FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

大時化

北海道を襲った猛吹雪は9人もの人が命を奪いました

亡くなられた方には心よりご冥福をお祈り申し上げます

今回の吹雪で亡くなった9名のうち5名は根室管内の中標津町の方でした

1名は23歳の女の子で

雪で動かなくなった自家用車を捨て、自宅へ徒歩で向う途中

吹雪で方向がわからなくなって凍死

4名は母親と子ども3人で、雪に埋もれた自家用車の中で

一酸化炭素中毒で亡くなっていました




これは1月のスキー少年団が中止となって引き返した時の写真です

非常に視界が悪く見えますが、現実はもっと酷く数M先も見えないことがあります

こうなると、自分の位置はもちろん方向も全く分からなくなります


数年前の4月1日、季節はずれの猛吹雪の時に交通機関が全て停止

道路も通行止めの中、帰宅のため2km歩いたら

危うく命を落としそうになったことがあります

こういう時は、漫然と普段どおりの行動をとったら危険ですね



さて、昨日予定していたスキー少年団は当然のごとく




どこもかしこも通行止めで中止となりました





スポンサーサイト

<< 信州からの贈り物 | ホーム | 腰が痛い >>


コメント

No title

想像を絶するような吹雪なんでしょうね。
亡くなられた方にはご冥福をお祈りするばかりです。

No title

会社はどこも25度に設定
会社のドアから車のドアへ
車内はエンジンスターターで保温状態
車からまた家へ
家も常時暖房で暖房状態
はいりたいときに風呂があり
寝たいときにヌクヌクの布団がある
関東では考えられないような薄着で過ごし
鍋を食べながら汗をかき
アイスクリームが冬に売れる変な土地・・・北海道

われわれは冬を忘れている

No title

自分も昨シーズン、弟子屈で地吹雪にあって怖い思いをしました。
それまでは雪道の運転は慣れているから自分でも出来る・・・なんて思っていたのですが、
それ以来道内での冬の運転は無理だなと思うようになりました。

今回のような惨事を耳にするたびに思うことは、
『 どうしてそんな日に出かけてしまったの? 』
でも誰しもがこんな結末を想像できずに無理をしてしまうのでしょうね。

No title

大変な惨事でした。
特に、小学生の娘を抱き抱えて守り、一人逝かれたお父さんの事故は、
涙無くしては、テレビも新聞も見られませんでした。
それにしても不思議なのが、多くの方が連絡したのが、知人だと言う事です。
警察や消防に助けを求めないのが、道内では普通の感覚なのでしょうか。

No title

焚火人さん
北海道の吹雪は生きる体温、体力、気力を奪います。
出歩かないほうが賢明でしょう。

クラブナビさん
冬の恐ろしさを再認識した出来事です。

うっしーさん
この日は急激に天候が悪化したそうです。
中標津に出かけていた人も、驚くほどの激変だったそうです。

仁山さん
警察消防の世話になる前に身内で解決しようとするのが心情でしょうかね。

No title

札幌の市内で遭難しかけたことあります(;--)地吹雪って怖い

No title

大喜さん
明日も出かけられなさそうですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム