FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

運動会の季節

昨日は、仕事が終わってから職場の仲間と

根室公園で炭火焼で美味いものを食べました




根室産のホタテやカキ




ホッケの開きに北の勝




もちろん肉類も色々ありましたが、やはり海鮮が一番旨いです

ついついお酒も杯を重ね、ブログの更新するのもままならぬほど酔い帰宅しました



さて、明日は近所の小学校の運動会です

我が家も3年前まではこの小学校に息子が世話になっておりました




運動会前日の今日、お昼のサイレンを合図に父兄たちの場所取り競争があります

サイレンの直前は緊迫の時間です





どうか、明日は良いお天気になりますように


スポンサーサイト



札幌に行ってきました

道都札幌に行っておりました

新しい仕事の研修でした

駅からホテルに行く途中、生まれて初めて札幌時計台を見ることが出来ました




晩飯は、札幌テレビ塔の地下であるソバ屋で一人ひっそりと食べてきました





根室と気温が10度くらい違いますね、暑かったです

思ったことは、やはり根室が一番です




でも、イカ天ソバ650円はとても美味しかったです

原野の初夏を彩る花たち

先週の土曜日、ハマボウフウが採りたいブロ友の大喜さんを連れて桂木の浜へ



砂丘はハマエンドウの花が盛りを過ぎた頃



5月の末頃にはハマボウフウ採りの人達が必死に探していましたが

この浜のボウフウは遅くになってから出るのが多いようで

今時期は探す必要は全くありません

ナンボでも生えています

食べる時期としては遅めですが、若いところを選んで採れば

爽やかな香りを楽しむことができます



さて、浜からちょっと内陸に入ると、原野では初夏の花が咲き始めています




ワタスゲが白い綿毛を風になびかせ





センダイハギとシコタンキンボウゲが黄色い花を咲かせ







濃い紫から白まで、微妙に異なる色合いの花を咲かせています




ベニバナイチヤクソウも競うように背を伸ばして群生しています



ワシが花を取るのに、地面に這いつくばっていたら

大喜さんが「そんな格好で撮っていたん」と

頑張って良い構図で花を撮ろうと必死で、何も考えていませんでした

でも、苦労の割りにコンデジの合焦がイマイチなのが多くて

パソコンに取り込んでからガッカリする写真が多いのです




今季初の土曜漁師

今朝は4:15に起床、網起しに行ってきました



最後に乗ったのが昨年の10月ですから、8ヶ月ぶりですね

酔うかなと思いましたが全く問題無しでした

黄色い合羽を着ているのが25歳の新人漁師です

船頭の息子さんで、跡継ぎのために帰ってきた孝行者です





今日は、漁が少なめでした




これは船上での仕分け風景です

大きなカレイがたくさん獲れました






超カワイイ「ナメダンゴ」もたくさん入っていましたので

見つけ次第速やかに海にお帰りいただきました

水槽があれば飼ってもよいですね、癒されますよ





それから、マフグの若魚さんも1尾入りました

もう少し大きかったら食べたところですが、今回は生きているうちに退場願いました

最近は毎年マフグを見ますが、以前はどうだったのでしょうか

いずれにしても流通することはありません

毒性もトラフグより強いので、手を出す勇気がありません



生まれて初めてのコーヒーショップ

釧路の労災病院に行ってきました

理由は聞かないでおくんなさい


最近の大きな病院は、コーヒーショップが入っているのですね




コーヒーを飲みに行ったら、小腹が空いて余計なものをたのんでしまいました




何て名前のパンか忘れましたが

中にはスモークサーモンが入っていますだ




ちょっと都会の風に触れて

田舎の根室に戻りました

今年は地元鮭でスモークサーモンを作ってやろうかと誓いながら



ある日の弁当の中身

昨年の暮れから弁当は自分で詰めています

嫁が詰めた弁当に感謝もせず文句を言ったりしていましたが

自分で詰めるようになると、嫁の苦労とありがたさも理解できます



さて、昨日のワシの弁当をお見せしましょう




おかずの右からコゴミ、ワラビいずれもマヨかけ

中央は玉子焼き二切れ、フキと野菜の煮物

左がフキの天ぷら

かろうじて玉子とガンモがタンパク質で、あとは見事に熊の食事と大差ありません

ナンボ山菜が好きといっても度が過ぎたかな

この内容で結構満足しているワシ、いよいよ熊に近づいた自覚がでてきました

ワラビの食べ方

突然ですが、次の写真は何でしょう




ワラビに木灰と熱湯をかけて一晩漬け置いたものです

アクがでて珈琲も顔負けの色です


削り節と醤油をかけて食べるのが一般的だと思いますが





今回は、あらちんパパさんの真似をして味噌タタキにしてみました



5mmくらいに細切れにして味噌を混ぜ、半殺し状態にします




粘りがあって、食感もあって美味しかったです


日に2回も山菜採りへ

春の山菜採りも終盤です

昨日は朝早くからフキ採りに行ってきました




この時期は、山の熊さんもフキを良く食べているらしいですが

できれば、こんなところでコンニチワしたくないですね




1m以上もある良いフキを抱えて帰りました

帰宅してフキを車から降ろしていると

叔父から電話がありでワラビ採りに連れて行って欲しいとのこと

それで山に逆戻りです




この日は天気も良くて、草地の緑も鮮やかで最高です




30分ほどで、買い物袋にいっぱいワラビが取れました

ワシは、前日にワラビを知人から頂戴していたので

この日の収穫は全て叔父のものとなり、喜んで帰りました


出雲さんのお祭り

根室市定基町に出雲神社があります

今日は、この神社の宵宮祭です





この祭りをもって根室の祭り季節の皮切りとなります

一昨年まではアンバラバ(弥栄稲荷神社)が一等最初でしたが

去年から稲荷講の皆さんの高齢化により、祭りが行われなくなりました



さて、小さな神社の小さな境内には露店が出ています




初夏を告げる祭りだけに、皆さん楽しそうです

ワシも久しぶりに童心に返ってフレンチドックを買ったりして楽しみました




根室はフレンチドッグにケチャップではなく砂糖をまぶすのが流儀

これがすこぶる美味いのです

街中ではコンビにでも砂糖がけのフレンチドッグが売っていますが

中のソーセージが少し高級なので、ワシの舌には重たいのです

ワシの世代はやはり



魚肉ソーセージがピッタリと合います

春国岱でアサリ掘り

根室半島の付け根、風蓮湖を外海と隔てる砂洲が春国岱

ここは、ラムサール条約登録湿地で、野鳥の種類がもの凄く多いので

鳥見ニスト達に絶大なる支持を受けております


この砂州は干潟でアサリやホッキが獲れます




先週の土日が今年唯一の潮干狩り日

一人1,500円を払うと誰でも楽しめます




我が一家の収穫は




アサリ数キロとホッキ12個

アサリもホッキも撒いたのではなく、天然のが生息してる場所に当たりました





一晩砂抜きして翌朝の味噌汁になりました

息子によそわせたら、ケチくさくて椀の半分しか入れてくれませんでした

でも、お代りするからかまいません

とても美味なる味噌汁でした


ちなみにオフ会はここ春国岱の対岸で行います

現在のところ、参加を明確にしてくれているのが

焚火人さん、仁山さんです

参加希望者は早めに名乗りを上げてくださいませ


ワラビが食べごろです

ワラビが食べごろを迎えました



これで、春の山菜も一通り終わりましたね

これからは、フキとヌメリスギタケモドキが6月いっぱいくらいまで採ることができます

今年、採らなかったのはハリギリとハマボウフウかな

その気になればまだまだ食べられる山菜はありますが、一般的なのはこのへんまででしょう



ワラビが採取できる場所は、乾燥したササ原ですけど

このササ原が曲者なのです




マダニがかなりの高率で付いてきます

皮膚に喰いこまれると、取るのが大変ですので違和感を感じたら触ってみましょう

最近は、こいつが媒介する感染症により、国内で10名程お亡くなりになっています

山に入るときは、白っぽい表面の滑りやすい上下を着用しましょう

理由は、付着したダニを発見しやすいからです

むろん、頭や顔にも着きます

写真のマダニはワシの顔の耳の前についていたものです

マダニが飛んでくるのを見たという人がいましたが

扁平な体ですので短距離なら滑空してくることも十分考えられます

虫除けスプレーも目立った効果は感じられませんので

こればかりは、十分な用心と運しかないと思います


ツーリングの季節2 目指せおかめ食堂

峠の北側の北見地方は、南側の根室地方よりはるかに暖かです

だから根室では見ることの出来ないポプラの木も、立派に大きく育っています




天を目指すこの姿に子どもの頃から魅入られ

この木を見ると嬉しくなってしまいます



さて、標題にもあるとおり、屈斜路湖の近くにある「おかめ食堂」が今日の目的地

ネットでは、この食堂のラーメンの評判がすこぶる良いのです

食堂に行くには、根室から北上を続けていたのを一転、南に進路をとります



ここは清里町と弟子屈町の境目の野上峠

先に通った、隣の根北峠と違い残雪が全く無く暖かいです

また、この峠の頂上は根北峠と同じで見晴らしが良くありません

それでも、峠を少し下ったあたりで

ようやく屈斜路湖カルデラを垣間見ることができます





カルデラを取り巻く山の木々は新芽を出したばかりで、新鮮な緑が美しいですね


そろそろ空腹も絶頂感を迎えています、ここから30分も走れば目的の食堂です

途中、川湯温泉の足湯や砂湯温泉を素通りして、昼食後に回ることにします

根室から200kmを走破、ようやく目的地に着いてみると様子が変!



おかめ食堂が閉鎖しています

食べログの記事には新しい記事は無かったけど

釧根地方のラーメンサイトには閉鎖情報も無かったし・・・

空腹でのため、以降の予定は全て変更

本当は、しみじみとラーメンをすするのを諦め

人気店の弟子屈ラーメンに変更しちゃいました

20分ほど走って着いた弟子屈ラーメンは

午後1時30分を回っているのに駐車場が車で埋まってエライ賑わいです

シャイなワシは、ごった返すラーメン屋で食べる気も失せてスゴスゴと退散

さらに1時間走る別海まで戻ることにしました

この頃には、空腹感、尻の痛み、寄る年波など判断力も低下し

午前中のやる気と入れ替えに、早く家に帰りたい気持ちが大勢を占めています




午後3時に、別海町の食堂で重たいカキフライを詰め込み

根室まで一目散に帰りました



事前調査の甘さが原因なんですが、元々思いつきのツーリング

午前中は楽しい、午後は苦しいの相反する気持ちが心を操り

体力もさることながら、気力の衰えも感じずにはいられません

それでも、しばらくはツーリング行きたい病も小康状態を保つでしょう







ツーリングの季節

今日は朝7時から町内会の奉仕作業

30分ほどでしたが、道路脇の花壇の種まきをしました

朝から今年一番の温かさだったので、もったいないと思い

カブ号にヒラリと跨って走り出しました

目的は、屈斜路湖の畔にあるラーメン屋に行くこと

どうせだから、大きく遠回りして行ってきました

">http://map.olp.yahooapis.jp/OpenLocalPlatform/V1/static?appid=7tFXKn2xg64uWyHGG7apEBKEN5gU173ZW3bBUjsai53AY3B9hbn46dWALHnMtkoFU8ov&width=480&height=360&scalebar=ul&l=0,0,255,105,4,43.33028,145.58547,43.27303,145.49792,43.26031,145.42639,43.25644,145.34486,43.26825,145.26425,43.29961,145.21611,43.34814,145.16464,43.40728,145.11578,43.50111,145.03303,43.54603,144.99033,43.59517,145.00953,43.64211,144.99044,43.70028,144.99900,43.73428,144.94008,43.75869,144.83122,43.81586,144.79139,43.87394,144.73714,43.86994,144.64275,43.83436,144.59153,43.77728,144.52439,43.73653,144.48686,43.68439,144.46272,43.64306,144.44883,43.64075,144.38000,43.58381,144.35150,43.57178,144.29747,43.50053,144.45408,43.47983,144.51453,43.46611,144.68156,43.41261,144.75983,43.37683,144.85514,43.39142,145.11319,43.34858,145.16194,43.30156,145.21500,43.24119,145.25111,43.24569,145.31761,43.25669,145.40453,43.22472,145.42733,43.26214,145.46128,43.33022,145.58528&pins=43.33028,145.58547,,blue&ping=43.33022,145.58528,,red&mode=map&style=base:topographic


根室を離れるにつれお天気は晴れに

しかし、中標津に着く頃にはケツが痛くなってきました

カブのシートは固いと思います

中標津では休憩を兼ねてホーマックで低反発座布団を購入

カブのシートにくくりつけ、武佐を経由して根北峠を目指しました

出発が早かったので余裕で寄り道できます



これはロシア正教系の教会です

ここには、かつて北千島に住んでいたクリル人(千島アイヌ)たちが信仰していた

ロシア正教のイコン(聖画)が引き継がれているのです

悲しい歴史をたどったクリル人たちの痕跡が残っているのです


バイクは進みます



武佐を過ぎて川北まで来ると、本当に良い天気です

気持ちもどんどん高揚してきますね



金山峡では、清らかな水の流れと新緑に心が洗われました




根北峠を上っていくにつれ、道路脇には残雪がいっぱいあります

若干、肌寒い感じになってきましたが峠はあっという間です



峠を下って斜里町に入るにつれ気温はグングン上昇してきました



峠から10分も走ると越川橋梁(登録有形文化財)が見えてきます

これは、戦前に網走から根室までを繋ぐ根北線が計画されていた名残です

1970年に根北線自体が廃線となって

この橋梁は使われることはなかったのですが

実は、橋梁の建設に際して11名ものタコ労働者が命を落としています

人柱となって埋まっているとの噂もあるくらいです




海別岳や斜里岳を見ながらカブ号は順調に進みます



気温も24度を超え汗ばむ陽気になってきました



給油した清里町では、昭和の匂いがする店に心打たれていたのですが

元気のあったのはこのへんまででした

(つづく)








桜散る

我が家の前のエゾヤマザクラもすっかりと葉桜になってしまいました



待ちに待った桜の季節も、あっという間に通り過ぎて寂しいですが

山の中ではエゾオオサクラソウや




海岸近くのユキワリコザクラがまだ楽しめます






さて、明後日の日曜日午前10時から古本市が図書館で開催されます




16,000冊以上の本が表示価格の1/10で買えます

今からとても楽しみです

ちなみに、古本市の販売の収益は図書館に寄付され

新しい図書の購入に使われます

会津藩最後の家老梶原平馬の墓

NHK大河ドラマ「八重の桜」にハマっています

今まで、大河ドラマをまともに見たことはないのに

きっと、最初に見た会津藩什の掟に心を打たれたからでしょう


さて、ドラマの中にも時々登場する会津藩最後の家老となる

梶原平馬の墓が根室にあります

奥羽越列藩同盟の結成の中心的役割を果たした人ですね

戊辰戦争敗戦後
 
津松平家が青森県下北半島の斗南藩へ移封に伴って移住

間もなく迎える廃藩置県後は青森県庁の庶務課長になっています

その後、北海道に渡って40歳の頃に根室に移住

その7年後の1889年(明治22年)に根室で亡くなっています



梶原平馬の墓が根室の西浜墓地で発見されたのが

平馬が亡くなってから100年後の1988年です

それまで、平馬が何時どこで亡くなったかは長く不明だったのです




平馬の二人目の妻貞さんは
 
根室の私立根室女子小学校で校長をやっていました

平馬自身は市内で文房具屋をやったり根室県庁の職員をしていました


いよいよです、これが梶原平馬の墓です




かなり風化していますので、表面の文字を読み解くことができませんでした

あるHPでは「鳳樹院泰庵霊明居士」と書かれています

実は、平馬の墓の周囲には他に二つ
 
旧会津藩士と書かれている墓があります



歴男歴女の方々、幕末ファンの皆様方

一度根室にいらして、平馬の墓を参拝してみてはいかがでしょうか


最後に、平馬の墓のある西浜墓地はとても広いです

探すのは大変ですので地図に印を付けておきますので参考にしてください


詳しい地図で見る

蕗が採り頃を迎えました

コゴミに続いて蕗も採り頃を迎えました




今回は、車から降りて3歩くらいのところの好立地に良い蕗が大量にあるのを発見

青々として太いのを選んで採ってきました




どうです、美味しそうでしょ

根室ではこんなに状態の良い蕗がそこかしこに生えています

もちろん、自分の土地ではないところで採るので謙虚さが必要ですね



最近は、家畜の病気を理由に農地への立ち入りを拒む農家が増えています

牧草地に自家用車を乗り入れたり、有刺鉄線を切ったり

傍若無人な振る舞いをする山菜採りが増えたのも原因ですけどね

なんだか、嫌な思いをすることが多くなってきたような気がします


皆が楽しい、そういうのって良いですよね

前の職場の仲間と

昨日は、3月までワシがいた職場の仲間に誘われて

焼肉や炎山で痛風には良くないものを思いっきりいただいてきました




普段は魚食なので、脂肪分豊かなタンパク質は10切れも食べると

野菜系や冷麺に箸が進んでしまいます


しかも、最後はキッチリと甘いもので舌をシメました




このように、節制を重ねているので



ワシの体調は、今日の根室の夕暮れのようにどんよりした雲行きです

ワシに明るい明日はあるのか

オフ会まで生き延びているか




桜の季節は短い

二日続きで桜の記事になります

日高地方にに在住のあらちんパパさんが

「今年の桜は花と葉が同時に出てきた」と言っていましたが

根室の桜の多くも、葉と花が時間差なく出てきている感じがします

満開となったとたんに、葉に押されるようにどんどんと散っていきます

受粉しないふちに花の柄の付け根から花全体が落ちています

全体的にも、葉と花が混じって華やかさと鮮やかさを欠いている気がします



さて、今日はお気に入りの桜を何箇所か見てきました



最初は、我が家の裏の家の桜です

ここのは、こんもりとしていて花が真っ白で小さいのが特徴です

エゾヤマザクラともチシマザクラとも違うような感じです



次は、裁判所の前のチシマザクラ



高さは1mくらいですが、直径は8mほどあるでしょうか

地を這うチシマザクラの特徴を見せています



次は、根室の桜の名所清隆寺の桜です




花の盛りはとうに過ぎて、完全に時期を逸しました

ここは、境内を塀が取り囲んで風が当らない分開花が早いです



最後は、宝林町の住宅街にあるエゾヤマザクラ




ここの桜は、根室一濃い桜色だと思います

遠目にも鮮やかで、大好きな木の一つです


| ホーム |


 ホーム