FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

キノコを探して

昨夜、高校の同期会の札幌旅行の打ち合わせで酔っ払って帰ってきました

またまた、予定外に記事を落としてしまいました



さて、気候もすっかり涼しくなったので、森のキノコたちを見に行ってきました

あわよくば、食料にしようと企みつつ











何やら色々と生えていますが、食べられると確信のあるキノコはゼロ

昨年、ポルチーニと思って採ってきたキノコで苦い思いをしているので

今年は冒険を控えています


それでも、間違いなく食べれるのを見つけました



卵のような皮を割ると、中はゼリーに包まれた白い本体が

これが成長するとこういうふうになります



この網の部分の軸の部分を乾燥させると、超高級中華料理の素材となります

でも、見つけたときは大体採り時期を逸していることが多いですね


それにしても、キノコの写真は難しいですね

森が暗いのと地表すれすれにあるので、固定する三脚がぐらつきます

キノコは被写体として面白いのでたくさん撮るのですが

まともに写っている写真は1割くらいです





スポンサーサイト

花咲港にて

花咲港はサンマの水揚げで賑わっていますが

港の西側はロシア漁船専用岸壁の様相です


最近は日本製の漁船を使っていることがほとんどですが

ロシア製の無骨な船を発見




船の形が明らかに違うのです

後ろから見た姿が頑固一徹




まるで、装甲車のような後姿です

隣の紺色の船もロシア船ですが、日本製ですね

形の違いが良くわかると思います



黒い船の舷側には




若い船員がくつろいでいました



イカの生干し

今日は朝からスキッと秋晴れです




しかし、最高気温は15℃です

先週の最低気温にも達しません

とうとう、我が家の灯油ストーブにも火が入りました



でも、悪いことばかりではありません

魚介の干物が作れるようになりました

特に今日は風も強かったので干すのにはうってつけ




昨日、友人からいただいた新鮮なスルメイカを生干しにしてしまいました

軽く炙って酒のアテに

猪口は献血100回記念で貰ったものです

これに、地酒北の勝「大海」を注いで

あー最高!


釧路で駅弁

昔の話です

根室の隣の釧路市はイワシが大漁で

水揚げ量日本一を記録していたことがあります

その頃、マイワシはフィッシュミールに加工されていましたが

新鮮なイワシを使った駅弁もその頃に開発、発売されました

その名も「イワシの頬被り」

酢〆されたイワシの寿司を薄切りの大根で包んでいて

大根の歯ごたえが加わりとても美味しい寿司なんです



先日、釧路駅に寄ったので、久しぶりに買って食べようと思いました




ところが、頬被り寿司は売り切れていて

この寿司が残っていました




右上が生サンマの寿司

右下がイワシの頬被り寿司

左下がサーモン寿司

左上が炙りサンマの寿司です

1度に4種類の寿司を楽しみながら、ビールを飲んで汽車の旅

たまには良いですね、こういうのも





とうとうサンマを買ってしまった

サンマは、連日2000㌧以上花咲港に水揚げされているらしい

しかし、中々我が家までは回ってこないっす!



サンマはタダのものを食すという主義でしたが

とうとう買いに行ってしまいました




中型のサンマ1盛り380円ナリ

20尾くらい入っていたでしょうか


焼き魚と刺身でいただきました

あと、塩を振って保存と、煮付けにもしました


ちなみに、サンマを買った海鮮市場では

小さいサンマを無料で配布しています







甘辛く煮付けるならこちらで十分です

干物もOKでしょう



できれば、脂の乗った大きいサンマが食べたいです

余しているところがあれば連絡ください

即、受け取りに参ります

真っ赤な夕焼け

日が暮れるのがとても早くなりました

それもそうですね、明日は秋分ですものね

夜が長くなると、鬱っ気が出てくるのがここ数年のワシ

男性更年期に入ったのでこんなものでしょうか



さて、今日の午後5時30分頃

太陽が沈んだ直後に空が綺麗に焼けました




中央やや右よりに見える円錐形の山は雄阿寒岳です




これは斜里岳です

手前に武佐岳が重なっていますが判別は難しいです

写真は夕日モードで撮りました

肉眼で見たとおりの赤さに写ります

通常モードだと黄色っぽく写ります



でも、夕日なんかを撮っていると、デジイチが欲しくなりますね

コンデジだと太陽の輪郭がハッキリ写らないんです

夜空や星座も撮りたいのですが、コンデジは難しいですよね

しかし、携帯性と経済性は圧倒的にコンデジ有利ですから

多分、このままいくかなと思います

根室で最も旬のそば屋

釧路はそばの美味しい店が多い激戦区

それに対して何とか我が郷土でもといろいろ食べ歩いた結果

自分の主観100%でお勧めするのが「そば処ひより」


更科系のそばで、市内では最もお気に入りです

今回食したのは、冷たいそばを温かいツユで食べる「つけ鴨」

そば好きの自分は大盛でいってしまいました




お値段は、全体的に高めですが美味しかったですよ



最悪の日帰りツーリング その2 幻の薫別温泉

小雨降る中目指したのは、秘湯「薫別温泉」

薫別温泉は標津の古多糠側からと、羅臼側からの二方向の経路があるのですが

古多糠側からだと、分岐が多くて迷いやすいので

自分は羅臼側から入ると決めていました


薫別の街を過ぎたところから山の方に左折します

舗装道路はやがて、砂利道に変わります

冷えてきた体を湯に浸したい、その一心で悪路をカブで走りました

20年前の記憶を頼りに、薫別温泉に向う林道の分岐にたどり着きました




たしか、この先にあったはずですがゲートは閉まっています

対ヒグマ用の装備を腰に巻き、徒歩で温泉に向いました




林道は、2006年以来閉鎖され、既に廃道になっています

しかし、良く見ると自転車が通った轍が微かに残っています

誰かが温泉を目指した証拠?です





1km程進むと、道路の半分以上が谷底に向って崩落しています

さらに先に進むと、土砂崩れで徒歩や自転車以外通行不能になっていました

やがて、見覚えのある橋が見えてきました




自分の記憶では、橋を渡った左側に温泉があったような

しかし、左側に進むと道路の痕跡は川に呑まれて消えています

右側にも道路が続いていますが、もの凄い藪で先が見えません

実は、この藪の先にもう一つ橋があって、そこを渡った左側に温泉があるのですが

記憶が不確かな上に、下調べが不十分でした

すでに体力的に厳しいのと、本当にクマに遭ったら洒落にならないので

もと来た道を引き返すことにしました



ようやくカブの所に戻って、今度は古多糠側に進路をとり帰ることにしました

800mほど程進むと、もう一つの分岐があるのですが

そこには、しっかりと看板がありましたよ




羅臼側から来ると、この分岐のさらに先の分岐に出るので

この案内板を見ることはないのです


結局、温泉には浸れず、小雨降る中を戻ることにしましたが

もう、一生あの温泉に入ることは無いと思います

自分にとっては秘湯は幻の湯になってしまいました


(おしまい)


最悪の日帰りツーリング その1

朝の天気予報を鵜呑みにし、夜以降の降雨につき日中は大丈夫と踏んで出発




ところが、別海町に入ったとたん霧雨

自宅に戻ろうかどうか悩んだ挙句、合羽を着込んで続行を決断



今日の目的地は2箇所に決めてあります

先ずは、第一目的地の野付半島竜神崎を目指します




この交差点を右折すると野付半島です

昨日までとうって変わって気温が低いです

あまり景色を楽しんだり、途中休みする余裕がありません





竜神崎到着と思ったら、一般車両通行止めですね

時間があれば海岸に出て徒歩で行くところですが

今日はもう一つの目的地があるので

竜神崎灯台が見えたことで第一の目的達成としました

ちなみに、ここまで来ると北方領土の国後島まで16kmしかないので

けっこうクッキリ見えるのですが、今日は視界不良で見えませんでした


さらに北上を続けますが、標津を過ぎたあたりからお天気は完全に雨になりました





途中、薫別川の橋の上からサケ捕獲用のウライが見えたので寄り道




薫別川はサケの遡上で川床が見えない頃もありましたが

今日は1尾も見えませんでした



さて、今日の第二の目的地は・・・




薫別の街を過ぎたところから山の方に入ります

もの凄い悪路で山親父が出そうですね




道をどんどん進んでいくと、やがて小さな橋にさしかかりました

ここからさらに山奥へ林道を進みますが

この後、まさかの結末が








山内惠介in根室さんま祭り

昨夜11時、水産加工場で働く友達から電話がありました

「夜遅くに申し訳ない」から始まって、我が家の玄関の前にいるとのこと

出てみると、丁寧に梱包されたサンマの発泡スチロールの箱を持っています

「毎日サンマで残業、こんな時間になって悪いが食べてくれ」

「このまま発送しても大丈夫」とのこと、感謝していただきました

今時期の根室の経済はサンマが支えているのです

友達も、連日の深夜残業で大変そうですが、サンマが南下を始めるまでの

正味1ヶ月に勝負がかかっています



さて、今日はサンマ祭り




サンマ漁船が集魚灯を点灯させて会場を煌々と照らします

そして、今夜の皆の楽しみは

根室市の味覚観光大使でイケ面演歌歌手山内惠介君のステージです






熟女の大群が、山内惠介君を追っかけて全道全国から来ています

遠くは九州宮崎県からの女性もいました

これだけの熱狂的なファンを集められるのはもの凄いです

午後6時のショー開始とともに会場は熱気に包まれます



今日の衣装はサンマを連想した色と惠介君は言っていましたが

暑さと熱気で、上着を脱いで歌っていました





ステージ終了後は、CDを買った人との握手会です




ワシもCDを買い込んで握手しました

そして、直筆のサインもいただいてきました




よく見ると、ワシの若い頃にそっくりだと思います

明日も正午から惠介君のステージがありますので

今から出発すれば間に合う人は、夜通し走って根室へGO!

風蓮湖

今日も最高気温は26.9℃




テレビでは観測史上の言葉がいっぱい出ています

そんな、残暑厳しい根室ですが

根室の入り口にある汽水湖の風蓮湖には




鴨らしき鳥がいっぱい浮かんでいて、計数機で数えている方がいました

鳥たちは秋を告げているようですけど暑いです




さて、風蓮湖といえば、熟女に圧倒的人気の山内恵介クンですね

根室の味覚観光大使をしています

その恵介クンが明日と明後日、根室に来て歌っていきます




そうなんです、明日から20回目のサンマ祭りが始まります



100円出して皿と箸を買えば

無料の炭火を使ってナンボでもサンマを焼いて食べられます

さらに、恵介クンの歌を聞きながら北の勝を飲めばこの上ありませんね

たくさんの人が来てくれると良いですけど

明後日から天気が悪そうなので、明日が狙い目です


地酒「北の勝」吟醸

昨日は25℃、今日は27℃、明日の予報も27℃

異常な暑さが根室を襲っています




しかも、秋のカラッとした空気ではなく、重く湿った空気なのです

そろそろ勘弁してもらいたいです



さて、いつも酒粕を買っている大熊商店




店先に「北の勝限定品吟醸」と大書されています

ふらふらと吸い寄せられるように店に入ってしまいました




これが最近発売された北の勝吟醸です

お値段は4号瓶で2290円、一升瓶で4400円です

大熊商店は地方発送も可能で、ゆうパックで送料道内一律480円

本州も通常の送料より安く送れるそうです

ちなみに、写真に写っている1合升も1個二百数十円で売っています


今回は、皆さんの要望の多かった朗らかな大阪弁のオカミサンの顔出しの件

お願いしたのですが、店に来て見ていただきたいとのことで実現しませんでした





早速、冷蔵庫で冷やして風呂上りにちょいと一杯

華やかな吟醸香が立ち上がり、微かな甘味と豊かな味わいが口中に広がります

それを飲み下すと、サラサラ余韻を引きながら

最後に、フッと一切が消えていきます



根室以外の多くの人にも、郷土の銘酒を楽しんでいただきたいです

とても美味しい北の勝吟醸は

大熊商店(℡0153-23-4312)に電話すると発送していただけます

その節はふじさんのブログを見たといっていただければ、ワシの株も上がります


10月は北の勝純米(1升2800円くらい)も発売で、今から楽しみにしています


ロケットストーブを作ってみた

去年の震災以来、一部で注目されているものに

ロケットストーブなるものがあります

薪、紙、小枝、廃材など燃料に、結構な火力で煮炊きや採暖に使えるので

災害時に非常に有効なのだそうです


元々、火遊びが好きで庭にペール缶を置いて焚火していた自分としては

是非、これに取り組まない手はありません

それに、キャンプで使うストーブで薪を燃料にするのを探していたので

この際ですから、手持ちの材料で小型のを作ってみることにしました




材料は、ペンキを入れる容器(消壷として使っていたもの)

オイルの空き缶、パーツクリーナーの空き缶、そして断熱用に鹿沼土を用意しました

すべて、物置に転がっていたものです


一番面倒くさい缶の穴あけは、ナイフを放射状に突き刺し

最後は万能ハサミで切り取ります




適当に缶と缶を繋げて、隙間に断熱材代わりの鹿沼土を入れてお終い

30分で完成しました




出来上がりはこんな感じです

台にしているのは焚き火用のペール缶です

手入れを怠った我が庭は原野に還りつつありますが、気にしないでください




燃えている様子はこんなのですが

煙道が短いこと、焚口が小さくて少量の燃料しか入れられないことが最大の敗因です

火力が弱くて薬缶のお湯が沸騰しませんでした

次は、ペール缶を仕入れてステンレス煙突を使って実用品を作ろうと思います




多和平を目指して

誰かさんの記事を読んでいて「そういえばここ行っていない」

と思ったのが標茶町の多和平

カブの馴らしと満タンでどこまで走るのかを試したくて行ってきました

もちろん、念のために1リットルの予備ガソリン携行しましたけど





この日は絶好の天気で、隣町の別海町に入る頃から気温はグングン上昇

あまりに暑いので、別海町の農道の交差点に昔からある商店でお茶休憩



野中の一軒家のお店は、おばあちゃんが一人で切り盛りしていました




店番の野良猫も暑くて動きません

店内は、現役の頃の千代の富士を使ったポスターが貼ってあって

昭和で時間が停止した感じです



休憩後もカブ号は順調に走ります、向うところ敵無しですね




この日は雲が綺麗で、何度もバイクを止めて写真を撮りました



やがて、根室国から釧路国の境目あたりで景色が一変しました

とても雄大な景色が広がります







目的地多和平はもうすぐです




これが多和平らの小高い丘の上に建つ展望台です



それでは展望台からの眺めをお楽しみください



これは摩周湖方向ですね

右手に見える切り立った山肌は摩周湖のカムイヌプリです





これは阿寒方向です、雄阿寒岳が見えています






こっちは釧路湿原の方角で、地平線が見えています





これは標津の方向ですね

多和平の眺めは最高でした、絶対お勧めですね

道東の雄大さがここに凝縮されています





ちょうど喉が渇いたので何か買って飲もうかなと思ったら、摩周湖の水がタダでした

清澄な水が喉を伝って落ちていく感触は、本当に最高でした





多和平展望台の直下は野営場になっています




設備は十分ではありませんが、眺めが最高ですし夜空の星も素敵でしょうね

何と言っても、これだけ開けた牧草畑の真ん中ですと

ヒグマの気配が無いのが安心です




羅臼のクマの湯のキャンプ場も有料化されて久しいですが

ここもお金を取るようですね







標茶の街中ではとても素敵な廃屋を発見!

すかさずバイクを戻して、撮影会です

できれば1週間くらい過ごしてみたいです


標茶からは厚岸まで抜けます




厚岸の海岸でエンジンと尻を休めます

ここまで走ると、本当に尻が痛くなりますよね




休んでいると、目の前に鹿さんが現れます

お互い、目を合わせたりそらしたりしながら様子見していました



厚岸からは自宅のある根室に帰るのみ

ガソリンがもつかどうかへの挑戦です

幸いにして、根室まで無給油で戻ってくることが出来ました

この日の走行距離は260kmで、3.7リットルガソリンのガソリン消費でした

燃費を計算すると、何と1リットルで70キロ以上走ったことになります

これは、脅威の低燃費です

カタログでの燃費は60キロなのですが

北海道のように信号機のないところだとこんなに走るんですね

前のリード号は良くてもリッター35キロでしたから、2倍も走るのは財布にも優しくて

遠出の機会が増えるということですね

オヤジホイホイのカブ号、今後が楽しみなバイクです



三吉神社のお祭り

今日と明日は三吉神社のお祭りです

みんなサンキチさんと呼んでいますが、正式にはミヨシジンジャです




小さな神社ですが、人の集まり具合は結構なものです

富くじや焼サンマがタダで、しかも



これまた観戦無料のプロレス興行があるからです

地元の素人さんによるプロレス団体が盛り上げているのです




結構、本格的な技がでます

明日、仕事のある方もいるでしょうに、体大丈夫でしょうか

ワシは、無料で振舞われた地酒「北の勝」を片手に観戦




小さめのコップですが、2回もお代りをしてしまいました

それでは、本日のメインエベントを動画でご覧くださいませ


納沙布岬にて

新車のスーパーカブ、理由を見つけては乗りたくて

今回は、慣らし運転という理由で日本本土最東端の納沙布岬へ

根室市街から片道25キロくらいでしょうかね





納沙布岬先端の灯台を後ろに記念撮影です


この納沙布岬は駐在所もあります




駐在所の左にある展望塔から実質上の日露国境を見張っているのです




望遠鏡が北方領土の方向に向いています



さて、納沙布岬に来たからには、ここでしか食べられないものをいただきましょう





昆布ラーメン700円です

昆布の細切りがたくさん入っていますが

麺が他とは決定的に違うのです




海草入り緑麺です

根室では、ここでしか食べられません




味は、自分の舌で確かめてくださいませ

サンマの水揚げを撮りに行って



花咲港には、連日2000㌧のサンマが水揚げされています

先日は小型船の水揚げを紹介しましたが、今回のは大型船です

大きなトラックの荷台に直接水揚げされ

トラックまま次々と競られていきます




この水揚げの現場で、袋を片手に魚を拾っている人達が数名




拾っているのはサンマではなくサバです

トラックの上の人が、サンマに混獲されたサバを弾いているのです

サバで袋をパンパンにした人達が帰ると、岸壁はサバが点々と

それを写真に撮っていたら、トラックの運転手さんが少し怖い顔で

「何で拾わない!脂がのってうまいぞ、オレは飽きたけど」

すかさず袋を出して太ったサバを選って拾ってきました




超新鮮なサバ、たくさん拾えそうですが大きいので8匹でやめてきました

ちなみにゴマサバとマサバが混じっていました




この新鮮なサバは、夕餉にサバミソで供されました

脂が乗って身も適度に締まってチョー美味です

こんな楽しみがあるなんて、今日の朝まで知りませんでした

早起きは三文の得


要注意、水揚げ作業の邪魔は絶対にしないように!

株主になって

新車のスーパーカブ、乗りたくてたまりません

日曜日は午後から馴らし運転とツーリングを兼ねて走ってきました




左肩には燦然と輝く「株主」ステッカーが

山親父さんが納車祝いに送(贈)ってくれたものです

株主(カブヌシ)となった自覚が湧いてきます





林道の砂利道も難なくこなします

林道の途中にある展望台で小休止






箱庭のような眺め?

実はこのサイトでミニチュア写真に加工したものです





すっかりお尻が痛くなりましたが

道東の景色を満喫しながら、110kmの馴らし走行が終わりました

取扱説明書では馴らし運転は500km、何とか9月中に完了したいものです


次は、多和平でもねらってみましょう

カニの季節到来

この土曜日と日曜日の2日間、カニ祭りが開催されました




多くの市民や観光客で大賑わい




カニも飛ぶように売れていました


これから、しばらく花咲カニの美味しい季節が続きます

小ぶりの味の濃いイソガニでしたら1尾580円で買えることもありますぜ!

遠方の方は、市内のカニ屋でネット通販しているところがあるので

ググってみては?



ちなみに、9月15日・16日の二日間は「さんま祭り」も開催されます

根室市味覚観光大使の山内恵介クンも来て熱唱しますよ



札幌から戻りました

研修を受けに札幌に行っていました

根室からJRで6時間以上かかりました

根室も暑いですけど、札幌はさらに暑かったです

内地から来た人が「大阪と変わらへん」と怒っていました




札幌と言えば北海道庁の赤レンガ庁舎ですね

これは正面側です

たくさんの中国人の方が観光に訪れていました



こちらは裏側です

どちらから見ても重厚な意匠は秀逸です


さて、今回は、市電に乗ってあらちんパパさんお勧めのカレー屋に行ってきました







スープカレーをいただいてきました

とても美味しかったですけど・・・

この日は店内も暑くて、カレーの辛さと相まって汗だくになってしまいました




また、電車に乗って終点ススキノで降りました

一人ではススキノに繰り出す元気も無く

ベンチに座って体を夜風に当てながら、都会を行きかう人を眺めていました





| ホーム |


 ホーム