FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

大熊商店と北の勝の粕

この時期がくることをどれほど待ったでしょうか

寒くなってから、大好きな甘酒を造るのに、澤の鶴の板粕を使っていました

やはり、搾りたての板粕で作る甘酒が一番と思います


時々、通勤の途中で通る大熊商店




夜にはこの看板が煌々と輝いています




店の入り口には大きな張り紙がされています

さっそく店内に入ると、大阪弁を操る元気な奥さんが出てきました

看板に偽りなし、真面目に商売しております






いつも買うのは500グラム入り3袋500円ですが(一袋だと180円)

今回は1.5キロで500円のを買いました

この店はお買い得価格なので、たっぷりと甘酒を作って飲むことができます

このほか、3kg1000円という大袋もありました



さて、今回ここの板粕のことをブログに書いていいかと聞いたら

宣伝してくれるのならありがたいとリンゴ2個をタダでつけてくれました

皆さん、北の勝搾りたての粕は大熊商店で買いましょう!安いです


そうそう、明日は肝心の搾りたて発売日、根室の酒飲みが最も楽しみにしている日

そして、何本入手できるか最もやきもきする日です

自分は酒飲みではないので、この騒ぎを楽しく傍観させていただきます





スポンサーサイト

<< 北の勝搾りたてと木村拓哉 | ホーム | キレンジャク >>


コメント

No title

またまた羨ましいお話です。
根室では そのように安く買えるお店が有るのですね。
私は甘酒(要するに酒)が大好きで 冬は毎日飲んでいます。
50グラムの板粕を200mlの日本酒で割るのが絶妙ですね。
私も根室に住んでいたら、間違いなく 明日のイベント?に参加します。
もしかして明日私は・・・。

No title

甘酒は、お袋が作ってくれた、酒かすベースの物が美味かったです。麹で作ったのは甘いだけで、子供ながらあまり美味しいと思わなかったですね~
私の酒好きは物心付いた頃からかも。

No title

昭和25年創業でこの誠太郎さんが創業者ということは、
創業から60年、現在の誠太郎さんは写真よりもう少し老けてるんでしょうね。

No title

誰か北の勝の搾りたて分けてくれないかな1本で良いけど紹介してちょうだいな

No title

キンモクセイさん

そうですか、お酒をたしなまれるのですか
北の勝は搾りたてが入手困難な酒ですが、普段皆に愛飲されている大海や吟醸、大吟醸もあります。

No title

山親父さん

麹で作った甘酒を飲んだことがないんですよ。
この辺の人は、ほとんど酒粕で作るのではないでしょうか。

No title

焚火人さん

誠太郎さんはもう亡くなられているんですよ。
でも、大阪から来た嫁さんが頑張って商売しています。

No title

浜ちゃん

新パチに頼んでおけば良かったのに。
もしかして、仲悪い?

No title

そうなんですか。合掌

No title

誠太郎さん、亡くなってなお根室の街を
見守っているんですね。ポチ☆。
甘酒もいいけど、粕汁も温まりますね。

No title

仁山さん

粕汁食べたいのだけど、我が家では訳あって食べられないのです。

No title

こんにちは!大熊商店は根室ですか?
私は別海です。甘酒大好きで旅先で探したり知り合いの酒造屋さんで購入したりしていて 北の勝のも飲みたい!と思い記事をさがしてたどり着きました。。。
大熊商店・・・いいですね・・・

No title

まぜんだうさぎさん

大熊商店は根室市の宝町にあります。
北の勝の板粕は3月にも大熊商店に入荷するそうです。
電話は23-4312で、発送してくれるみたいですよ。

No title

ありがとうございます♪
近くのお店には価格のプレートだけあって何回行っても売り切れです(泣)大熊商店にお願いした方がいいかもですね^^ありがとうございました。

No title

まぜんだうさぎさん

大熊商店は、500gで180円ととても安く出しています。
これが3袋まとめると500円でさらに安くなります。
でも、このブログで紹介したら、すぐ売り切れたと言っておりましたので、先ずは電話してみることをオススメします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム