FC2ブログ

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

プロフィール

ふじさん♂

Author:ふじさん♂
ヤフーブログから引っ越してきた、根室の自然と歴史が好きなオヤジです。
不定期ですが根室の魅力を発信していきます。

ブロとも一覧

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

たまには芸術鑑賞を

根室には美術館は無いと思っている方も多いと思いますが

慟哭の森美術館という私設の展示施設が明治町にあります

しかし、今回はそこの話ではありません

何故かと言いますと、第二日曜しか開館していないので

未だ行ったことが無いのです

そのうち、ブロ友の大喜さんを誘って行こうと思っておりますが




さて、今回、ワシが行ったのは隣の釧路市にある北海道立釧路芸術館です




釧路川の畔にある洒落た建物です

中はこんな風になっています




企画展ばかりで、常設展示は無いようです

観覧料は企画によって異なるようです

現在開催中なのは




です

ピカソが入っているので釧路に行ったついで800円払って覗いてきました

ピカソは「青い背景の婦人像」と「剣を持つ男」の2枚でした

残念ながら、展示室内は撮影禁止なので皆さんにお伝えすることが出来ません



大変素晴らしいと思われる絵画が60点

しかし、芸術的素養の欠片の全く無いワシには良さが分からず

800円が僅か15分で終わってしまいました







スポンサーサイト



<< 毛ガニがやってきた | ホーム | さよなら消防庁舎 >>


コメント

No title

へぇ~ ピカソの作品もあるんですか!?

僕は廃屋の中をお金を貰って見るよりは
ピカソの作品にお金を払って見るの方が大好きです^^v

No title

実はピカンだった可能性はありませんか?

No title

芸術の秋ですね^^
慟哭の森美術館 って知りませんでした~。

No title

慟哭の森いつも見て涎を流しています
連れて行ってくださいな^^

No title

あらちんパパさん
本物のピカソは初めて見ました。眼福です。

焚火人さん
ちょっと暗かったから、横のタイトルに書いてあったのは確かピカ・・・

いずみさん
明治町にあるんです。
民家を改装した小さな美術館です。
帰省したときにワシと美術館でデートしましょう!

大喜さん
春になったら美術館でデートしましょう!

No title

ピカソの若いころのデッサンは、
実に写実的で、有名な目と鼻が
ズレちゃったような画風とは
全然違いますね。フシギ。

No title

仁山さん
若い頃は素直だったんでしょうね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム