FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

知床焼ショコラ

標津に行った方からお土産でいただきました






朝日の色の箱で鮮やかです




見た目はココアクッキー




噛むとサクッとしてクッキーなのですが、その直後口中でチョコレートに変身します

この変化が面白いですし、味も上等ですね

地方の小さな菓子店の頑張りに拍手!

根室地方は小さな菓子屋が頑張っています

皆さんも標津にいったら是非買ってみてください

値段は知りませんので悪しからず

スポンサーサイト



真っ黒いラーメン

釧路には仕事や個人的に度々行きます

そんな中、いつも気になっていた釧路駅構内の食堂のラーメンを食べました




その名も石炭ラーメンです

そうです、釧路は産炭地なんですね

今でも年間55万トンの産出量です





自分は塩味を注文しました

上の写真では麺が見えませんが




麺が石炭色なんですね

器も黒なら麺も黒、そのうえワカメも載っていていやはや

麺には炭が練りこまれているのですが、味はいたって普通

スープは魚系のしっかりした味でした


お値段は650円でした

まあ、話のネタには丁度良いでしょうね

初スキー

昨日、スキー少年団の引率で斜里町の海別スキー場に行きました

片道3時間の距離をバス2台で移動します



朝の6:30分に根室を出発

2時間ほど走ったところでもの凄い吹雪になってきました




前を走る1号車の後ろが時々見えなくなります

バスの速度も0~30km/hくらいで遅々として進みません



自家用車先発隊とも連絡を取り合いながら

事故の起きないうちに引き返すことになりました

往復5時間半バスに揺られ、何をしに行ったかと総括すると

尾岱沼の白鳥台に小便しに行っただけです







白鳥台から見える国後島、それを指差す銅像が物悲しげに見えるのは

スキーを楽しみにしていた子どもたちとワシら引率者の無念からでしょうか

昨日降り出した雪は

予報では80cmの積雪でした

昨晩、遅くに帰宅した頃は10cmくらい積もっていました

朝起きたら、重たい雪と格闘かと思うと気が重たかったですよ




ところが、朝目覚めてみると思ったほどではありません




意外と乾いた雪で、20cmくらいでしたので

腰が痛くなりませんでした

おかげで1日のんびり出来ました




北海道の中でも根室の冬はは少雪で比較的温暖です

しかも、晴天日数が非常に多いです

北海道に住むなら根室ですよ、スローライフをしたい方検討してください

酒も魚も非常に旨いですから



そうそう、先日発売になった北の勝の搾りたて

ヤフオクを覗いたら9000円以上の値を付けていました

何か、やるせない自分と、あわよくばと思う自分がいて複雑です

即日完売 地酒北の勝「搾りたて」

昨日は、地酒北の勝の「搾りたて」が発売されました

スーパーマルシェでは朝から長蛇の列?



よく見ると、入り口の中に並んでいました


ワシが酒を買っている大熊商店では




発売前から完売です

お得意様の予約だけで入荷予定数量に達していたとの事

それでは、今年の搾りたてをお見せしましょう




値段は1升瓶で2480円、去年と同じ値段だそうです

ここ数年、人気急上昇で買うことが難しくなりました

普段、小さな酒屋さんと懇意にしていなければ予約販売は無理です

どうしても欲しい人は、スーパーに並ばなければなりませんが

スーパーマルシェでも開店10分で売りつくしたそうです

朝早くから並んだ方たちは全員買えたのでしょうかね




決定的な瞬間がピンボケ

根室市が始点(終点)の国道44号線

始点から街を抜けるまで数km直線なのですが

その直線上に日が沈むのが年二回あります

昨日はちょうどその瞬間

自動車の信号待ちであわてて写真を撮ったら見事にピンボケでした



残念!



さて、今日紹介するのは、ようやく買うことができたサメガレイ

お店では、グロテスクな色合いの皮を剥いて

「ムキガレイ」という名前で売っていることが多いです

ところが、このカレイ

グロの皮の下に非常に美味なる身を隠しています




しかも、お値段も手ごろで庶民の味方です

ちなみに買う場合は大きな魚体のものを買いましょう

小さいのは脂乗りがイマイチです

魚屋の店先にて

冬になると水道が凍って水道管が壊れることがあります

だから、実家では外の水道の水を抜いています

それでも、しずくがたれていつの間にか凄いことになっていました






春になるまでこのバケツは使えませんね



さて、先日どうしてもサメガレイの煮付が食べたくて

魚屋まで行ってきました

そうしたら、店先にすだれ干しになって魚が干してありました




さて問題です

この魚は何でしょうか(答えは文末に)






手前のカレイの干物はワシの大好物のヤナギカレイです

値段は150円~580円まで

手前右の発泡トレーに入っているのはサンマの糠漬けで、5本入って380円です

奥左のホッケの開きは1枚230円

そして、奥中央にあるのが、すだれ干しになっている魚一串180円でした

果たして安いのか高いのか

根室の人間であるワシは魚に対する値段の感覚が麻痺しているので分かりません


それでは最後に、答えは「チカ」です



今日の根室

今朝、町会長さんの家にプリンターを調整しに行ってきました

その帰り、ワシを見つめる視線を感じたので振り向いたら

二人の女の子がジーッとワシを見つめていました




中々の美人姉妹ですね

街中だからと思って漫然と自動車を運転していると

この鹿たちと衝突しますね



そして、お次は白い海と青い空




雲も綺麗でしたけど、氷の海を渡る風は皮膚を引きつらせますね



最後は梅ヶ枝町商店街と夕日




雪雲と地平の間に隙間があって落日の瞬間が見えました



さて、明日は何をしようかな

ウニ屋でアルバイトさせてくれないかな



海が閉じました

今日は今季一番の冷え込みでした

根室でさえ氷点下15.2℃でしたよ



だから、崖から染み出す地下水も出たとたん凍って氷瀑となります


根室港も閉ざされてしまいました

最後の船が網を撤収していました




陸上には定置網の船が上架されて春を待っています



寒いのをボヤいても仕方ないので

寒いのを何とか楽しむ方向で検討したいと思います


海氷の音

今日は網走で流氷初日になったようですね

根室の流氷初日はいつになるやら



さて、今日は海氷の音を皆さんにご紹介します

先ずは、凍り始めたシャーベット状の氷の音です



全体にシャーっという音が入っていますが

動画開始後27秒の時にその特徴が良く聞き取れます



次は、氷の塊同士が擦れるときの音です



板が軋むような音がします

今年は流氷が来たら、流氷同士が擦れる音を拾いに行ってみたいと思います


もし、流氷の音が聞きたいと思ったら根室にいらしてください

きっと不思議な音と寒さで、一生忘れられないような思い出が出来ます

そして、美味しい魚介類を堪能してもらえば皆幸せになります


冬の街中放浪(表)

昨日まであれだけあった根室港の氷が消え去りました



海の白い模様は氷ではなく白波です

氷上を歩いて弁天島に渡っていたら帰る事ができませんね



さて、先の三連休、首都圏では大雪で都市機能が麻痺したようで

自分は、何を思ったのかクソ寒い中根室の町を放浪しました




突然吹雪いたり太陽が出たりで不安定なお天気です




図書館で映画のDVDを2本見て

根室の老舗ラーメン店浅草軒でラーメンを食べて帰りました




根室の人であれば一度は食べた懐かしい味

いつまでも変わらぬ味はホッとしますね



ちなみに、ファンの皆様には裏記事がありますのでお楽しみに




オワッタラウスにて

根室から花咲港に向う中間点を左に曲がるとオワッタラウスという浜に出ます



とても小さな入り江なんです

昔はここに鯨の解体場があったので

自分が子どもの頃は、海岸に大きな鯨の骨が散乱していました

今、その痕跡は一切ありません


さて、この浜に行く途中オオワシが羽を休めているのを発見




バズーカ砲のようなレンズがありませんので

コンデジを片手に、にじり寄りますが

空の王者はそう簡単には撮らせてくれませんね

サッと飛び去っていきました





エゾシカの群れにも出会いました

ワシの姿を見るとキョーンと鳴いて去っていきました




どうして皆、自分から遠ざかっていくのでしょうか


オワッタラウスでは、浜に流れ込む小川を渡ろうとしたら

凍った川面の下を、水が流れていく様子が観察できましたので

動画で撮ってきました



ちなみに、この氷は上を歩いても割れないほどの厚さがありました

良い子は海、池、川の氷の上を歩かないようにしましょう

大人は自己責任で歩いてください、生きるも死ぬも自分次第です


根室港結氷

同じようなネタばかり続いておりますが

昨日の写真と二日違うだけですよ

こんなに凍るのですね、それだけ今年は寒いということでしょう




この写真だと、知床の山までずーっと凍っているように見えるので

少し、場所を変えてみましょう




分かるかな? 沖合いは海が見えています



ここまで引っ張れば凍っているのは途中までだと分かりますね

ちなみに灯台の向こうの山は国後島の泊山です




そして弁天島の市杵島神社の向こうは、同じく国後島の羅臼山です

この大きな島が還ってくれば、我が街根室も大きく息をふきかえすのは間違い無し

そうしたら、ワシは移住してしまうでしょうね

ウニを買い集めて根室に出荷して、それを大喜さんが買って

ワシが大儲けするという算段です

根室三景

昨日は根室港が白く凍り始めた写真を紹介しました

じつは、一昨日から目だって凍りだしたのですが

その時の知床の山との景観が素晴らしかったのでお見せいたします




根室には山がない、この考え方は改めなければなりませんね

知床と国後島の山々が見えますからね



次はスケートリンクです




根室ではグランドにスケートリンクを作る学校があります

先生と保護者が協力して作ります

子ども達は体育や放課後にスケートを行います

自分も、2年前まで11年間リンク造りに参加していました



最後は鍋




タラの入った鍋です

今、タラの旬を迎えています

タラチリ、寄せ鍋、チゲで食べるともの凄く美味しいです

この他、タラの頭と北の勝の酒粕を使った三平汁も体が温まります


真冬日が続いています

真冬日が続いているので、体に堪えます

また、今冬は灯油代が高く、1月15日から値上がりするので財布にも堪えます



今朝、自家用車の車体を見ると、水蒸気が結晶していました



朝方に気温がぐーんと下がるので、大気が水蒸気を抱えていられず

木の枝や、このような場所に結晶を成長させます



さらに、根室港の海水も寒さに耐えられずに凍りだしました




さらに寒さが続くと、人が乗ってもびくともしないほど厚くなります

昔は、凍った根室港でコマイを釣るのが冬の風物詩でした

また、根室港での氷上運動会も行われていました

また、氷が薄いうちに乗って落ちたり

流氷に乗ったまま沖合いに漂流する事故も多かったです



【重要なお知らせ】
北の勝の搾りたての発売は1月23日です
でも、入手は困難です


おまたせしました新物!北の勝板粕発売

昨日、大熊商店から大阪弁で電話がありました「明日発売やで」

去年より4日ほど早い発売ですね

仕事帰りに買いに行ってきました




500グラムで180円、左に見えているのは3kg入りで1000円です

今日の入荷分は300kgで明日は100kg

今年のも凄い良い香りで後味も爽やかです

これを水で薄めたので顔を洗うと「美白」の高価もあるという噂も


最後にいつも入り口に出している貼紙を




大熊商店では地方発送もするので

早めにお店に連絡したほうが良いですよ!

お店は根室市宝町1丁目46番地、電話番号0153-23-4312

送料は北海道内30kgまで470円と割安になっているそうです






花まる

歳とともに、体力も気力も衰えています

2年前と比較すると、外に出て何かしようという気持ちが湧きません

従って、以前大喜さんを批判したくせに食べ物ネタが多くなりました

この場を借りて大喜さんには深くお詫び申し上げます



さて、正月に長男が帰省した際に花まるの回転寿司が食べたいとのこと

初セリ前なので、地元の鮮魚がないのを覚悟で行ってきました




これは、炙りエンガワですね

間に塩麹が入っていて、ほんのり温められたエンガワの脂が活性化して旨し






お次は、大喜さんお勧めの炙り〆サンマです

これもとても旨しでしたが、次は炙った直後のをいただいてみたいです






最後に紹介するのは一見普通のアナゴですが種類が違います

根室では黒アナゴとか言っていますが、ホラアナゴの仲間だと思います



今回紹介の三品は、いずれも脂乗りたっぷりのお魚です

さすがに、衰えた体には脂がキツク

お代りするまでには至りませんでした





寒い日は甘酒で

寒い日が続いております

あまり寒い状態が続いたためか

昨年の暮れ、徒歩通勤していたら両太もも筋肉が突然硬直しました

階段の上り下りや座ったり立ったりするたびに激痛が走り

柔道整復師のお世話になってしまいました

実に情けないことです



そういうわけで、寒さでこわばりがちな体をほぐすには

体の中から暖めるのが一番




それには甘酒が最良でしょう

しかも、地酒北の勝の板粕で作ったものは、正に根室の味



でもね、この板粕は今月の末までお店に並ばないのですよ

今は去年買った冷凍物を使っていますが

新物の粕は、とても良い香りがするので、粕汁に使っても美味しいのです







鮭の飯鮓

お正月もあっという間に4日目になりましたね

ふる里でゆっくり親孝行をされた方も多いでしょうけども

北海道では猛吹雪でJRや都市間バスの運休が続いて

自宅に戻ることが出来ない人が相当数いるようです



今日の記事は、先ずはじめに根室に帰省できなかった方々のために

金刀比羅神社の展望台から見た景色をお楽しみください






また、ミニチュア加工をして遊んでみました



さて、先日紹介のサンマの飯鮓を食べ尽くしたところで

今度は、鮭の飯鮓が届きました




麹菌と乳酸菌で発酵した鮭の肉がえもいわれぬ味を出しています

上質のチーズに例えても良いのでしょうけど

やはり、飯鮓は飯鮓ですね

熟れ鮓といえば鮒鮨が有名ですが

根室の飯鮓の臭いは強烈な臭いを持っていません

もの凄い吹雪です

今日は午後3時頃からもの凄い吹雪きになってきました



ニュースを見ると、北海道内ではJRの運休が相次いでいるようです


さて、今年は少しゆっくりめに、1月2日に初詣に行ってきました




根室の氏神、金刀比羅神社です

元旦だと境内が混雑していますが、1日ずらすとゆっくり参拝できます



境内に入る前の手水舎の石鉢がすごいことに



すっかり凍り付いています

その氷の造形がまた面白くて見入ってしまいました

ただし、ここでは手水を使うことが出来ませんでした

明けましておめでとうございます

新春のお慶びを謹んで申し上げます


早速ですが、今年も、初日の出を動画と静止画にてお届けいたします







撮影場所は桂木海岸の裏の高台です


今年一年、感謝して生きつつ皆様のお幸せをお祈りいたしたいと思います

| ホーム |


 ホーム