FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

市立根室病院

病院が新しくなってから半年経ちました

長い間、市民の生命と健康を守ってきた旧病院の取り壊しも進みました




ここのお向かいにあった消防庁舎も無くなったし

周辺の景色はすっかり変わってしまいました

久しぶりに根室に帰省した人達は驚くことでしょう



さて、土曜日に高校の同期会の総会がありました

10年前は子どもの話が中心だったのですが

最近は、介護とか薬とか葬式の話が多くなってきて

齢を重ねたことを痛感します

でも、同期って仕事抜きで色々話せるから楽しいのですよね

次の正月には帰省する友達も多いので

お店を貸し切って●●歳を記念する合同誕生会を開くことになりました

懐かしい顔に会えるのが今から楽しみです









スポンサーサイト



土曜漁師と希望の家祭り

今朝も早よから起きだして沖に行ってきました




船を操縦する黄色合羽の人は、新人漁師にして新婚ホヤホヤです

希望にあふれる船出ですね




今日も海霧が濃くて、視界は不良でした




漁の主力はイカなのですが、マスや気の早い秋サケも入りだしました

10年前はマスが主力だったのに、イカと逆転してしまいました



さて、今日は市内の障がい者福祉施設「希望の家」のお祭りです

覗いてみたところ





ブロ友の大喜さんが出店中

向って右から2番目が大喜さんです

顔出しはNGなのでモザイクをかけてあります




ハナサキガニ

ハナサキガニ漁が解禁となっているので我が家にも時々やってきます




根室から釧路までの限られた地域でしか水揚されないので

毛ガニに比べて知名度は低いですが

その濃厚な味は比類なきものがあります


ビールとの相性も抜群で、冷えたやつをグイとやりながら

カニを味あえば、一日の疲れも何所吹く風

吹くのは痛風のみとなります



そういえば、根室夢幻行という冊子が発行されましたが

この中のハナサキガニの頁に「ハナサキガニの刺を数えることができたら」とあり

数えられた人は

「毛ガニの毛の本数を数える栄誉が与えられる」とありました

全市冷房実施中

オフ会が終わってからお天気が思わしくありません

曇りの日が続いています




それでも時々太陽の光が射すこともあります



今日の帰宅途中には虹のおまけまでつきましたが


それにしても寒いです

7月の前半は観測以来最も暑い7月と報道されていましたが




今日なんか、気温15.4℃

冷房効きすぎですよ

昨夜は我慢できなくて少しだけストーブを焚いてしまいました

お風呂も熱めのお湯に肩までどっぷり浸からないと

すぐに湯冷めしてしまいます


本州で炎熱に苦しんでいる皆様

是非根室まで避暑にきてください

期待は裏切りませんから



ジャムおじさん

本当はフレップと呼んでいる野性の小さいイチゴで作りたいのです

ジャムを作るのには最低1kgは欲しいところですが

それだけ採るには、半日這いつくばっていなければなりません

加齢と共に腰痛が出てきているし膝も痛いのでそんなことできません

でも、本当の理由はヒグマが怖いから採りに行けないのです



さて、今年から実家の親父がイチゴの栽培を始めました



大量にもらったので、フレップの代わりにジャムにしました

ワシの作り方は水は一切使いません

先ず、砂糖をまぶして半日放置します





そうすると、浸透圧によりイチゴから水分が出てきます




こうすることで加熱時間を少なく出来ます

その分、色変わりと香りが飛ぶのを抑えられます




イチゴは酸味が少ないので補ってやらねばなりません

ジャム作りの本には何の果物にもレモンを入れるの推奨していますが

レモンの風味が残るのが好きではありません

だから、自分は果物の酸味の主成分であるクエン酸で補います


出来上がったジャムはそれなりに美味しいのですが

香り高きフレップジャムの足元にも及びません

根室港点描

根室は港街です

波止場の係留柱に片足を乗せて格好付けると
 
誰でも小林旭のような気分になります



そういえば、昔、渡り鳥シリーズを見ていたら

根室が出てきたようなあいまいな記憶があります





これは、北海道の漁業取締船です

ワシのカブ号と良く合いますね

取締られることがないように注意したいと思います





弁天島から伸びる防波堤と灯台です

夕日と重なると感動的な景色になるのですが

ここ10日ばかり、曇りがちなので夕日が見られないのが残念です





最後は、港街の夜景です

海上保安の岸壁から撮りました

街を覆っているのは海霧です

あっという間に街を霧が包んでしまいました



どうです、港って良いでしょ

是非一度、根室の港を訪問してみてくださいませ

盆踊り

根室のお盆も終わりましたね

昨夜は緑町で盆踊りがありました

この盆踊りは緑町商店街が主催でやっていましたが

今では店舗も少なくなり、色々なところから人や資金を出し合って

実行委員会でやっています




午後7時から子どもたちの仮装盆踊りがあり

幼稚園から小学生までたくさん参加していました

昔は、うっとこの子どもも出ていたのですが


子供たちの部が終わる午後8時からは大人の素踊りです

北海道の盆踊りは北海盆唄が主流ですが

根室は独特の根室盆唄で踊ります




♪はぁー 霧も深いが 情けも深いー

踊っている人達には酒やつまみが振舞われます

調子に乗って北の勝を5杯もお代わりしたため

終わる頃にはふらふらでした

踊り終了後には、踊った人限定で大抽選会

ワクワクして「青の5番」を呼ばれるのを待っていましたが

残念なことに来年へと持ち越しとなりました


そして、この会場で思わぬ人と会ってしまいました

日本女子スキージャンプの礎を築いた山田いずみさんです




根室スキー連盟の広報担当ですので、しっかりと二人で写真を撮りました

もちろん顔出し了解つきで、エヘヘ


夏イカが獲れだしました

7月前半は暑かったですけど、オフ会を過ぎてから涼しすぎます

最低気温は10℃を少し超えるくらいです



さて、海の中も夏を迎えたようで

スルメイカが獲れだしました




網の中はイカだらけ、下に潜ろうとするので網を手繰るのは全力勝負です

合羽を着た体は汗だくになります




大漁に漁師さんの顔もほころびます

魚体は小さいですが、肉の柔らかいのが夏イカの特徴

イカ刺しはもちろんのことイカ飯に丁度良い大きさです


オフ会の夜は明けて

オフ会の首謀者が脱落して2時間

午後8時をもって屋外での宴会は終了です

宿主からの要請もありましたが、蚊の猛攻に負けた面も大きいです

大喜さんが心配なので男3人で窓から生死を確認



訴えられたら困るのでモザイク処理しておりますが

そういえば、抱えているタオルが車の中に忘れてあったな・・・

呼吸に伴う動きがあったので男3人は男部屋で宴会の続きです


朝6時に起床、ロケットストーブのお披露目を兼ねて朝カレーの調理です




薪生産家の焚火人さんが、非常に少ない薪でカレーが出来たのを見て感心

ちょと鼻高々です



燻製玉子と生ウニを乗せて贅沢痛風カレーを食しました

辛口カレーとウニが相まって非常にまろやかでした




食事しながら対岸の春国岱でエゾシカと丹頂が仲良くしているのを眺めているうちに

あっという間にお別れの時間です




小屋の前で恒例の記念撮影をしてお別れしました

あっという間の1年間、あっという間の1夜でした

皆さん、また来年会いましょう

そして、来年は新しい仲間が加わってもっと賑やかになることを希望しております



夢のようなオフ会の時間

第三回目のオフ会が昨夜開かれました

イメージ 3

今回は根室の海鮮を思う存分堪能してもらおうという思い

大喜さんとワシで色々と用意させていただきました

特に、大喜しゃ提供の剥きウニが大きめのタッパーに2だか3つだか

足の親指の付け根が痛くなるほど食べまくりました




右から大喜さん、このオフ会の発案者(首謀者)です

真ん中が茉莉花さん、根室在住の鉄道愛好家で今回初参加です

左が焚火人さん、信州から1400㏄のバイクで駆けつけてくださいました




そして、この方が東京から飛んできた仁山さん

納沙布から会場まで1時間半もかかったので、迷ったのではと心配しました




こんな景色が見える中で海鮮、ジンギスカン、銘酒を堪能しました

酔えば酔うほどに楽しい四方山話で盛り上がりました

ところが、宴会開始2時間ほどで首謀者が脱落!

フラフラの足取りで丸太小屋の中に消えていきました

つづく




根室は盆入りしました

根室は7月お盆です

以前、ネットアンケートを実施したところ、回答のあった方々の1割が7月盆でした



光洋第二町会の子ども盆踊り会場は、たくさんの子どもたちがいました





根室から花咲港に向う途中の町会の盆踊りは少数精鋭です

これだけ少ない子どもなのに盆踊りを維持していることに敬意を表します

我が第一光洋町会は300世帯を擁するも盆踊りは15年前に廃止されています



この時期、窓を開けると聞こえてくる子ども盆踊り唄が

根室の短い夏の幕開けを告げています

それでは、北海道を故郷に持つ諸氏へ懐かしの唄と踊りをお届けします




明日は、超楽しみのオフ会です

手作りのホッケの開きを持って行きますが、美味しく仕上がったか心配です

ひよりにて

いつも釧路のソバばかり食べていて

地元根室のソバが不味いのかと思われたら申し訳ないです

根室のソバも美味しいです






今回は「ひより」の冷やしたぬき

ここのソバは更科でワシ好み

麺の湯で加減も丁度良いです

また食べに行きたくなる度は十分です


書いているうちに猛烈に食べたくなってきました、どないしましょ!






ようやく復活

日曜日から昨日まで

夜になると体がだるくて猛烈に眠たくなる症状が続きました

だから、9時には就寝の良い子ちゃんの日でした

今日は大丈夫なようなのでブログも復活です


さて、楽しみなオフ会開催まで、残すところ3日です

天気もまずますのようですので

遠方より参加の皆様には、会場まで安全に到着していただきたいです


皆さんをお迎えするのは、ハマナスが満開の季節です

会場近くの春国岱のハマナスもきっと見ごろでしょう




また、会場のレイクサンセットはその名の通り

夕日がきれいなところです



こんな夕焼けも良いですし



こういうのも良しです

体調も万全にお待ちしております

突然夏日

昨日あたりの天気予報では、雨とか曇りの予報でしたが




予報どおり、朝5時の根室港は濃霧に沈んでいました

でも、6時過ぎる頃から霧の向こうに太陽が見えてきました




そして、霧が晴れると太陽が照り付け、気温もグングン上昇し

11時40分頃突然夏日になりました

明日は、息子の中学校の体育祭です

昨日あたりまでは絶望的な予報でしたが、全く問題なく実施できそうです

義務教育最後の体育祭ですので、嫁とお弁当を持って見にいってきます




北海道大学にて

北海道大学と言いますと、旧帝国大学で北海道の高校生が目指す頂点の大学

本州から来る学生の方が多いので、中々入学できないそうですが




さて、先日札幌に行った折、ホテルで自転車を借りられたので

空き時間を利用して行ってみました




ここが正門かは知りません、だって入り口はいっぱいありましたから

中は広大な敷地で学部毎に校舎が点在しております








古い校舎から新しい校舎までいっぱいありました

敷地はさながら巨大な公園のようで、お年寄りから幼児まで散策しております

もしかして、夏になれば敷地の中でクワガタ虫とか取れるかも




これはクラーク教授ではないでしょうか



これは北大博物館ですね

入場無料でしたので覗いてみました



鈴木カップリングでノーベル賞を取った鈴木教授の展示空間があり

石や、剥製、アイヌ文化財など、ありとあらゆるものがありすぎて、時間が足りません



髑髏の展示もありましたよ



博物館を出たらポプラ並木を見に




農学部の農場もとても広くて、これが札幌の中心部かいなと思ってしまいます




自転車とはいえ、広大な敷地を走り回ったら腹が空いてきたので

北大中央食堂へ



北大ラーメン360円也を食して大学を辞しました

それにしても、とんでもなく広い学校でしたね

根室の子ども達にもここをめざして欲しいな

でも、北海道から出て外から北海道を見るのも良いかななど

想いはいろいろと巡ります


夏の砂浜

先日の日曜日、ちょっとだけ夏らしくなりました




海も砂浜も光にあふれて美しすぎます




湘南あたりだと、波乗りの人達がいるのでしょうが

根室では見ることはありません

5年位前は数人いましたけど・・・





根室には海水浴場はないのですが、別に禁止されているわけでもなく

自己責任で楽しむ人が時々います

だけど、親潮洗う根室の水温は12℃なので、もの凄く冷たいですよ

根室オフ会迫る

7月14日に開催する第三回根室オフ会

申し込みは早めにお願いします

当日は、海鮮炭火焼を実施予定です

参加費は宿泊者は7,000円程度

宴会のみの参加者は2,500円程度に抑えたいと思います

何せ、海鮮の相場があるので出たとこ勝負の点、ご理解をお願いします


さて、オフ会会場のレイクサンセットさんのご主人が撮影された写真が新聞に載りました

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/476263.html

宿泊する場所から撮影されたものです

鹿狩をする野犬(ノイヌ)の姿は狼の末裔らしさを感じます

自分も昨年、春国岱の先端まで行ったとき野犬10頭くらいの群れと出くわしました

うち3頭くらいが吠えてきましたが、一応ヒグマ用の武器を装備していたので

ひるむことなく堂々としていたら去っていきましたが

こうやって見ると結構危険ですね

オフ会の海鮮炭火焼もきれいに処分しないと

こいつ等やヒグマさんを呼び寄せることになりますね

それでは皆さん、奮って参加をお願いします

ブルって不参加となりませんように

土曜漁師とオジロワシ

先週の土曜日も沖に行ってきました




前を行くのはホタテの桁引き網漁船です

ワシの乗る船は定置網漁船です



さて、ワシらの船のおこぼれを狙って

ここ数年、オジロワシが姿を見せるようになりました

いつもは、あまりもの速度に撮影を失敗しつづけていましたが

今回、連続撮影によりかろうじてその姿を撮ることができました






皆さんバズーカ砲のようなレンズのカメラを持っていますが

写る範囲が狭いので、動きのある写真を綺麗に撮るのは大変だと思います

ワシにはそんな根性はありません



ちなみに、このオジロさんはカラスにイジメられているのを良く見かけます

空の王者もカラスは苦手のようです

| ホーム |


 ホーム