国からと題したこの記事も

根室のロケ地はいよいよ最後です




これは黒板蛍が黒木医師と隠れ住んでいた住宅です

落石西の海の見える高台にあります

テレビではこの方向からだったでしょうか




この住宅は公営住宅で、今でも使用されています

手前の蕗の葉に隠れている黒い犬が吠えるので要注意です



最後は、黒板蛍と笠松庄吉が歩いた廃船のある海岸です



ここは浜松の海岸で、近くに凪屋食堂の跡があります

撮影時に使用した木造廃船は現存しません



また、純と蛍が話をした海が見えるバス停

数年前まで浜松の高台に現存しましたが

発見できなかったので撤去されたのではと思います




以上、続きは羅臼のオフ会で純の番屋など現地体験しましょう!

続森の中の一軒家

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ


さて廃屋の中を覗いてみましょう

先ずは、入り口から土間に入ります

ここは、台所兼入り口なんでしょうね

面積は三畳くらいです




先ず、入り口から

昔懐かしいカルピスの瓶が転がっています

上を見てみると




屋根も破けています


次に、主室の方を見てみます

広さは六畳ほどです




床は落ちてしまってメチャクチャです

中央には、鉄板製の薪ストーブが据えられています




煮炊きのできるこの型の薪ストーブ、今でも売っています




鍋と茶碗、薬缶など当時の生活の様子を色濃く残しています

茶碗とお椀の数からすると、4人家族だったのでしょうか

狭いながらも楽しい我が家だったのでしょうかね




卓袱台はとても小さいです




壁にはハンチングと美女のカレンダーが

ミツウマのカレンダーです、富樫履物店と店名が入っています

富樫靴店は昨年廃業されました




向って右から柏木由紀子、吉永小百合、大原麗子です

三人ともたいへん若々しいです




第二のカレンダーです

昔、根室の中心街にあった薬局のものです

今は「花るのん」という店になっています



第三のカレンダーで、この家の時が止まったのが何時か分かりました




昭和44年(1969年)の7月でこの家の時は停止していました

ここに入植したものの耐えられなくなって去ったのだと思います

以来40年以上も家人が帰るのを待っていたのですね

当時は周りの木も無かったのだと思います

その後の植林された木が大きくなって、家を覆い隠してしまったのでしょう



ちなみに、最後のカレンダーは山本商店のものです

今は社名変更で屋号のヤマレンに変わっています

それにしても、この小さな部屋にカレンダーだけで4枚もありました

当時の生活を想像すると、とても切なくなってしまいます


森の中の一軒家

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ



先日、森を彷徨っていると

遥か前方に、赤茶色のものが見えています

林床を抜け藪を漕いでいると






な、何と深い森の中に廃屋らしきものが見えているではないですか

ダニが付くのもいとわず近づいてみると






し、信じられないことに道も無い深い森の中に赤頭巾ちゃんの家が



先ずは、外からじっくりと観察します





古井戸らしき窪みを避けながら回り込みます





前面しか明り取りの窓はありません

それにしても、小さい家です

それでは、中に踏み込んでみましょう





つ、続く・・・

ハリギリがウニに化けた

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ


今日、太陽の上を金星が通過するのが観測されました

根室でも、何度か雲が薄くなったとき観測できたのでしょうけど




肉眼では無理でした

次は、是非望遠鏡などでしっかりと観測したいと思います

ただし、あと105年生きていられたらですけど



さて、この前の土曜日、大量のハリギリを採取したので

その一部をウニ屋の女社長に届けました

そうしたら「持って行きや」とくれたのが、ウニの酒漬け

本当はウニ数の子になるはずだったのですけど

数の子が入らない状態のをいただきました


今回は、これを一工夫してみました

まずは




ウニのパスタです

これは、相当に旨かったです

表面には出ていないのですが、結構な量のウニが隠れています



次は、ウニドレッシング




嫁いわく「ウニとマヨネーズを混ぜただけ」

ウニの塩味とマヨネーズの酸味とまろやかさが絶妙です


こんなに贅沢が出来たのなら、通風が痛くなっても仕方ないと思います



酪農廃墟

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ

オウム真理教の菊池直子が逮捕されましたが

ニュース映像を見て、色々な意味で血が騒いだ方も多いと思います

自分の場合は、二人が住んでいた家賃三万円のあの家

まるで廃屋のようなあの家に血が騒ぎました



ということで、久しぶりの廃墟です

今回は酪農廃墟です

高齢化と後継者不足で離農する農家が多いです




今回の廃墟も道路から見えないところにありました

納屋と住居、それから牛舎で構成されています

オマケに、廃車2台も付けてしまいましょう





これが母屋の外観です

屋根さえ直せばまだ住めそうな建物です




全て曇り硝子なので、玄関の郵便受けしか内部を垣間見ることが出来ませんでした




隣接する納屋はかなり老朽化が進んでいます



これは、最も大きい納屋を外壁の破れ目から覗いたものです



小さい方の納屋は




真っ白な花を付けるエゾノコリンゴにすっかりと覆われ、とても風情を感じます


かつて、たくさんの牛を飼っていたであろう牛舎は




木造部分がすっかりと朽ち果てていました



さて、オマケの廃車に移ります

母屋の前に放置されていたトラックとその内部です






次は、大きな納屋の横にあった自家用車






廃車の良し悪しは良く分かりませんが

廃屋の方は良く分かります、今回のは中くらいでしょうか


厄介者

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ

早くもコヤツの季節となりました

少し、藪漕ぎするとたかられます




その正体はダニさんです

体は平べったく、指で強く圧迫しても潰れません

爪と爪の間でようやく潰れます

上下の圧力には屈しないような構造をしているんです


ちなみに、ある人の話だと

この扁平な体で滑空して飛びついてきたとのを見たとのこと

自分も是非その瞬間を写真に撮りたいです


さて、北海道のダニはライム病を媒介することもあるので要注意

喰われたら速やかに皮膚科に行って除去してもらいましょう

マダニでググって画像だけを表示したところ

血の気が失せる画像がいっぱい



皆さん、興味のある方はやってみてください

その結果についての責任は持ちませんけど

浜松パス

第二回オフ会開催、参加者募集中 ⇒ 詳しくはココ


根室には、山野を自由に歩く経路がいくつも整備されています

英国発祥の景色を楽しみながら歩く小道=フットパスを取り入れて

地域の魅力を最大限楽しめるようにしているのです

酪農家集団AB-MOBITさんが最初で

厚床パス、初田牛パス、別当賀パスの三経路を開設し

その後、落石漁協さんが落石岬パスと浜松パスを整備されています



今回は、浜松パスを息子と二人で歩いてみました

出発点からイキナリこんな眺めが




ミズバショウの湿原です

さらにどんどん歩いて、時々順路を外れるのも楽しみながら歩きます




小川に沿って歩いていくと、突然足元の地面途切れ、川が無くなります

横から見るとこんな風になっています



無くなった川は、断崖を滝となって海に落ちています

この場所、あまりにも高くて尾てい骨がムズムズするので

息子が「お尻ムズムズの滝」と命名しました


なだらかに続く台地上には



ユキワリコザクラの群生や

早くも顔を出した



濃い紫色のハクサンチドリが可愛い花を付けています




こんな海の洞穴や








強風に立ち向かう松の木達が特異な景観を見せています


どうです、タダでこんなところを楽しめちゃうのです

皆さん、是非根室にいらしてください





今日はハリギリ採りに

根室もようやく春真っ最中

でも、気温が低くて日中でも7℃くらいなんです


そんな寒い中、スクーターでハリギリ採りに山へ行きました




寒いせいか、見ごろの桜も結構残っています






こんな森を彷徨い、ハリギリを採ります




ちょうど食べごろですね

ちなみに、タラの芽は




木になりつつあります




こんなに大きなハリギリもあって、太い芽がいっぱい

どうやっても手が届かないので悔しい思いをしました

でも、根室ではハリギリが美味しいことを知っている人が少ないので




こんなにたくさん採ることができます





天ぷらにして春の味を思いっきり楽しみました




第二回オフ会開催! 参加者募集中

ねむろ在住者主催による第2回宿泊オフ会開催のお知らせ
 
とき:平成24年7月15日(日)~7月16日(月、祝)
 
場所:羅臼の民宿うみねこ屋
 
        うみねこ屋さんのホームページ↓
 
                http://rausuumineko.web.fc2.com/
 

費用:一泊二食5千円+酒代1千円=6千万円

定員:7名(7人目は、うみねこ屋の親父えぞばふうにのひとりごとさん)
 
うち3名は既に決まっており・・・
 
女社長の大喜さん、信州一の色男焚火人さん、そして中年太りのワシ
 
残り3名でございますよ
 
急げ




参加希望者はゲストブックに書き込みを!

楽しかった去年のオフ会の記事は
http://blogs.yahoo.co.jp/osukuwa/29003649.html

http://blogs.yahoo.co.jp/osukuwa/29009178.html

北の国から その2

北の国からの第二弾はこれ


黒木医師と黒蛍が働く落石診療所です


この建物はまだ残っています




ほぼ変わらずそのままです

ロケ地という理由ではなく

古い木造家屋が好きなワシとしては

ググっと近づいて窓から中を見たかったのですが




軽トラが停まっていて、内部に人がいるので諦めました

ちなみに場所はここです


| ホーム |


 ホーム